※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名 服部 璃奈

■性別 男性

■所持武器 ちんこバット(形見)

■首級 服部 あJ

■エピソード 後述

■キャラクタータイプ シークレット

■攻撃力 0
■防御力 0
■体力 20
■精神 5
■FS 0
■FS名 未練

■特殊能力 「ニンポウ・OKA=RINA」 発動率100% 成功率100%

璃奈(りな)が「Over Kill Absorb」状態になるから「OKA=RINA」であり、
厳密には忍法でも何でもない。
(それを本人もわかっているので「ニンポウ」と名づけている。)

「Over Kill Absorb」という名の通り、
限られた範囲にいる死亡した肉体を更に痛めつける攻撃を
術者の肉体に吸収することができる。
能力を発動し続けるには術者はその場に止まり続けなければならず、
もし何らかの方法によって移動させられた時は術が解けてしまう。

効果:バステ「OKA」付加
(「OKA」を付加されたキャラクターが死亡した時、
HP0を超えて発生するダメージは能力者が代わりに受ける)

範囲:周囲2マス全員
時間:2ターン
制約1:永続行動不能
制約2:術者が発動マスから移動したらバステ解除

■キャラクター説明
服部分家で生まれた見習いくのいち。
魔人でありながら人間並の身体能力しかないため修行について行けず、いつまで経っても見習いから抜け出せなかった。
特殊能力も未だ発現していない…と思われていたのだが、使う機会がなかっただけで生まれながらに習得している。
唯一それを見抜いていたのが恋人の服部あJであり、彼はいつか彼女の能力が必要になる日が来ると信じていた。
つい先日まで女性だったが、服部あJの遺した「性転換・零式」を受けて男性へと生まれ変わった。
彼の遺志を継ぎ「A級魔人を殺した服部家の"忍者"」として『国家刺客試験』へと赴く。

■エピソード
璃奈の恋人・あJは服部家最強の忍者だった。
徒守一族との大戦では千の屍を積み上げ、地獄と化した羅漢学園へ潜入しては無傷で生還し、転校生と一対一で戦っては引き分け……そんなことを繰り返すうちに、いつしか彼は「A級魔人」と呼ばれるようになった。
ある日、あJは璃奈に「渡したい物がある。明日の朝会えないだろうか?」と言った。
次の日の朝。約束の場所にあったのは一通の手紙と、一振りのちんこバット、そして―「A級魔人」服部あJの首。
「あJに会える!」という喜びから一転し、目の前の死体を見た瞬間に襲って来たのは絶望以外の何ものでもなかった。
が、それを押し殺して璃奈が開いた手紙には次の事が書かれていた。
あJは大病を患っており、自分で首を刎ねずとも間もなく命を落としたであろうこと。
『国家刺客試験』なるものがあり、下手をすれば魔人同士の殺し合いが今以上に発展する契機となること。
A級魔人の首を持つ者だけが『国家刺客試験』への参加を許されること。
璃奈の能力があれば戦火の拡大を防げるかもしれないこと。
できれば自分の代わりに戦ってもらえないかということ。
だが、国家が「低級魔人」と認識している、つまり素性の割れた璃奈では『国家刺客試験』には参加できないこと。
手紙の結びにはこうあった。
「しかし、それを叶える方法がある。それは―」
刹那、璃奈はちんこバットを手に取り、あJの遺したカウンター能力「性転換・零式」を己の身に与えた。
その瞬間から彼女は「璃奈」ではなく「名もなき魔人」に、「低級魔人」ではなく「A級魔人を殺した魔人」に、そして「くのいち」ではなく「忍者」として生まれ変わったのである。

「行ってくるね、あJ」

墓と呼ぶにはあまりにも拙い墓に向かって彼女―いや、「彼」は一瞥し、歩き出す。

私もすぐそこに行くからね。という言葉を飲み込んで―