Glossary S


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Science Hero/サイエンス・ヒーロー

「サイエンス・ヒーロー」は、アメリカン・ベスト・コミックスのために特に彼の仕事でアラン・ムーアによって造り出された用語である。
それは伝統的に、「スーパーヒーロー」と同じ意味で使われるが、それは特にSFに起源をもつものを意味する。それはまた、特定の魔法に基づくヒーローに使用されるが、ABCユニバースだけの中で使用される。

Secret Identity/シークレット・アイデンティティ

スーパーヒーローは、自分たち、彼らの友人、および彼らの親類を保護するためにしばしば英雄になるとき、(しばしば別名を採用するスーパーヴィランズのような)秘密のアイデンティティをがある方を選ぶ。
敵が彼らの現実のアイデンティティを見つけた結果は恐ろしい場合があり、しばしばヒーローの分身の破壊そして/またはヒーローの愛するものを餌としてヴィランが利用するに至った。

Sentient/センティエント

人間のレベルの近く、またはそれを上回った知性を持つこと。知性の定義はあいまいだが、しばしば自己認識、問題解決、および道具の使用を含む。

Seven Deadly Sins/セブン・デッドリー・シンズ

セブン・シンズ(ラスト(色情)、グラトニー(大食)、グリード(強欲)、スロス(怠惰)、ラース(激怒)、エンヴィー(妬み)とプライド(高慢))は、彼らが名づけられた特定の罪の具体化である。彼らはロック・オブ・エターニティで虜にされ、そこでキャプテン・マーべルによって世話をされた。そしてマーべルは彼らの声によってイライラさせられた。

Shalakites/シャラキッテス

シャラキッテスは、シャラコ(プレカタクリズムのアトランティスからトリトニスの都市を回復したミスティック)の支持者に起因している名前である。
シャラキッテスは彼が彼の兄弟オリンと運命をともにするために彼らを呪った日までシャラコに忠実だった。

Shnootzy/シヌーツィ

シヌーツィは、非公式にオリジナルのドゥーム・パトロールのデータバンク・システムに起因している名前である。
Dr.ナイルズ=コールダーは、すべての記録された人間の知識を含んでいる情報を圧縮した電子頭脳を発明した。
ロボットマンはデータバンクを「シヌーツィ」と命名した。

Sidekick/サイドキック

サイドキック(相棒)は、側で働いていたか、または、より経験豊富な師の下で弟子になったどんなキャラクタとも定義される。
この規則に対する唯一の例外はパット=デューガンである。ヒーローのストライプとして知られているデューガンは、かつて、オリジナルのスタースパングルド・キッド(彼より数年若い人物)のサイドキックだった。
その後再び、彼はコートニー=ウィットモア、ヒーローのスターガールとして知られている彼より何年も年下のキャラクターのサイドキックになった。

Sightings/サイティングス

DC Nation #110で最初に言及されて、サイティングス・バナーは2008年の間ずっと『特別な』発行物で見かけられた。そして、DCユニバースを通して重要なストーリービーツと瞬間を合図する。

Silver Age/シルバー・エイジ

シルバー・エイジは、特定の期間の漫画雑誌出版歴史に適用される非公式の用語である。
ゴールド・エイジの後で、DCのシルバー・エイジは主にShowcase #4における二代目フラッシュの導入から始めると主に認識される。
しかしながら、一般的に実際にフラッシュより先行するシルバー・エイジに関連している他のいくつかのキャラクタがある。
サイエン・スフィクション冒険家キャプテン・コメットは1951年にStrange Adventuresのページでデビューした。そして、マーシャン・マンハンターは1955年(Flashのまる1年前の)のDetective Comicsの#225で彼の初登場をした。
マーシャン・マンハンターは専門的にシルバー・エイジの時代に出版の最初のスーパーヒーローだが、一般にコミックス歴史家はその名誉をフラッシュに与える。
DCコミックスファンは、一般的にシルバー・エイジが1985~86年のクロスオーバー・マキシシリーズ(クライシス・オン・インフィニット・アースズ)で終わったことを位置づけている。
クライシスは時代の終わりだけをもたらしたわけではなく、大部分の彼らの主要なプロジェクトの内部の歴史の単宇宙として再起動した。
アース1のコンティニュイティから出た多くのキャラクタとイベントはシルバー・エイジの一部であると言われている。

