Aquaman


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Aquaman/アクアマン

  • アクアマンは以下の4人が該当する。
    • Aquaman(Orin):男性/アトランティス人(人間とアトランティス人のハーフ)/アース1&ニュー・アース出身/ヒーロー
      • 本名はオリン。
      • ニュー・アースの初代アクアマン。
      • アトランティスの女王アトランナと強力な魔法使いアトランの間に生まれた。
      • ブロンドの髪のために「コーダックスの呪い」を受けた者として迷信深いアトランティス人にマーシィ・リーフに捨てられ、イルカによって見つけられてそのうちのポームという名の1匹が彼の母となり育てた。
      • 子供の頃、燈台守によって見つけられて彼自身の名前のアーサー=カリーを与えられて一緒に住むようになった。彼が亡くなった時オリンは一人で旅立った。
      • 10代前期にオリンは遠い北に冒険して、カコと命名されたイヌピアットと出会い、恋に落ちた。。そしてオーム(後にオーシャン・マスターになった彼の異母兄弟)の憎しみを買い、カコが彼の息子コリヤークを妊娠したのを知る前に追い払われた。
      • オリンは海に戻り、彼の出生の都市アトランティスで起こった運命的な日までは人類の手が届かないところにいたが、アトランティスの独裁政権によって捕らえられて収容所に入れられた。
      • 彼は彼の誕生のときに追放に反対した科学者のヴルコに助けられて、囚われている間にアトランティスのふるまいと言語を教えられた。彼がそこにいる間に彼の母が虜にされてもいるとがわかったが、彼女が殺されると彼は脱出して逃げた。
      • 結局、オリンは地上世界へに戻って、フラッシュ(バリー=アレン)を助けたことでヒーローとしてデビューした。フラッシュはアクアマンという名前でヒーローになるように彼を納得させた。最初はアクアマンにとって困難だったが、地上の世界の習慣とふるまいを学び、彼のチームもそれを手伝った。
      • アクアマンとフラッシュは、グリーン・ランタン、ブラック・キャナリーとマーシャン・マンハンターと共にジャスティス・リーグ・オブ・アメリカの5人の創立メンバーとなった。
      • アクアマンは一時的にジャスティス・リーグのリーダーになって、チームが崩壊してもう機能しなくなったとき、やむを得ずそれを解散した。これにより、彼とマーシャン・マンハンターは、ジャスティス・リーグ・デトロイトとしてチームを改革した。
      • アクアマンが結局アトランティスに戻ったとき、彼があえて逃げることによって市民が自分たちを解放するために奮い立たせられたので、アトランティスがその時自由都市になったことがわかった。アクアマンはアトランナ女王の息子と認められたので、彼はアトランティスの国王になった。
      • アクアマンは地上の世界にゆっくりアトランティスを再紹介する方針を開始し、シャークという名のヴィランによって追い出された後にでも、シャークの敗北でたとえ彼が再び王座をのぼることができても、彼はより伝統的なスーパーヒーローになることに決めた。
      • この頃に、アーサーは別次元からメラに会って結婚し、彼女を女王にした。そして彼らには息子アーサーJr.ができた。しかしアクアマンの敵ブラック・マンタがアーサーJr.を誘拐して最終的に殺害したので、アクアマンと彼の妻の間に亀裂を引き起こした。
      • メラは、深い悲しみによって狂気に駆り立てられて、すぐポセイドニスの精神病院に送られた。その後まもなく、エイリアンの軍がアトランティスを征服した。アーサーは、窮地を脱することを強制され、そしてその過程の中で、彼らの息子の死亡で個人的にアーサーを非難した脱出したメラによって妨げられた。かっとなってメラはアクアマンの次元を去った。
      • アトランティスが解放された後、アーサーはアトランティスに留まらなければならないのを知っていたので、彼はジャスティス・リーグを辞めた。しばらく、彼は国連のアトランティスの代表として勤めたが、常に彼自身がスーパーヒーローの役割に押し込まれるのに気づいた。ますます仕事中毒と孤独な人物になって、アクアマンは結局海に戻った。
      • 彼はすぐ、アトランティスを破壊するためのブラック・マンタの企みで、地上の国との戦争へ巻き込まれた。戦争の余波を受けて、アーサーはアトランティス歴代志を受け取った。その結果、彼の親族の歴史に関して学んで、オーシャン・マスターが本当に彼の異母兄弟のオームだったと発見した。
