Garth


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Garth/ガース

  • 男性/アトランティス人/アース1&ニュー・アース出身/ヒーロー
    • 本名はガース。
    • アクアマンのサイドキックのアクアラッドであり、現在はテンペストとして活動中。
    • 水中で呼吸できて1000mの深海の大きな水圧に耐え、157.42km/h(85mph)で泳ぎ、4.5tを持ち上げられる。
    • 視聴嗅覚は人間より優れていて深海と同様に暗い所でも見ることができる。
    • 水生生物に命令して操ることができる。
    • ベラ女王がアトランティスに追放された後に生んだタール王の息子。
    • 紫色の目を持って生まれたために掟により死ななければならなかったが、アクアマンの父アトランにより密かに助けられて生き延びた。
    • 10代の頃は魚の群れが怖かった。
    • ティーン・タイタンズの創立メンバーだったが、後に水の外ではほとんど役に立たないと感じたので予備メンバーになった。
    • クライシス・オン・インフィニット・アースズのイベントでアクアガール(トゥーラ)が死ぬまで、彼女をガールフレンドにしていた。
    • 彼の深い悲しみとメントによる度重なるテレパシーの虐待の結果、その他の要因の中でアクアラッドは海洋生物を制御する能力を失った。後にミレニアムのイベントの間に彼はこのパワーを取り戻したが、ほとんどの動物は説得を必要としないけれど希望の動作を実行するための要求として彼の命令を生物に言葉で表さなければならない状態になった。
    • ゼロ・アワーの直前、アクアマンと二人で潜水艦を調査してカリュブディスという名のヴィランと戦った間に、ある場所でガースは彼がトゥーラを遠くに見かけたと思った。アクアマンと意見を異にした後に離れて、ガースはトゥーラの目撃例を調査すると決めた。
    • しかし実際は別人で、彼女の身内によって捕らえられて岩に鎖でつながれて殺されそうになったところをアトランによって救い出され、別次元に連れて行かれた。
    • 地球よりも時間の流れが速いその次元で、海面下に住む全てのヒューマノイドの守護者としての最終的な役割の準備をするためにアトランに訓練された。
    • 地球に戻ってアクアマンがハンター/ギャザラーズの侵入を撃退するのを助けた後、アトランと共に全ての海洋を征服する意思を持つスリザスと戦うためにヒドゥン・バレーに戻った。そこで母親と再会し、母子関係を修復し始めた。
    • ガースの魔力を吸い上げて帰還しようとするスリザスの計画を破り、彼の作ったトゥーラのドッペルゲンガーにより彼女の死を再認識した。
    • テンペストになってアトランティスに戻り、ドルフィンと恋に落ちた。二人の関係はやがてアクアマンにも知れ渡り、彼は二人を祝福した。彼らには、アトランティスとサーディアの間の戦争の間に子供ができた。赤ん坊は、闘争を癒すのを助けるためにアクアマンによって「サーディアン」と命名された。
    • ドルフィンは、テンペストが彼らの家族と過ごせるようにタイタンズ・タワーにうつったが、タワーが破壊されたためにティーン・タイタンズとの彼の仕事をやめるように主張した。悲しいことにガースの引退はドルフィンが期待した平静をもたらさなかった。
    • アクアマンがアトランティスの沈没における彼の役割のために国外に追放されたとき、魔法を使う新しい支配者によってガースと彼の家族が敵との協力者であると考えて、彼らを軟禁した。彼は家族を置いてこっそり抜け出しては彼の師を助けて冒険した。
    • アクアマンが復権した後、家族との幸せを取り戻したが長くは続かなかった。女王メラの水中呼吸能力を取り戻すために使った魔法がスペクターの注意を引き、アトランティスが襲われて彼と家族は行方不明になった。ガースはサブディエゴの住民によって見つけられたが、そのときには魔法と能力を失っていた。
    • 家族がいなくなって落ち込むガースは、彼の問題の答えを見つけるかもしれない神秘的な都市から乗ってきた宇宙船に導くレアーという女魔法使いに会った。彼は船に入って、彼の家族を求めていなくなった。
    • インフィニット・クライシスのイベントの時に、ホークガールとグリーン・ランタンを支援してチェックメイトの城を攻めた。このときに彼は以前のパワーを取り戻していた。
    • 彼は後でアトランティスに戻って、彼の古い指導者レティフォスを支援して水中都市を再建した。彼はドルフィンとサーディアンがスペクターの攻撃を乗り切ったとしても、彼女らが町からの他の逃亡者と共に砕かれたアトランティスの瓦礫の中に埋められたと主張して、彼女達のための個人的な儀式を開くと決めた。
    • 3代目バットマンとして彼と話すディック=グレイソンによって奮い立たせられて、レティフォスにアクアマンのオリジナルの服装があるアトランティスの空の王座を彼に示され、テンペストはアトランティスの新しい王に自分を戴冠させると決めて、メラが生存者を誘導して戻るのを待っている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。