Sloth/スロウス

スロウス(怠惰)はセブン・デッドリー・エネミーズ・オブ・マンの1つを意味する。ロック・オブ・エターニティの中でスロウスの人間の特性を具体化する像は見つけることができる。

Snapdragon/スナップドラゴン

これは、かつてレックス=ルーサーによって使用されたインターネットのチャットルームのハンドル名だった。

Soul/ソウル

魂は、特定の生きている存在に独特の自己認識している本質である。
魂は、脳または生物学的有機体の他のどの具体的な自然の部分よりもむしろ知恵の本当の基礎かそれぞれの生物の内部の本質を組み込むと考えられる。

Soul Self/ソウル・セルフ

これは、レイヴンのスピリットについて説明するのに一般的に使用される用語である。
普通の人と異なって、レイヴンは限られた期間にエネルギーの黒いフォームとして彼女の身体から彼女のソウル・セルフを映し出すことができる。
このエネルギー・フォームは、レイヴン自身の形を取って、また、インターディメンショナル・スペースのポケットとして機能できる。
クライシスの時代に、レイヴンは彼女のソウル・セルフを映し出して、人々のグループをおおって別の場所へ彼らを瞬間移動させることができた。

Space Trek 2022/スペース・トレック2022

ガーフィールド=ローガン主演のサイエンス・フィクションの連続テレビ番組の名前である。
それは本当の世界の番組のスタートレック、およびスペース:1999の合わせたものである。

Spirit of Vengeance/スピリット・オブ・ヴェンジェンス

スピリット・オブ・ヴェンジェンスは必要なとき、厳しい懲罰によって宇宙中至る所で秩序を維持するようになっている宇宙実体である。
スピリットが人間のホストに密接に結びつくとき、イクリプソという名前を取る。

Spy/スパイ

スパイは、情報の所有者の許可なしで秘密であるか、または秘密であると考えられている情報を集めるよう個人そして/または政府機関によって訓練された兵卒である。
スパイの動作はエスピオナージと呼ばれる。
情報が権限のない者の手にあるのがいったん知られていると、情報の正統の所有者が計画を変えるか、または他の対策を取るのでスパイ活動は本来秘密である。

Starbolts/スターボルツ

スターボルツはタマランの王女、コリアンダー(ニュー・アース)とコマンダーだけ(ニュー・アース)が持っている能力である。
彼女達が異星人サイオンズの太陽エネルギー吸収実験の実験体にされたことにより、体内に保存されたエネルギーを太陽自体と同じくらい熱いエネルギー・ブラストとして放てる。
コマンダーの方が長時間実験にさらされたため、ブラストは強力である。

Super-Hero/スーパーヒーロー

超人的なパワーを所有しているかどうかにかかわらずコスチュームを着たクライム・ファイターすべてについて言及したデイリー・プラネットなどのタブロイド紙によって平易にされた総称。
用語は大衆によって使用されるが、めったにクライム・ファイター自身によっては使われない。

Super-Villain/スーパーヴィラン

超人的なパワーを所有しているかどうかにかかわらずコスチュームを着た犯罪者にすべてについて言及したデイリー・プラネットなどのタブロイド紙によって平易にされた総称。
用語は大衆によって使用されるが、めったに犯罪者または彼らの敵によっては使われない。

Supernatural/スーパーナチュラル

臨床科学的プロセスに計測されおよび/または定量化され説明できない形而上学の現象、またはそれらに関連するもの。
超自然現象の要素は、時折地球で人々と交流する存在のアルタネート・プレーンから、しばしば構成する。
超自然現象の研究はオカルトと呼ばれて、いろいろな文化の信仰教義に関する要素を含むかもしれない。
超自然的なプロセスから生じるエネルギーの操作は、魔法(マジックまたはソーサリー)と呼ばれる。
また、スーパーナチュラルは名祖となったCW Networkテレビシリーズに基づくワイルドストーム・プロダクションズによって発表された漫画雑誌タイトルのグループの名前である。

Suspended Animation/サスペンデッド・アニメーション

サスペンデッド・アニメーション(仮死)は人生の過程について終了を外部の手段によって遅らせることである。
呼吸、鼓動と他の不随意機能はまだ起こるかもしれないが、それらは人工の手段で検出できるだけである。
極端な寒さは、個人の機能を遅くすることを引き起こすのに用いられる。この過程の使用は人体冷凍保存術の展開している科学につながった。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。