      • 彼の人生におけるすべてのカオスで、アーサーはひどい鬱病の期間に落ちた。彼はアトランティスまたはスーパーヒーローの活動に対して関心を失い、彼の「アクアケイブ」へ退いた。
      • ゼロ・アワーのすぐ前に、アーサーは彼の長年のパートナーのアクアラッドによってやむを得ず戦闘に復帰することを強制された。
      • まもなくアーサーは彼の新しい冒険で、カリュブディスが海洋生物とコミュニケートする彼の能力を盗んだとき、ピラニアが多い水のたまりの中にアーサーの手を突っ込んだので彼の手を失った(囚われているときに脱出するために腕を切ったという話もあるが原典は不明)。
      • これによって、彼はいくらか動揺しているようになったかもしれず、そして、アクアマンはすぐに予言的な夢を見始めた。
      • アクアマンはまもなく彼のなくなった手に銛を適合させた。そして、彼の胸の上の右半分と彼の右腕の一部をカバーする銀のアーマーの部分のために彼の古典的なオレンジのシャツを捨て、その一方で、長い髪ともじゃもじゃの顎鬚を伸ばしてまったく新しい外観に至った。
      • アクアラッドが単独の任務でいなくなったあと、アクアマンはドルフィンと活動した。
      • アクアマンが北に訪れた時に、彼にはコリヤークという名のカコとの息子がいるということを知った。アクアマンはアポコリプスからの何人かのヴィランによる攻撃を防ぎ、コリヤークは彼の父親に加わって、彼と共にアトランティスに帰った。
      • アクアマンの銛はすぐに破壊されたので、彼はそれをS.T.A.R研究所からサイバネティックスの置き換えと取り替えさせた。この新しい銛は、彼が完全に制御できる格納式のリールを備えていた。
      • コリヤークの存在はいくつかの悲惨な結果につながった。ポセイドニスの王が一連の地震のうちの1つで死んだあと、コリヤークは住民に都市から脱出に関して彼の後についてくることを説得した。
      • アクアマンがドルフィンとともに空の都市に戻り、彼らが情熱的な夜を楽しんでいるときにメラが帰ってきて、2人に出くわした。メラは一時的に彼女の最近の行方の記憶を失い、アーサーの不義のため彼に怒り狂っていた。アクアマンとドルフィンは近くの溝まで彼女を追跡した。そこで、彼らはタナトスによって平行した次元に入られた。
      • その次元を支配した異質の悪魔的な存在は、タナトスをアクアマンに挑ませた。アクアマンはタナトスを殺すのを拒否したが、彼は地球に来るために解放された。タナトスは支配する王国を見つけると予想したが、代わりに人影のない都市に到着した。アクアマンのふりをして彼は地表に宣戦布告をしたが、メジャー・ディザスターの陰謀の結果として予想外に殺された。
      • アクアマンは、メラが現実の世界のおよそ1年の間におよそ9年の間この異次元で生きていて、彼女が到着したちょうど9カ月後に息子がいたことを知った。彼女が当時タナトスの完全な支配下にいたので、息子(A.J.)はアーサーのものかタナトスのものでありえた。
      • アクアマンはなんとか彼の父アトランと連絡をとることができ、彼はアクアマンと彼の友人を解放して地球へ戻するために彼の魔力を使った。残念なことに、2つの次元の間で時間の違いがあり、もう片方の次元生まれのA.J.は急速に年をとり始めた。彼の命を救うために、メラはポータルを通って彼を連れ戻した。
      • アクアマンとドルフィンは、ポセイドニスの下に半球形の都市全体が乗っている巨大な宇宙船があるのを発見した。知覚力のある宇宙船は海底からそれ自体を浮上させていた。そしてそれが最近の地震のもとだった。最終的にポセイドニスが海洋の表面のすぐ上に現れたときにそれは静止した。
      • アクアマンが知覚力のある宇宙船への精神のリンクを造って、多くの透視をし始めて差し迫っている異星人の侵入があると感じた。
      • アクアマンは、彼がアトランティスの5つの失われた都市を捜し出して、ポセイドニスとトリトニスにそれらを加えなければならないと決めた。タナトスがした「アクアマン」の宣戦布告のために供述を求めているジャスティス・リーグを突然に締め出した。
