※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名 榎本麻美

■性別 女性

■所持武器 電波クワガタ

■首級 しらないおじさん

■エピソード 後述

■キャラクタータイプ ノーマル

■攻撃力 0
■防御力 0
■体力 4
■精神 6
■FS 20
■FS名 クワガタ使い

■特殊能力 『電波クワガタ』 発動率70% 成功率100%

範囲:周囲1マス
対象:範囲内全員
時間:1ターン
効果:バットステータス「痛覚共有」付与
付属:死亡非解除
制約:自分死亡
   所持武器が「殺虫剤」のキャラなら無条件で解除可能。

能力説明
周囲1マスの敵キャラ全員に「電波クワガタ」を寄生させる。「電波クワガタ」に寄生されたキャラクターは「痛覚共有」状態となる。
電波クワガタ:生物の体内に寄生し、宿主の痛覚を仲間のクワガタに送信、仲間のクワガタから送信された痛覚を宿主に伝えるクワガタ。
痛覚共有:このバステを受けたキャラクターは体力ダメージを共有することになる。

このバステにおけるダメージの定義は即死能力をうけた時は「うけたキャラの残り体力」、通常攻撃をうけた時は「攻撃したキャラの攻撃力-うけたキャラの防御力」、純ダメ能力をうけた時は「純ダメの値そのまま」になる。


■キャラクター説明
1がつ3か くもり
きょうはかぞくみんなではつもうでにいきました。
はつもうではでみせがいっぱいでてるのがたのしくてすきです。
おまいりにいくとちゅうにおとうさんにやきそばをわたあめをかってもらいました。わたあめはおいしかったけど、たべおわったらおくちのまわりがべたべたしてきもちわるかったです。
じんじゃについたらわたしはかみさまに「ことしもみんなげんきでいられますように」とおねがいしました。そのあとおみくじをひいたらだいきちだったのでわたしのおねがいはかなうんだとおもいました。やったー。

■エピソード
12がつ29にち はれ

きょうはしげはるおじちゃんといっしょにおつかいにいきました。おみせについたらしげはるおじちゃんはかれーるーとにんじんとじゃがいもとかをかいました。わたしはきょうはかれーなんだー、やったーとおもいました。おつかいのかえりにへんなおとこのひとがいきなりおそいかかってきました。わたしはおじちゃんがよわいのをしってるのでおじちゃんがしんじゃうとおもってとてもこわくなりました。
だけどおじちゃんがかっこいいぽーずをとって「でびるしざーず」と叫ぶといきなりにひきのくわがたがあらわれてそのおとこのひとをあっというまにたおしてしまいました。わたしはおじちゃんののうりょくはりざーばーじゃないとつかえないはずなのにどうしてつかえたんだろう、とすごくふしぎにおもいました。
どうしてだろうとかんがえながらおじちゃんのほうをみていたら、おじちゃんはわらいながら、「おじちゃんは、いまにーとなんだよ。しゃかいじんをすためんだとするとね。にーとはすためんになれなかったりざーばーなんだ。だからいまのおれはのうりょくがつかえるんだよ。」といいました。
よくわかんないけどにーとってすごいなぁ、とおもいました。わたしもおおきくなったらにーとになりたいとおもいました。
そのあとおじちゃんが「こいつはえーきゅうまじんだからこいつのくびをもってるとこっかしかくになれるよ。」といておとこのひとのくびをわたしにくれました。こっかしかくになったらおかしとかもらえるそうなのでわたしはとてもやったーとおもいました。
だけどそのあとかれーをたべたときのほうがもっとやったーとおもったのでわたしはかれーがいちばんだいすきだなーとおもいました。