※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

英国内のペットとの旅行について


イギリスではペット連れの旅行者が多いように思えるが、意外にもペット同伴可のホテル、レストラン、その他の施設(観光地含む)は少ない。
デパートやレストラン、パブ(外テーブルはOK)、ストーンヘンジ等の観光地、美術館、博物館、アウトレットモールなど、全てと行っていいほどペットは不可。(盲導犬、聴導犬は除く)
ナショナルトラスト所有の公園は、ペット同伴OK。ただし一部立ち入り不可場所が有る。
Keddleston Hallなどの歴史的建造物内は不可。

そのため、車内に犬を残したまま観光・買物をする人が多く、夏には多くのペットが脱水症状/熱中症で車内で死亡する事例が後を絶たない。
「犬を車内に置いていかないで!」という表示を観光地やガーデンセンター等で見かける。
以前、夏の炎天下の車内に残された犬をペットケア(?)の人が見つけてカンカンに怒っていたのを見かけた。下手をするとペットケアセンターかその手の動物保護団体に通報されるとの話を聞いた。

ロンドンの地下鉄や、長距離電車(Derby-London間等)はペットが普通に乗っている。

他のヨーロッパの国の方が旅行はしやすいかもしれない。
パリでは、デパート、カフェなど、店内で普通に犬が歩いていた。




2007年04月10日



  

最近の追加

取得中です。