※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

case-5

MOB固定で直線が長い場合

case-5ではいわゆる直線状に固定でPOP点が確認できる場合のヘイトダウンの有効性について検証してみましょう。

いままで良く言われていた4ブロック離すとヘイトダウンが有効になる・・・・・
果たしてそうなのかを検証してみました。
左に2体のブルーナイトがいるケースです。
POP点から近いところから1ブロックずつヘイトダウンを行っていきます。
1ブロック目・・・X
2ブロック目・・・X
3ブロック目・・・X
4ブロック目・・・X
5ブロック目・・・X
6ブロック目・・・X
どうやら、今回の7Fでの同一直線状でのヘイトダウンに関しては有効性が見られませんでした。
もちろんギルの表示してあるブロックでは有効でした。
このケースでのポイントはPOP点と同一直線状ではヘイトダウンは行わない。コーナーを利用しよう。
ということです。