Glossary M


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Mangani/マンガニ

ターザンの世界では、マンガニが類人猿に対するジャングル語である。
具体的には、それは密接にゴリラに関連した類人猿の種に言及する。
マンガニは類人猿の言語の名前でもある。そして、それはいろいろなうなり声、うなりと付随的な身体的なジェスチャーを含む。
ターザン自身は、ターマンガニ(白い類人猿)としばしば呼ばれた。

Mark of the Demon/マーク・オブ・ザ・デーモン

この語句はジョナ=ヘックスの顔の側面を下降したものすごい垂直な傷跡について説明するために19世紀のアパッチ部族によって使用された。

Mask/マスク

マスクは布かヘッドギアが以前はよく個人の顔の顔をあいまいにしていた。
それは多分、秘密のアイデンティティを維持したいヒーローとヴィランのための最も重要でしばしば使い古された器材である。着用者のニーズによって、マスクのデザインと機能性は異なるかもしれない。
ドミノマスクと呼ばれる小さなマスクは、人の目を囲んでいる地域をおおうだけである。ドミノマスクを着ける外観上の非実際性にもかかわらず、彼らと最も親しい者からさえ、それは個人の本当のアイデンティティを保護する方へ効果的であるとわかった。また、ドミノマスクをつける何人かは、まぶたの見える部分のまわりで色のついたドーランを使用することによって効果にアクセントをつけるほうも選ぶかもしれない。
注意:
この方法は1989のバットマン映画と以降の続編の中で使われた。他のマスクはより精巧かもしれなくて、全く頭または全頭の選ばれた領域をおおうかもしれない。またいくつかのマスクはゴーグル、盗聴器と呼吸する機器を含む更なるフィクションのためのデザインであり、他の装置をそれにも取り込むかもしれない。
また1938年にDetective Comics#20でデビューしたクリムソン・アヴェンジャーとして知られているリー=トラヴィスはDC Comicで特集された、最初の仮面のスーパーヒーローである。

Master of the Gestation Chambers/マスター・オブ・ザ・ジェステーション・チェンバーズ

これは惑星クリプトンの高貴なロードと科学者に授けられるタイトルだった。
マスターは、どのクリプトン人が出産に関して最も互換性を持つか決定することを担当していた。

Maxi-Series/マキシシリーズ

マキシシリーズは、有限号数の漫画雑誌シリーズを示す用語である。
マキシシリーズは予定している号数が通常8以上であり、最大12以上であるかもしれないという点がミニシリーズと異なっている。

Mercury/マーキュリー

マーキュリーは、絶えず流動体状態に残っている変遷金属である。それは元素のひとつである。
メタモルフォはマーキュリーに転換する能力を持っている。
またそれはメタルメンの1つのものと同様で太陽系における最初の惑星(水星)の名前である。

Metagene/メタジェネ

メタジェネは生きている人間の有機体で見つかる遺伝のユニットである。
それは個人に超人的な力を高める可能性があるかどうか定める。
しかしながら、すべての超人的な存在がメタジェネを所有しているというわけではない。
多くのヒーローとヴィランは、文化的な遺産かまたは運命の行為を通して彼らの力を引き出す。
メタジェネはマーベル・コミックスの突然変異を誘発するXファクターのDCにおける等価物である。

Metahuman/メタヒューマン

メタヒューマンは、出生の偶然として奇妙なスーパーパワーに恵まれていた惑星地球の人間である。メタヒューマンはマーベル・コミックスのミュータントのDCにおける等価物である。

Metamorphae/メタモーフェー

メタモーフェーは地球のエレメンツを制御する能力に恵まれた死を免れない肉体に生まれた存在である。
伝説によると、エジプト人の太陽神は蛇のアペプに対する彼の果てしない戦いでMetamorphaeを作成した。
アークトン、レックス=メーソン、ウーラニア=ブラックウェル、ジリアン=コンウェイとローマの百人隊長アルゴンを含むいくつかの既知のメタモーフェーが、歴史を通して知られている。

Metamutant/メタミュータント

アマルガム・ユニバースの中で、メタミュータントはメタヒューマンとミュータントのハイブリッドである。

Mini-Series/ミニシリーズ

ミニシリーズは、有限号数の漫画雑誌シリーズを示す用語である。
ミニシリーズは予定している号数が通常6未満であり、最大8未満であるという点がマキシシリーズと異なっている。

Modern Age/モダン・エイジ

ブロンズ・エイジは、特定の期間の漫画雑誌出版歴史に適用された非公式の用語である。
ブロンズ・エイジの時代に続いて、DCのモダン・エイジは1985-86年のクロスオーバーマキシシリーズ(クライシス・オン・インフィニット・アースズ)から始めると認められる。
クライシスは時代の終わりだけをもたらしたわけではなく、大部分の彼らの主要なプロジェクトの内部の歴史の単宇宙として再起動した。
アース1のコンティニュイティから出た多くのキャラクタとイベントはブロンズ・エイジの一部であると言われている。
モダン・エイジのコンティニュイティの大部分はニュー・アースで起こる。

Moliom/モリオム

アース1のコンティニュイティでは、これはクリプトンの学術会議のメンバーに伝えられたタイトルだった。
ドライガー・モリオムとして知られている議会の議長に各々のモリオムは答える。

Monkury/モンクリー

モンクリーは、アースSとして知られているプレクライシスのリアリティーでの動物神またはトーテムだった。
ギリシア神のマーキュリーへの類似物モンクリーは擬人化したヒーロー、キャプテン・マーベル・バニーに迅速と速度を与えた。

Mutant/ミュータント

ミュータントは高度な進化的特徴に恵まれている人間である。
微小な生理的違いを除いては、メタヒューマンとミュータントはほとんど区別することになっていない。
キャプテン・コメットとジェリコは地球のわずかな本当のミュータントのうちの2人である。
異なった事情を通して、DCユニバースの住人はミュータント人口がかなり高いマーベル・ユニバースから超強大な個人に遭遇した。

Mystery-Men/ミステリーメン

ミステリーメンは、犯罪と戦った初期のスーパーヒーローについて説明するのにメディアによって使用された用語だった。
用語はメタヒューマンのなどのより多くの学術用語に取り替えられているのにもかかわらず、テッド=グラント(オリジナルのワイルドキャットで初期のミステリー・メンの1人)はその用語をまだ好んでいる。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。