※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

701 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 05:59:44 ID:D4JHUCimO
>>664
チャイコフスキーさんですね

702 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 06:51:13 ID:tKluJd6aO
~エクスデス先生のカメカメクッキング~

先生「ファファファ」
スコール「…今日は何を作るんだ」
先生「今日はスカルミリョーネのムニエル、ライフストリーム風だ」
スコール「(何だそのクラウド病になりそうな料理は)ここに先程スカルミリョーネだった物がある」
先生「無常だな」
スコール「(アンタが言うな)」
先生「そしてこれを三枚におろす。そしてここにムニエルにしたものを用意してある」
スコール「(尺の都合か、仕方ない)」
先生「では試食してもらおうか」

ゴル兄「私の記憶が正しければ、これは私の元部下だった気が」
先生「無常だな」
スコール「(アンタが言うな)」

703 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 08:56:32 ID:CdfS+cftO
>>699
>タンタラスの舞台
なんちゃって魔法じゃねーかww

704 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 09:22:02 ID:jrF9IBeQ0
>>702
鉄w人www

705 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 10:00:00 ID:CdfS+cftO
この前下半身の下着を露出してる男性(多分十代後半~二十代前半)に注意をしたら、
「君は美しくないね」みたいな反応をされたので、思わず

「ホモなの? カオストップクラスのホモなの?
全国どのホモでも「クリスタルはどこですか?」って聞いたら
貴女の家を教えてくれるほどホモなの?
道を歩いてたら「ファファファ」って音がして「風流だな」って思ったら。
貴方の浮いている時の擬音でウボアーするの?
医者に行って「風邪気味で」って何度言っても股間に聴診器あてられるほどのホモなの? 」

706 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 10:49:24 ID:tKluJd6aO
「う~約束の地約束の地」
今約束の地を求めて全力疾走している私は一般的なソルジャー。
強いて違うところをあげるとすればかつては英雄と呼ばれてたってとこかナ――名前はセフィロス。そんなわけで近所にある約束の地にやって来たのだ。
ふと見ると約束の地に一人の若本男が居座っていた。ウホッ!いい混沌…
そう思っていると突然その男は私の見ている目の前で召喚石を使ったのだ…!
ジジー…
「やらないか」
そういえばこの約束の地は混沌の果ての近くにあることで有名なところだった。混沌と言う言葉に弱い私は誘われるままホイホイとバトルマップについて行っちゃったのだ♪
彼――ちょっとワルっぽい神でカオスと名乗った。バトルもやりなれてるらしくバトルマップにはいるなり私はブレイブを0にされてしまった。
「よかったのかホイホイついてきて。我はイカだってかまわないで食っちまう人間なんだぜ」
「こんなこと初めてだけどいいんだ…私は…カオスみたいな人好きだから…」
「うれしいこと言ってくれるじゃないの。それじゃあとことんよろこばせてやるからな」
言葉どおりに彼は素晴らしいテクニシャンだった。私はというとHPに与えられるダメージの波に身を震わせて悶えていた。しかしその時予期せぬ出来事が…
「うっ…!で、出そう…」
「ん?もうかい?意外に早いんだな」
「ち、ちがう…実はさっきから反撃がしたかったんだ。ガードしてたのもそのためで…くうっ」
「そうか…いいこと思いついた。お前俺に黒マテリアしろ」
「えーっ!?棒立ちですかァ?」
「男は度胸!何でもためしてみるのさ。きっと一撃必殺だぜ。ほら、遠慮しないでやってみろよ」
彼はそういうと素肌にまとったオーラを脱ぎ捨て仁王立ちになった。無防備な体に黒マテリアをさせるなんてなんて神なんだろう…。しかし彼の堅くひきしまった肉体を見ているうちにそんなやり込みじみたことを試してみたい欲望が……
「それじゃ…やります…」
クン…ズ!ズズ!ニュグ!
「た…溜めました…」
「ああ…つぎはメテオだ」
「それじゃ出します…」
「いいぞ、HPがどんどん削れるのがわかるよ。しっかりEXPをEXフォースに変えとかないとな」
「くうっ!気持ちいい…!」

