※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名 黒凪朱里

■性別 女性

■所持武器 数珠

■首級 名称不明

■エピソード
稼業の葬儀屋を継ぎたくない黒凪朱里は国家刺客試験が就職に有利になるのではないかと考えていた。
しかし自分の実力ではA級魔人の首を取ることなどできないし、死にたくもなかった。
諦めて稼業を継ごう、そうしよう。
そう思っていたある日黒凪葬祭にとある魔人の葬儀が依頼された。
その魔人は生前希望崎学園の生徒会長であったらしい事を黒凪は知る。
「あれ?この首もってけばいいんじゃね?」
その夜、黒凪は魔人の遺体が安置してある部屋にノコギリを持って忍び込んだ。

■キャラクタータイプ ノーマル

■攻撃力 0
■防御力 0
■体力 6
■精神 4
■FS 20
■FS名 葬儀

■特殊能力 「中二葬」 発動率80% 成功率100%

故人の宗教や生死観、しきたりなどを全く無視した恐るべき葬技。
能力発動中、範囲内で魔人(敵味方問わず)が死ぬとそのマスに効果範囲内の全員(敵味方問わず)を集めてお葬式を開く(黒凪朱里もそのマスに移動する)
お葬式ではお経の代わりに故人の固有結界帳(いわゆる黒歴史ノート)を読み上げる。
葬儀終了後黒凪朱里は後片づけをして家に帰る。

範囲:周囲1マス
時間:1ターン
制約:戦線離脱

■キャラクター説明
葬儀屋「黒凪葬祭」の娘にして固有結界帳ハンター。
勇者の如く人の家に堂々と上がり込み机の引き出しをあさるのが得意。
彼女の能力より固有結界帳読み上げのほうが恐ろしいとされている。