      • アクアマンは、あまりたくさんのトラブルなしでハイブラジルの都市を募った。残念ながら、アクアマンとドルフィンはその後の戦いで破壊された他の都市の1つでオーシャン・マスターに遭遇した。戦いの間にもう一つの次元でアトランによって訓練されてアクアラッドからテンペストになったガースも帰ってきた。そして、アクアマンはシェルナ・ナ・オジの都市とバシリアの水上都市を募った。
      • 彼らはまた、アトランを彼らの目的とトリトニスのための長に募集したが、ハンター/ギャザラーズとして知られている異星人は平和な関係を求める外観の下、ワシントンD.C.に現れた。
      • コリヤークとヴルコは、都市の下でポセイドニスの人々を立ち入り禁止のトンネルに案内して、遺物からコーダックスを目覚めさせた。コーダックスは、彼のマインド・コントロール・パワーを使って、コリヤークとポセイドニス市民にトリトニスで彼らの親類を攻撃することを強制した。そして住民の多くを不具にしたか、殺した。
      • アクアマンは、最終的な対立のために彼の同盟者全員:アトラン、ザ・ガーディアン・オブ・ハイブラジル、アリオン、テンペスト、ツナミ、ヌアダ、ドルフィン、シー・デビルズ、パワー・ガール(当時はまだ、アトランティスの子孫だと思っていた)、スポート(ザ・ガーディアン・オブ・バシリア)とディープ・ブルーを結集する前に、トリトニスの人々に助けた。
      • アクアマンは、ポセイドニスが上にある宇宙船を首都へ直行で飛ばすことによって、他のものをワシントンD.C.に導いた。コーダックス、ティアマット、およびまだコーダックスのコントロールの下のコリヤークとアクアマンの同盟者の主要な戦いはホワイトハウスの中で続いた。
      • Kordaxがアクアマンを破ることができないとき、彼は戦いで自殺した。バシリアはそこで起こる戦いで破壊された。ハンター/ギャザラーズは、どんな更なる破壊なしで地球を去った。
      • この頃に、アクアマンは新しいJLAの創立メンバーになった。
      • ファイナル・ナイトの間、知覚力のある宇宙船はアクアマン、ドルフィン、および(洗脳から自由になった)コリヤークを放出した。
      • アクアマンを育てたイルカの母(ポーム)が暗黒の間に殺され、アクアマンを打ちひしいだ。手がかりに従ってアクアマンは日本に行って、ポームの殺人者がロボによって不具にされて、事件をアクアマンのせいにしたデモン・ゲートと呼ばれるサイボーグであったと発見した。
      • デモン・ゲートが引き渡されない限り、アクアマンは海洋から日本を禁止すると脅迫したが日本は拒否した。アクアマンはポセイドニスを取り戻すためにマーシャン・マンハンターを募って、知覚力のある宇宙船に彼に従うことを強いて、それから都市を日本へ持っていった。デモン・ゲートは引き渡され、アーサーはさびれた島で彼に、現地の海洋生物が彼にもたらすものだけで生き残る終身刑を宣告した。
      • アクアマンは、一見底なしの溝を調査するために、ディープ・ブルーとシー・デビルズによって呼ばれた。ディープ・ブルーは、奇怪な海獣によって溝に引きずり込まれた。アクアマンは穴に入ったが、ドルフィンは圧力のため、ずっと後に続くことができなかった。
      • アクアマンは、ネロンとの取引のために恐ろしいマンタのような怪物になったブラック・マンタに遭遇した。
      • 2人の宿敵は溝の底で戦い、死んだリヴァイアサンの幽霊に遭遇した。それはブラック・マンタを「消費」して、アクアマンも同じようにしようとしたが、アーサーはそれを追い払う彼の精神的能力の完全なほこさきを使った。
      • 溝の上に逃げて彼はディープブルーを取り戻して、それらはシー・デビルズの潜水艦に戻った。そしてアーサーは彼の肉体が鱗で覆われていると発見した。
      • ポセイドニスに呼び戻されて、アクアマンはシャークが住居を取ったのがわかった。精神的な戦いが続き、そしてアクアマンによってシャークに通常のサメへと移ることを強制した。アーサーはさらに変異して、まるでコーダックスのように見える堅い緑色の鱗と水かきのある手になり、海洋生物は彼を恐れ始めた。
      • アクアマンは魂を調べる探索に行って、彼の内側の恐怖が彼が王としての、そして、男性としての失敗だという事実を反省した。時間を通しての小旅行は、アトランのおかげで彼が釣り合いの取れた物の見方をするのに役立った。現在に戻って、アクアマンの外観は手にはまだ水かきがあるが復元された。
