※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名:ハット=リー
■キャラの性別:男
■国籍:中国
■学年:1年生
■所持武器:青龍刀
■攻撃力:18■防御力:0■体力:3■精神力:4■FS(フリースキル):5
■FS名::功夫
■特殊能力名:断空黄河剣

黄河の端から端まで一気に駆け抜ける長距離の斬撃…になればいいなーという願いから名付けられた、未だ発展途上にある必殺剣。

遠くへ飛ぶ斬撃に威力を持たせるには「力」そのものを飛ばさなくならない。そのため、力が一時的に(だいたい1日くらい)低下する。
幼いせいか精神が未熟であり、どんなに強い相手でも女性には技を使うのをためらってしまう。

効果:遠距離通常攻撃:50
範囲対象::周囲2マス1体:2倍

制約1:攻撃力-4:+20
制約2:男にのみ有効:0.75

国籍ボーナス 名前とか1、能力2、キャラ説1:4
1ターン目使用不可(GK調整)

計算式
{100-(50×2.0×0.75)+20}×1.5+4=71.5≒72%

発動率72% 成功率100%

■キャラクター説明
拳と剣を使いこなして戦うバトルマスターの卵。
はるか昔から続く拳法家の息子として生まれ、順当にいけば門下一番の使い手になると誰もが予想していたが、ある日偶然出会った魔人剣術家への強烈な憧れから剣の道を志すことを決める。
絶縁覚悟で父に「剣に生きる」ことを伝えると、返ってきたのは「武術家として高みを目指すならよい」という意外な答えであり、反発されることはなかった。このことがあってからは父親を前以上に尊敬するようになり、いつかは大きな恩返しをしたいと思っている。

剣を振るうようになってからも毎日拳法の鍛錬を積んでおり、今の時点では剣よりも拳で戦った方が強い。本人は「両方とも極める」こと、それと「剣と拳を同時に使いながら闘う武術を編み出す」ことを目指しているため、一日でも早く剣術を完成させようと必死になっている。

正面から戦っても強いが、暗殺などの隠密行動も得意としている。
父曰く「とても近しい親族に忍者の家系がいるから」というのが理由らしい。
その忍者一家と出会うために、また、新たなる強敵(とも)を見つけるために日本への留学を決めた。