707 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 10:54:51 ID:tKluJd6aO
この初めての体験は対人戦では知ることのなかった絶頂感を私にもたらした。
あまりに激しい快感にメテオを出しきると同時に僕のブレイブはあっけなく0になってしまった。
「ああ――っ!!」
「このぶんだとそうとう超反応に苦労してたみたいだな。EXゲージがパンパンだぜ、はっはっ。どうしたい」
「あんまり気持ちよくて…こんなに命中の初めてだ…はあ…」
「だろうな我も初めてよ。ところで我の召喚石を見てくれ、こいつをどう思う?」
「すごく…神竜だ…」
「神竜なのはいいからさ、このままじゃおさまりがつかないんだよな」
「あっ…」
ドウッ
「こんどは我の番だろ?」
「ああっ!!」
「いいぞ…ブレイブブレイクしてバトルライズしやがる…!」
「出…出る…」
「なんだァ?今出したばかりなのにまた出すってのか?アクセサリ大量なんだな」
「ちっちがう…!!」
「なにイ?こんどは装備ィ?お前我を使用キャラと間違えてんじゃねえのか!?」
「しーましェーン!!」
「しょうがねえなあ。いいよいいよ、我が使えるようにしといてやるからこのまま出しちまえ。究極の幻想をやりまくるのもいいかもしれないしな!」
「え―――っ!?」
――と、こんなわけで私の初めての対カオス戦は微妙な結果に終わったのだった…

708 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 11:00:50 ID:F11Gha4sO
>>706
カオス「そんなことより、私のEX技(?)を見てくれ。こいつをどう思う?」

烏賊男「凄く・・・大きいです・・・」

709 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 11:21:56 ID:aQZk0VxCO
何この流れ
超キモいな

710 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 12:09:08 ID:CdfS+cftO
>>707
ライズしたのに負けてんじゃねえかw

711 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 12:31:33 ID:WZpTKVipO
>>709
くそみそ知らんのか

712 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 12:35:44 ID:7eAOAhZh0
クソミソネタを嬉々として貼り付けるのはどうかと

713 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 12:46:28 ID:BAykI+wLO
きめえ

714 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 12:47:24 ID:Kv35GGSF0
こういう時は黙って別のネタをよろしく

715 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 12:49:59 ID:XXRjQPQo0
>>672のネタってあまり知られてないのかな

716 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 13:13:53 ID:/tom6qpCO
コピペ改変は正直つまらん
たまにパッと出るから面白い

717 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 13:17:15 ID:mR67/vrJO
>>716
つまらんのか面白いのかはっきりしろ
約束の地へすんぞ

718 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 13:27:48 ID:/tom6qpCO
面白いです(^^)

719 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 14:07:40 ID:CdfS+cftO
>>672
それほどでもない

>>716
キャラ崩壊の喋りネタも人によって滅茶苦茶痛く見える
まあネタの面白さなんて「~ネタはつまらん」じゃなくて
作る人のセンスだろ

720 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 14:09:52 ID:CdfS+cftO
安価訂正
>>672→>>715

721 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 14:33:19 ID:qMU7Cw0+O
人のネタに文句を言う前に、自分で投下しよう。

722 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 14:39:06 ID:BMq9KaFT0
クラウド「女装すると迷いが消える気がする
ティナ、服を交換してくれ。もちろんアナザーと!」
ティナ 「ということは、私がクラウドの服着ればいいのね」
バッツ 「面白そうだな。俺も女装を物真似だ!」

オニオン「わあ、ティナ意外と似合う~!…サイズが大きくてちょっとダブダブだけど」
バッツ 「俺達はサイズがピッタリだな」
クラウド「ああ、胸辺りが俺の胸筋とピッタリだ」

ジタン 「(聞いたかフリオ)」
フリオ 「(ああ、テイナの胸のサイズがクラウドと同じなんだろう?)」
ジタン 「(クラウドの胸筋を図れば、ティナのバストサイズが明らかになるぞ。
ちょっと調べてくんないか?)」
フリオ 「(分かった。行ってくる!)」

フリオ 「クラウド、君の胸を触らせてくれ」
クラウド「別に構わないが(…この服、意外と心地良いな)」

むにゅむにゅ

スコール「(…何だこの場面?)」

723 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 14:43:47 ID:pGCQjjdXO
X-2のユウナの参戦はまだですか?

724 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 14:45:21 ID:NDJn58o/0
つまらんのなら黙ってスルーすればいいのに、
当てつけがましくつまらんだのキモいだのと文句付けてくる奴が居るからスレ全体が冷めて来ちまうんだろうが
厨房1匹の下らん文句など、どんなつまらんネタ以上につまらんわ

725 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 14:50:10 ID:dIyH0hPUO
>>722
すっかりツッコミがスコールひとりになったなぁ…大変そうだ
いや面白いから良いんだけどさw

726 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 15:07:56 ID:bwOdzn/60
まあ、ここは皆でネタ見て楽しむ場所なわけだし喧嘩腰はやめようぜ。ただくそみそとかは嫌う人多そうだから避けた方がいいかもな。
>>722
想像して吹いたw

727 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 15:10:02 ID:9Y7CL3x40
フリオ「なあ、召還獣っていったい何なんだ?」
セシル「幻獣の事じゃない?」


