※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名 ランドルンドゥン

■性別 女性

■所持武器 呪剣ケリス

■首級 マンゴスチンの種

■エピソード
なにしろ「果物の女王」というくらいだから、そりゃもう物凄まじい戦いがあったに違いない。

■キャラクタータイプ ノーマル
■攻撃力 10
■防御力 0
■体力 5
■精神 5
■FS 10
■FS名 ガムラン

■特殊能力 「精霊たちの夜」 発動率80% 成功率100%

周囲2マス敵全員精神マイナス2。
使用毎に自分の攻撃力マイナス5。 ☆

精霊に剣舞を捧げ、大規模なマンゴスチン・パーティーを開く。
ジュースとか蜜漬けとかゼリーとか、もちろん生で頂いてもとても美味しい。
なので食べたひとは「うーまーいーぞー(略)」と漏れなく感動してしまう。
味方は既に振舞われたことがあるので、そこまでのことにはならない。

■キャラクター説明
本名は「苺沢とよの」、もともとの彫の深い顔立ちと日焼けとが相俟って判りにくくなってはいるが、ばりばりの日本人である。

国家刺客試験へ臨まんがため、その前哨戦とばかり意気揚々とインドネシアはングラライさん経営の農場へと乗り込みはしたものの、その身の程知らずな挑戦の代償は大きかった。

三日三晩の死闘の末、逆に彼女の意識はマンゴスチンに乗っ取られてしまったのである。

自由に動ける肉体を得た今、ランドルンドゥン=マンゴスチンの目的は、最愛の果実王ドリアンとの再会を果たすこと。

彼女にとっては、この国家刺客試験さえもそのための通過点にしかすぎない。