      • 海洋生物の信用を回復しようとして、アクアマンは息子(トリトン)と戦うように彼を強制するポセイドンに訴えた。アクアマンは戦いに勝ち、そしてポセイドンは「キング・オブ・ザ・シー」として彼の称号を復活させたが、ポセイドンは死を免れない存在が神の屈辱の目撃者になってはならないと感じたので、彼はアクアマンの目を見えなくさせたが、ザ・クリアーへアクセスする能力も与えた。
      • アニマルマンによりアクアマンには音の反射で位置を知るエコー・ロケーションの能力があることを見つけられた1つの短い冒険後に、アーサーの視覚は回復した。
      • ポセイドニスの人々は、彼らが不具にさせた人々に貢献することをアクアマンによって強いられたが、最終的に解放されて彼らの都市に戻った。アクアマンは彼らを迎え、そして彼らは海洋の表面で静止して彼らの都市の状態に驚嘆している間にもう一度彼を彼らの王と認めた。
      • ヴルコは、クーデターに流されるコリヤークの考えを促した。ドルフィンは、アーサーに対するすべての関心を失って、テンペストとの恋愛関係になった。
      • Dr.ポラリスは彼の広大なパワーを使用して都市に侵入した。戦いはマキシマの助けで勝ち、マキシマはアーサーを彼女の新しい王にしようとした。しかし彼女がポセイドニスの市民に魅力的であることがわかったとしても、アクアマンは興味を持っていなかった。
      • ミレニアム・ジャイアンツが現れたとき、アクアマンは、1体がシェルナ・ナ・オジを破壊するのを止めることができなかった。
      • 一方、アクアマンへの敗北とそのために彼の父親に軽蔑された事に怒るトリトンは、ポセイドンを殺して彼のパワーの大部分を奪った。彼はアクアマンに対抗する支援のためにマザー・オブ・モンスターズに近づいた。
      • トリトンは最初にアトランを攻撃したが、彼はなんとかポセイドニスへの警告することができた。トリトンは次に都市を攻撃して、完全に知覚力のある宇宙船を破壊して都市を海底に戻した。アクアマンは戦いにおいて刺されて、彼の魂はギリシアの冥界に旅行した。彼は何とかハーデスを見つけて、生者の地に彼とポセイドンを戻すのを許すようにハーデスを説得した。ポセイドンは彼の息子を殺して、彼の三叉矛をアクアマンの足に投げる前に、彼の力をトリトンから取り戻した。
      • その後まもなく、アクアマンは、メラとA.J.を助けるために別次元に挑まなければならなかった。異次元では数年が過ぎていて、メラは絶え間ない生存競争のため冷淡になった。A.J.はアクアマンに伴ってメラに地球へもどらせたが、彼女は彼らの間で起こったすべての後、彼と仲直りすることに興味がなかった。
      • コリヤークは彼の父を殺して、アトランティスの制御をつかもうとしたが、彼は簡単に止められてアーサーは彼を追放させた。ドルフィンが妊娠してガースは彼女と結婚し、アーサーとメラは仲直りし始めた。
      • アトランティスと島国サーディアの間で戦争が始まった。この戦争はサーディアを損なうことと同様にポセイドニスとトリトニスの両方にも荒廃をもたらした。戦争中に、オーシャン・マスターがサーディアの攻撃の背後にいることが明らかにされた。また、彼がテンペストを誘拐した直後にドルフィンは息子を産んだ。結局戦争に勝ち、オーシャン・マスターは追い払われ、サーディアはアトランティスによって併合された。平和の象徴として、テンペストとドルフィンは彼らの息子をサーディアン(「イアン」と愛称で呼ばれる)と命名した。
      • サーディアとの戦争から完全に回復しないうちにアトランティスは別の闘争に巻き込まれた。これは惑星を破壊するインペリエクスの襲来で、異星人の銀河間の同盟が地球に集まって対抗した。JLAの有力者はインペリエクスの先遣隊によってすばやく払いのけられた。アクアマンはプローブのうちの1つに対して彼の全力で対抗し、ポセイドニスの上で戦った。
      • 結果として爆発が起こり、そして水が澄んだとき、アトランティスはなくなった。そして、海の大きな亀裂が残った。当初は都市がその中でそれら全ての損失で破壊されたと思われた。しかしすぐに、テンペストがそれを保護するために時間を通して都市をどこかに送る彼の不思議な能力を使ったということを発見された。
      • JLAは結局、一緒に結集して、時間を通してアトランティスとアクアマンを救う任務を始めた。JLAは、アクアマンがずいぶん昔に不慮の事故か何かがアトランティスを壊滅させると脅かすなら、およそ3000年前のアトランティスの黄金時代まで、古代の過去に市民を連れて行く計画をしたとの情報を得た。