???「グ……パァー!」
???「クカカカカカ。」
???「ほっほっほほほ……。」
???「さあ、回復してやろう!」


セシル「……訂正する。モンスターの事だ。」
フリオ「なるほど。」
WOL「まあ、確かにモンスターだな。」
バッツ「森の中とかに普通に居たからな。」

スコール「(おまえら本当にそれでいいのか?)」

728 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 15:35:29 ID:f5HELE2QO
???「貴様反乱軍だな」

729 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 16:06:16 ID:Sc8OBsyy0
>>727
???「ふっ、見つけてくれなかったらどうしようかと思ったぜ!」

730 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 16:23:10 ID:aQZk0VxCO
>>724
わかったすみません
>>728
アルティマニアαのFF検定やったらそれだった…
10年前に5と7やって以来だったからなぁ…

731 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 16:40:44 ID:c2ZTV8aSO
ティーダ「ウボァー、ってなんなんすか?」
皇帝「貴様……こちらが黙っていればいい気になりおって……」
ティーダ「お、怒るなって!」
皇帝「黙れ!貴様のその発音や態度、安易に使う心構えが気にくわん!」
ティーダ「え……」
皇帝「いいか、この言葉は私が最後まで最高の悪役らしく在るためにプレイヤーが辿りつくまでの長い間ずっ……と考えぬいて生み出した断末魔なのだ!
私はこの言葉を使う瞬間を今か今かと待っていた、そしていざ私がやられてみたらどうだ、プレイヤーが皆『ウボァー(苦笑)』みたいな反応をするではないか!
以来この数十年間、私は屈辱を強いられてきた……FF屈指の名悪役の断末魔がウボァー(笑)、と……。しかし私は後悔など微塵もしていない!
私は最後の最後まで一回も手を抜かずに最高の悪役で在り続けた!その孤高の気持ちだけは誰にも笑わせはせん!」

俺はふと、自分の頬に一筋の光が流れたことに気付いた。
俺は自分の行いを恥じ、彼の悪役に対する姿勢に敬意を示したのだった……


皇帝「逃げ惑え……」
ティーダ「うわぁぁぁ!」
Winner 皇帝
皇帝「き、貴様が負けてどうする!こののろまが!」
ティーダ(やっぱりアンタが言いたいだけじゃないッスか……!)

732 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 16:41:50 ID:/tom6qpCO
何かにつけて厨房って単語出す奴は大抵自分も厨房かもしくは工房だから気にすんなよ
ソースは俺

733 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 16:59:17 ID:mY88TuPZ0
>>731
あ!珍しく皇帝が普通に勝ったw

734 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 17:00:13 ID:9W2qCCBUO
>>731
皇帝………(;ω;`)カワイイヨ

735 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 17:30:01 ID:l52A7AP+0
言ってることはアホなのに無駄に格好良いよ皇帝w

736 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 17:38:05 ID:aQZk0VxCO
>>731
さすが皇帝、自分の立場を自負していなさる
だが皇帝ならもっと『メギャン!』とか『シャキーン!』とか『あぱぁぁっー!』とかも………


737 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 18:09:27 ID:CdfS+cftO
俺はのばらの咲く世界というコピーに引かれ
そんな世界をつくるためにはどうすればよいのか考えた
手始めに全裸でジタンの部屋にウボアー、ウボアーとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けピンクのしっぽを腰に巻きパンツを頭にかぶる
ジタンが呆然としながら見てくるがのばらの咲く世界なので気にしない
ジタンのベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫
ジタンは無言で部屋から立ち去る
だがまだのばらには不十分
次はティナの部屋にいいですとも!と叫びながら飛び込む
妹は着がえをしている最中だったが童貞なので無視
半裸でごくり・・・をしながら
「俺にフラッドしろ!!俺にフラッドしろ!!」と絶叫
ティナは大泣きで退散確実にのばらの世界に近づく
後転回避で約束の地に飛び込み獄門を外しデジョンする
クジャの服装をしながらセシルの部屋に突撃
タンスを開けると一枚の写真発見
セシルが女を抱いている写真発見
俺は泣いた

738 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 19:14:50 ID:5wvF2jL6O
誰が撮ったんだ

739 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 19:17:29 ID:VeK3zYLUO
ミシア「おやおや、何を悩んでいるのですか?」
雲「…この触手に名前を付けようとしているのだが、なかなかいいのが思い付かんのだ」
ミシア「なら名前の候補を少し…」
雲「右のはペイジ、ボーンナム、トンヌラ、ゲレゲレ、ユキマロ云々…(以下延々と名前候補)」
ミシア(ひ、ひどい名前だ…)
雲「…メーテルも捨てがたいのだ。どれがいいかのミッシー?」
ミシア「さあ…?お好きなようにすれば…」
雲「それもそうか。なら次いで左なのだが…テツヤ…ヒロノブ…ノビヨ……いやここはヨシタカもいい…」
ミシア(ついて行けない…)

