Glossary P


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Panala/パナラ

パナラはアンタレス太陽系の惑星アリステアの住民の王家の称号である。それは女性のみの称号で地球でいう女王に同等な物である。
かつてジャスティス・リーグのヴィランのヒヤディスはアリステアのパナラだった。

Poozer/ポーザー

ポーザーは、ボロヴァックス・ヴィクの文化が発祥の単語である。
時々親愛の語として使われるが、それは好ましくない性格の誰かを説明するのにたいてい用いられる。
キロウォグは、人々をしばしば「ポーザーズ」と呼ぶ。

Post-Crisis/ポストクライシス

ポストクライシスは、クライシス・オン・インフィニット・アースズで記録にとどめられた出来事に続いて、存在するコンティニュイティに密接な関係があるキャラクターズ、リアリティーまたはイベントを説明するのに用いられる年代順の参照語である。

Post-Hawkworld/ポストホークワールド

ポストホークワールドは、ホークワールドの進行中の漫画雑誌シリーズにおいて年代順に記録されるイベントの結果として引き起こされたコンティニュイティの過去にさかのぼる変化について言及する。
初期のホークワールドのリミテッド・シリーズの間と後に持ち出されたキャラクターズとイベントは、シルバー・エイジのホークマンとホークウーマンのコンティニュイティを大幅に変えた。

Post-Infinite Crisis/ポストインフィニット・クライシス

ポストインフィニット・クライシスは、インフィニット・クライシスのイベントの後でコンティニュイティと密接な関係があるキャラクターズ、リアリティーまたはイベントを記述するのに用いられる年代順の参照語である。

Pre-Crisis/プレクライシス

プレクライシスは、クライシス・オン・インフィニット・アースズの前に存在したコンティニュイティと密接な関係があるキャラクターズ、リアリティーまたはイベントを記述するのに用いられる年代順の参照語である。

Pre-Hawkworld/プレホークワールド

プレホークワールドは、ホークワールドの進行中のシリーズによって恒久化されるコンティニュイティの変更の前でホークマン(カーター=ホル)とホークウーマン(シェイラ=ホル)のシルバー・エイジのコンティニュイティに関してイベントを記述するのに用いられる年代順の参照語である。

Pride/プライド

プライド(高慢)はセブン・デッドリー・エネミーズ・オブ・マンの1つを意味する。ロック・オブ・エターニティの中でプライドの人間の特性を具体化する像は見つけることができる。

Project Moreau/プロジェクト・モロー

プロジェクト・モローは、1940年代の間に活発だった(おそらくプロジェクトMに関連がある)秘密の科学研究会社だった。遺伝子の研究を専門として、プロジェクト・モローは、近代プロジェクト・カドモスの先駆だった。
彼らの科学者のうちの1人(Dr.グラント)は、口語で「フューリーズ」として知られている高次生物形態に通常の動物を進化させた実験を行う役割を果たした。これらの動物は、ワイルド・ランズと呼ばれる特別な実験場に含まれて、やがて彼ら自身の文化と社会/政治上の階層構造を開発した。
フューリーズが乱暴な手段にどうやら使われそうだったとき、プロジェクトは悪化した。そしていわゆる「ビースト・ウォーズ」に至った。グラントは、何とか島に関するすべての知識を他の国々から隠して、島に到着したどんな人間にでも彼の血清を使用するように蛇のようなサッカーにゆだねた。
プロジェクトの名前は、1896年の小説、H.G.ウェルズによるモロー博士の島からとられた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。