※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エニグマの出し方

奥の部屋(図でAの範囲)にデスブリンガーが3体いる状態にする

コンプリートメタモアフォゼスの止めを銀マトックで刺す。

(オーブ付き発動時不可、DOTによるとどめも不可)
注意)ボス階
HP75%,50%,25%でそれぞれ、75%時(ダークブリンガー1、デスブリンガー2)、50%時(ダークブリンガー2、デスブリンガー1)、25%時(ダークブリンガー1、デスブリンガー2)を召還してくる。
デスブリンガーは耐物理攻撃でデスタッチと言う近接即死スキルを放つ、
HP的には600前後なのでサラならFB3で1発、エンならばスパーク、ないしIB3を2発必要となる。
出来る限り、速やかにデスブリンガーの処理をすることが鍵となる。
発生位置は決まっているので、ボスHPを見ながら移動し速やかに倒すことが望まれる。



下記はボスHP(※ここで言うボスは最終形態を指す)別のブリンガー発生の位置およびドルイド系、メイジ系の位置取りを示している。
HP75%、25%時の配置

2匹のデスブリンガーと、1匹のダークブリンガーの組み合わせとなり最もPT崩壊の可能性が高い条件となります。
ヒーラーの位置取りはもっともデス発生地点から離れた場所で、且つ、タゲ持ちにヒールが届く場所で位置取りをする。
(よく傍でヒールをしているのを見かけるが、すぐにヒールヘイトでタゲられてデスタッチで即死と言うのをよく見かける。
ブリンガー自体は足は遅いので、距離があればタゲられてもメイジの魔法で処理が可能。
また、メイジも①のデスから処理をすれば、さらにヒーラーにタゲが行く可能性も減少する。
ただし、ヒーラーはFB3,IB3、スパークの詠唱時間(5秒)の間は逃げていただきたい

HP50%時の配置
基本上記とおなじだがデスブリンガーが1匹しか発生しないので条件的には楽勝である。ここでもヒーラーの位置はデスからもっとも離れた位置をとりヒールに専念する。


タゲ取りを含むアタッカーの動きについて

経験上での話をしますと
ブリンガー発生HPを確認しつつ発生する瞬間に現在の位置情報を変化(動く)させると、即死は免れる可能性が高いです。
(すぐにデスブリンガーのタゲがこない)
どの階でも言えることですが、前衛(特にタゲ持ち)が崩れると総崩れになるので注意が必要です。




名前:
コメント:

各階へジャンプ