740 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 19:27:28 ID:9CKO4GX80
>>739
スコール「ゴーマニ、ドロマニはどうだ」

741 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 19:28:12 ID:mR67/vrJO
アタシ
コスモス
歳?
不明
てか
神だから歳取らないし
彼氏?
まぁ
当たり前に
いる
てか
いない訳ないじゃん
みたいな
彼氏は
混沌
てか
アタシが付き合って
あげてる
みたいな
付き合って5ヶ月
彼氏の名前
カオス
歳?
わかるわけないじゃん
みたいな
顔?
まぁ混沌
人より色々カオスかな?
性格?
まぁ混沌
アタシが
変な男と
付き合う訳ないし
みたいな

742 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 19:32:01 ID:XXRjQPQo0
スコール 「壁にで(以下略 」

743 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 19:40:03 ID:CdfS+cftO
>>709
>顔?
>まぁ混沌

腹筋が物故割れた

744 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 19:50:04 ID:03IP+ZBu0
>>702
すげーww 本物だよおいwww

745 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 20:36:25 ID:Sc8OBsyy0
バッツ「なぁ、スコール・・・ちょっと相談に乗ってくれよ・・・」
スコール「(何で俺が・・・)壁にでも(ryいいから話だけでもさぁ・・・他の奴には相談し難いんだよ・・・特にセシルにはさ・・・」
スコール「・・・で、何だ・・・?」
バッツ「実は・・・俺・・・


    エクスデスとゴルベーザの見分けが付かないんだ」
スコール「色が違うだろうが!」
セシル「兄さんの悪口が聞こえたような気がするんだけど・・・」
スコール「・・・!(どこから湧いて出た・・・?)

746 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 21:50:20 ID:uh9OiZSiO
童貞VSティナのエンカウント
「ゴクッ 手加減はしない」
さすがですwww

747 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/11(日) 22:44:09 ID:C9khaHDD0
のばらの咲く世界って…
園芸してるフリオニールを想像してしまったw

748 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/12(月) 00:26:12 ID:ravEDVMgO
バッツ「いつも疑問に思ってたけど、約束の地って何なんだ?」
ジタン「疑問に思ったらまず行動!そいつを探しに行こうぜ!」
暗ウド「…分かった」

バッツ「さて、どこにあるかなぁ」
ジタン「おい!あれ見ろよ!」
暗ウド「ビニール紐?」
バッツ「これだ!きっとこれが約束の地なんだ!」
先生「ファファファ、それは違うぞ若僧共。約束の地とは己の心に在るものだ」
ジタン「それ言ったら話終わるだろうがぁ!」
先生「ぐわー」
バッツ「でもこの紐って約束の『地』って感じじゃないよな?」
暗ウド「…任せろ(シュルシュル)」
ジタン「なるほど、その紐で仕切った範囲が約束の地なのか!」
バッツ「よし!みんなで約束の地に突撃だ!」

バッツ「……」
ジタン「……」
暗ウド「……」
バッツ「なんか…普通だな」
ジタン「味気ねぇな…本当にここが約束の地なのか?」
???「約束の地へ…」
暗ウド「!?お前らそこから逃げろ!」
田代ス「さすがだなクラウド、私の攻撃を見切るとは」
バッツ「おい…セフィロスがあの技で来たという事は…?」
ジタン「ここが本当の約束の地!?」
田代ス「フン、約束の地というのは目に見える物ではない。各々の心に在るような物だ」
バッツ「……」
ジタン「……」
暗ウド「……ハァ」

749 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/12(月) 00:42:54 ID:l5mbzwCuO
WoL WIN
WoL「力だけが正義では無い!」
ゴル「…では力無き私は…悪だというのか?」
WoL「いや、そういう訳では無いが…」
セシル「兄さんを馬鹿にするな!」
ゴル「セシル…お前…」
セシル「確かに魔道士タイプのくせにデカすぎるのがコンプレックスだったりはするけれど!」
ゴル「orz」
WoL「…LV差があっても何とかできる!なあポット!」
ポット?「エーテルちょうだい!」
ティナ「!?それって…!」
WoL「生憎使ってしまってしまっt」
???「ケチ!」ドゴドゴドゴ
WoL「ぐあぁぁぁ!」
ゴル「おおぉぉう!」
ティナ「あああああ!」
ゴル「力が……正…義」ガクッ

750 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/12(月) 00:47:36 ID:cijcVxqW0
アンラックズかよw