※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名 杉能コノハ(ロンリー・グローリー)

■性別 女性

■所持武器 城戸高校の制服(7号)

■首級 大原アツシ

■エピソード
コノハの初恋の人。告白したら、勝手に死んだ。
その首を持って試験に参加したのはコノハの意思ではない。

■キャラクタータイプ シークレット

■攻撃力 4
■防御力 0
■体力 1
■精神 0
■FS 20
■FS名 加虐心をそそるしぐさ

■特殊能力 【ファイガゥズザゥンド・ヴィリギェルレンス】 発動率100% 成功率100%
○制約
1、人外のものには、効果がない。
2、敵に殺されないと発動しない。

○効果

オルガノン=カノンの憑依の能力に対して、それを蝕むウィルスと化す。
空気中に飛散するため、発動中死亡扱い。
転校生モードの使用に対し敵味方関係なくペナルティを課す。

※詳細

☆1 転校生モードを一番最後まで使用していたチームに対し、戦闘終了後にDP-10のペナルティ
を課す。しかし、この際DPは0より小さくはならない。

☆2 ゲームを通して、転校生モードでキャラに攻撃を加えた場合、DP-1、さらに攻撃を加えたキ
ャラが死んだ場合、その死は無効となり、どちらかが全滅する度に、殺される直前の状態で、殺された
キャラは復活する。

☆3 転校生モードのキャラは、勝敗の判定に含ませない。

<GKよる効果まとめ>
【能力の本質】
 ・『“オルガノン=カノンの分霊”を永久追尾する能力』である。
 ・よって、対象は単体扱い(両チームに各1体出現なので実質2体)。

【効果】
 <効果1>
 転校生を最後まで使っていた陣営は6ターン目終了後にDP-10

 注)GKの考える「転校生を使っていない」状態とは、
 ・陣営が残り1人になっていて、転校生に憑依されなくなっている
 ・ステータス異常解除や転校生システムの無効化などの能力を使用する
 ・転校生が憑依されたキャラが死亡(戦線離脱)する
 のみとなります。

 <効果2-A>
 どちらかが全滅した場合、転校生の通常攻撃回数分のDPがマイナスされる
 <効果2-B>
 どちらかが全滅した場合、それまでに転校生が殺したキャラが復活する

 <効果3>
 勝利条件判定時に転校生憑依キャラは頭数に含まない

 <状態異常付与時>
 転校生モードのキャラに永続でバステ“ウイルス”

 <公開タイミング>
 発動せずに死亡/オーヴァーキルされる/ゲーム続行不可能になったとき(効果発揮時)

■キャラクター説明
女子高生「杉能コノハ」はどこにでもいる、本が好きで、人との付き合いが苦手な少女だった。
彼女はある日、学校に転入してきた謎の転校生「大原アツシ」に恋をした。
そして、不慣れな美容院にどきどきしながらも通い、自分を変えようと、ぼさぼさな、今までオシャレなど気にもしていなかったロングヘアーを、ストレートのセミロングにかえた。
そして、彼女は自分の中にある勇気を総動員してアツシに告白したのだが、告白した瞬間、アツシの身体が脳天から縦にぱっくりと割れ、見たことも無い、不気味な形相の男が、コノハの前に現れ、彼女を見下ろした。
恐怖で、頭の中が真っ白になるコノハに、男は囁く。
「悪くない」
男は、コノハの頭を両腕でつかみ、頭蓋に指を食い込ませ、脳神経に介入する。
血で真っ赤に染まっていく視界の中で、コノハの意識は少しずつ揺らいでいく。
「今日から、おまえは私の傀儡、私はおまえの能力となる」

夢に違いない、そうに決まってる。コノハは脳内に響き渡る笑い声を拒絶するかのように、そうつぶやいた。

(アツシは宮部允の能力「ロンリー・グローリー」の傀儡と化しており、宮部允自身は、「人格を持った能力であるロンリー・グローリー」に元々備わっていた「融合と転身」の特殊能力のうち、融合の能力で、自ら、魔人「ロンリー・グローリー」と融合している。
 転身の力も、元々は宮部允自身が、身体を入れ替える能力であるが「ロンリー・グローリー」と融合しているためか「ロンリー・グローリーの人格」自体が宿主を変える能力に変容している。転身の条件は、その時点での宿主に対して、好意を寄せる者すべて。 転身された者は、ロンリーグローリーとは別に、他の能力者同様、固有の能力(しかし、ロンリー・グローリーに大きく干渉されたもの)を与えられ、その代償に、強制的にロンリー・グローリーの傀儡と化す。ロンリー・グローリーは、その者の精神に干渉し、時には本人の意思を無視して、身体を乗っ取る。ロンリー・グローリーはすでに、四度宿主を代えている。
 宿主が死んでもロンリー・グローリーは、宿主の記憶を頼りに、次の宿主を探す。もし、対象者がいない場合、蘇ることなく永久にさまよい続ける。
 今回の試験は、ロンリー・グローリーが、身体を乗っ取って参加したものであり、コノハにその意思はない。ロンリー。グローリーの目的は、同じ憑依系能力者であるオルガノン=カノンの抹殺であり、ロンリー・グローリーが、学園に潜伏した理由には、そのときの宿主であった大原アツシの固有能力を捨て、オルガノン=カノンに対して有利な能力を作るため。 さらに、大原アツシの首で2次試験を通
ろうとしたためでもある)