      • 都市はその時まだ海の下にあった。そして、信頼は人々が迷った親類として彼らをそこで歓迎するだろうということだった。テンペストは呪文の引き金となったが、楽園の代わりにアトランティス人は悲しみと苦しみに直面していた。
      • 過去では、彼らは歴史の失われた部分を見つけた。そのとき、ブロンドの髪の女魔法使いはアトランティスを浮上させた。彼女は未来のアトランティス人を隷属させて、水のプールに(文字通り)アーサーの意識を水没させた。
      • JLAが現れる前に15年が経過したが、その時までに悪の女魔法使いは防衛線を準備した。過去と現在の両方でリーグは戦い、最終的にアクアマンは解放された。そしてアトランティスの王として、彼は過去のそれらに罰として島を波の下で沈めて水中呼吸者に戻した。
      • 皆を現在に返すとき、メラは彼が誠意を持ってそれをしましたが、計算がまだあるに違いないと発表した。アクアマンはまだアトランティスの沈没と人々によって我慢された苦しみの多くに責任があり、彼は反逆罪によって告発されるのに同意した。これはアトランティスの住人の間で不快感を引き起こし、そして彼らはアクアマンをアトランティスから追い払った
      • その後のアクアマンはアイルランドのいくらかの時間を過ごした。このときにレディー・オブ・ザ・レイクに会い、彼女に不思議な水で構成された新しい義手を与えられた。そこから、彼はひげを綺麗に剃って短い髪でオレンジ色のシャツのより古典的な感じに戻った。
      • さらに最近、都市の半分が太平洋に沈んだ巨大地震を受けたとき、アクアマンはサンディエゴに行った。アクアマンは、すぐに大災害の生存者が水面下で呼吸できるのを発見して、生存者が彼らの水没した部分の(現在は「サブディエゴ」と呼ばれる)都市を再建するのを助け始めた。この間に、アクアマンはロレーナという名の新しい助手を迎え、彼女は新しいアクアガールとなった。
      • アクアマンがメラを空気呼吸者に変えたアトランティスの魔法使いから彼女を救うために、彼女を地表に連れて行くのを試みたので和解するかもしれない徴候があった。
      • まもなくその後、インフィニティ・クライシスのイベントの間に、アトランティスはスペクターによって破壊された。そして、アクアマンの息子コリヤークと彼の最も年をとった友人(そして、父親代わり)のヴルコを含む市民の多くが死んだ。2つの民族が互いを助けることができることを望んで、アクアマンは生存者をサブディエゴに連れていった。
      • ブラック・マンタが沈んだ都市を攻撃したとき、アクアマンは彼を破って様々な捕食性の海洋生物を召集して、ブラック・マンタを死者とみなして彼を攻撃させた。しかしながら、彼は彼のスーツで電荷を発生させることによって生き残ることができてインフィニット・クライシスの間に再び現れた。
      • オリンは第三次世界大戦のイベントで、水に生きる能力を失った数人のサブディエゴ住民の命を救う必死の試みにおいて、オリンは彼らを救うパワーを獲得するために海の神について取引した。不思議な儀式で彼の切断された左手の骨を使って、海神はオリンに陸地の上にサブディエゴを引き上げる力を与えた。しかしながら、オリンは彼の新しい能力を獲得する副作用としてドゥエラー・オブ・ザ・デプスに変異して、その結果記憶を失った。
      • アクアマンは死亡したが、墓に埋める身体がどうあるかは現在不明である。
    • Aquaman(Arthur Curry):男性/人間/アース2出身/ヒーロー
      • 本名は明らかになってない。
      • 通称アーサー=カリー。
      • 水中で呼吸して生きられる能力と怪力を与えられた科学者の子供。
      • オールスター・スコードロンのメンバー。
      • 最初の冒険でサンドバッグを頭にぶつけてKOされた。
      • アトランティスの古代寺院を住処としていた。
      • トポというペットの蛸がいた。
      • クライシス・オン・インフィニット・アースズでマルチバースと共に消滅した。
    • Aquaman(Arthur Joseph Curry):男性/強化人間/ニュー・アース出身/ヒーロー
      • 本名はアーサー=ジョセフ=カリー。
      • 海洋生物学者フィリップ=カリーとエレイン=カリーの息子。
      • 予定より3ヶ月の早産で母親が死に、カリー博士はやむを得ずミュータジェニック血清を息子に使用した。これによりアヴァロン・カイにある彼の父親の研究設備のメインタンクの中で生きることになった。彼にとって外界との接点はテレビだけだった。
      • フロリダ州マイアミに輸送を待っている間、嵐によってタンクが破壊されて彼は海に流されてしまった。海へ到着してすぐ後に、アーサーは神秘的な「ドゥエラー・オブ・ザ・デプス」によって精神的に連絡された。そのヒューマノイドにキング・シャークが襲撃の一団を防ぐのを助けるように言われて助けた後に、一緒にアーサーとキング・シャークはドゥエラーに会いに行き、ドゥエラーはアーサーがオリジナルのアクアマンであると信じていて、彼にアクアマンのような服装を与えた。
      • これがインフィニット・クライシスの間、アクアマンとの以前の戦いからまだ傷に耐えていたキング・シャークを怒らせた。
      • ドゥエラーはアーサーの未来に関する予言についてアーサーとキング・シャークに言った。予言はオリジナルのアクアマンの歴史のゆがんだバージョンであるように思えるもので、アーサーは彼が気が狂っているといったが、キング・シャークが予言と前のアクアマンの歴史の間の類似を指摘して、アクアマンが先頃見えなくなったとドゥエラーに言った。
      • アーサーの最初の旅行で、アクアマンを支援するメラ、シー・デビルズ、ヴルコ、およびオーシャン・マスターを含む多くの人々に会った。その後、ドゥエラーは彼が前の人生の記憶を全く持っていないが、実際にオリンであると理解した。
      • その後、アーサーはサイドキックになろうとするトポというヒューマノイド型のイカと、来る戦いに関する警告を後催眠暗示で注入された記憶喪失を失って水中呼吸のできないテンペストを見つけた。戦いはすぐ起こり、そしてドゥエラー/オリンは殺されたように見えた。
      • ジャスティス・リーグはオリンの状況を評価するために訪問したが、彼が本当に死んでいるかどうか、あるいはどうにか彼の新しい不思議な自然のために彼自身を復活させることができるかどうか決定することができなかった。
      • 結局、アクアマンは訪問したレディ・オブ・レイクによって彼の起源について説明された。オリジナルのアクアマンは、彼の死んだ息子(アーサー)を復活させるために彼のウォーター・ハンドのサンプルをカリー博士に与えた。そして彼は息子にオリンの名をとって名づけた。オリンがサブディエゴを復活させようとしたとき、彼の身体の形がドゥエラーに突然変異する間に、彼の魂の一部はアーサー=ジョセフ=カリーの死体に付いた。
      • オリンの死に自分を責めて、アクアマンは「盗まれた」名前を使用するのを控えて、二度と「アーサー」と呼ばれないと誓い、将来単にジョゼフと呼ぶように頼んだ。
      • ジョセフはバットマンによる新しいアウトサイダーズの候補であると思われた。しかしながら、彼がメタモルフォと共に活動中に会った後に、バットマンは、彼の導入に不利な決定を下した。
      • スーパーマンとバットマンは、地球からすべてのクリプトナイトを取り除くための彼らの探索において、大きい塊を海の底で発見した。二人は、敵意のあるアクアマンとキング・シャークに会って短い戦いが起きたが、結局ジョセフは彼らが取りに来たものをとるのを許した。ただしその前に彼は、スーパーマンが地球の全てのクリプトナイトを見つけることを誰もが望むというわけではないかもしれない、そして彼が少なくとも、それを知っている人間の一部でなければならないと指摘した。
      • ジョセフはファイナル・クライシスの間、アトランティスの王の代わりを勤めた。しかしアクアマンの再臨として扱われてあまりに多くの圧力を感じて、辞任するのを選んだ。テンペストはオリンの王座の上に残された彼のトライデントとコスチュームを見つけた。
    • Aquaman(DC One Million):男性/DC ワン・ミリオン出身/ヒーロー
      • 本名は明らかになってない。
      • 853世紀のネプチューンの海の守護者。
      • ジャスティス・リージョンAのメンバー。
      • 怪力と深海でも生きられる水中生存能力、液体の分子を完全にコントロールできる能力を持つ。
      • サイドキックはテンペスト(DC ワン・ミリオン)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。