Characters B


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Barbara Gordon/バーバラ=ゴードン

  • 女性/人間/アース1&ニュー・アース出身/ヒーロー
    • ジム=ゴードンの姪(後に養子となった)。
    • オハイオの郊外に生まれ、スーパーヒーローになることを夢見て育った。
    • 13歳のとき両親を自動車事故で失い、ジェームズ=ゴードンに引き取られ、養子となってゴッサム・シティに移りバットマンにあこがれた。
    • フォトグラフィック・メモリーの能力を生かして16歳で高校を卒業し、ゴードンにより武道のクラスに入れられて間もなく空手の黒帯を取得した。
    • 奨学金を得て大学に入り、カタリーナ=アームストロング(後のスパイ・スマッシャー)と友人になるが、彼女がレースで勝つためにバーバラを転ばせて以来、数年間口をきかなくなった。
    • 研究助手としてゴッサム公立図書館で働きながら柔術のトレーニングを積み、警察学校に通おうとしたが身長が足りなくてゴードンに一笑に付された。FBIのフィールド・エージェントの登録も同様の理由で解雇された。
    • ゴッサム市警がブリストル・カントリー・クラブで億万長者の舞踏会を接待するときに、父親を困らせるために手製のバットガールのコスチュームを身に着けてバーバラは会場にやってきた。しかし彼女が着いたときにはチャリティーの売り上げを略奪しようとしたキラー・モスによってブルース=ウエインが人質に取られていたので、彼女はキラー・モスと戦って彼を救出した。
    • ブルースを救出できたがキラー・モスに破れ、バットマンに助けられてたしなめられたが彼女はあきらめず、後にディック=グレイソンを通じてバットラングを送られ、事件解決後にはバットマンの正体を明かされた。
    • 19歳のときにジョーカーに撃たれて下半身不随になり、バットガールとしてのキャリアをあきらめたが、オラクルと名乗りコンピュータ・ネットワークを駆使してバット・ファミリーをはじめ、ヒーロー達の支援をするようになった。
    • オラクルになってからは毎日世界の沢山の一流新聞と雑誌を読み、FBI、NSA、および国際警察のデータ網は言うまでもなくCIAのメインフレームなどの他の、そしてそれほど公共でないソースから(すべて彼らの知識も同意もなく)絶えず情報を収集している。
    • 犯罪とテロとの戦争のためにブラック・キャナリーとハントレスとレディー・ブラックホークと共に女性ヒーローのチーム、バーズ・オブ・プレイを結成した。
    • ノー・マンズ・ランドのイベントのときにカサンドラ=ケインにゴードンを救われ、世界の最高武道家のひとりと知り、彼女がバットガールのコスチュームを着るのに同意し、指導者となった。
    • ウォー・ゲームの間にブラック・マスクと戦うバットマンにコンピュータと衛星を横領され、本部と家の破壊をもたらされたため、彼との結びつきを切って一時的な世界旅行の後、メトロポリスに移った。
    • ブレイニアックによってもたらされた高度なウイルスに感染した後、バーバラは、精神的にコンピュータ情報システムと対話できるサイバーパシック・パワーを発展させた。Dr.ミッド-ナイトの働きでウイルスが眠らされた後、これらの能力は失われたが一時的につま先が動かせるようになった。
    • ブルードヘヴンがザ・ソサエティに破壊された後、ディック=グレイソンにプロポーズされて受け入れたが、バットマンが彼を必要としていたためにまだ結婚の準備ができていないのを理解してバーバラはエンゲージリングを返した。
    • インフィニット・クライシスのイベントの一年後に、オラクルと彼女のチームはメトロポリスで働き続けた。バーバラは以前の通りバットマンとも働くようになったが主にバーズ・オブ・プレイと動くのを好んだ。
    • スパイ・スマッシャーからバーズ・オブ・プレイの乗っ取りを防いだ後、カリキュレーターからのハッキングからシステムを守りきった。
    • ブラック・キャナリーがグリーン・アローと結婚する際は彼が彼女にした過去の悪行を思い出させて思いとどまらせようとしたが、彼女の愛が揺るがなかったので結婚式で花嫁の付き添い人になって欲しいという願いを受け入れた。

Batgirl/バットガール

  • バットガールは以下の4人が該当する。
    • Batgirl(Betty Kane):女性/人間/アース1出身/ヒーロー/故人
      • 本名はエリザベス=ケーン。
      • 初代バットガール。
      • シルバー・エイジに活躍した。
      • ロビンにあこがれ、彼の側に居たくてバットウーマンをしていたおばを真似してバットガールとなった。
      • ロビンとは親しくなることができたがおばであるバットウーマンが殺されたことにより引退した。
      • クライシス・オン・インフィニット・アースズでマルチバースと共に消滅した。
      • クライシス以降の彼女に該当するキャラはフレイムバード(マリー=エリザベス=ケーン)であり、バットガールとしてではなくなった。ニュー・アースのバットウーマン(キャサリン=ケーン)の姪かも明らかになっていない。
    • Batgirl(Barbara Gordon):女性/人間/ニュー・アース出身/ヒーロー
      • 本名はバーバラ「バーブ」=ゴードン。
      • 2代目バットガール。
      • シルバー・エイジからモダン・エイジにかけて活躍した。
      • 詳細はバーバラ=ゴードンを参照。
    • Batgirl(Helena Bertinelli):女性/人間/ニュー・アース出身/ヒーロー
      • 本名はヘレナ=ローザ=ベルティネッリ。
      • 3代目バットガール。
      • ハントレスが一時的にこの名前を使用した。

    • Batgirl(Cassandra Cain):女性/人間/ニュー・アース出身/ヒーロー
      • 本名はカサンドラ=ケイン。
      • 4代目バットガール。
      • 父デヴィッド=ケインに幼年時代から兵器であるよう訓練されて世界の最高武道家のひとりとなった。
      • ノー・マンズ・ランドのイベントのときにオラクルの目や耳となるように雇われ、後にオラクルの養父ゴードンの命を救い、バットガールとなり彼女の指導を受けた。

Batwoman/バットウーマン

  • バットウーマンは以下の3人が該当する。
    • Batwoman(Earth-Two):女性/人間/アース2出身/ヒーロー/故人
      • 本名はキャシー=ケーン。
      • キャサリン=ケーンと書かれているサイトもあるが、ここでは1985年発行のWho's Whoの表記にならった。
      • オリジンに関してはアース1のバットウーマンに同じだが、アース2のバットウーマンは引退して、キャシー=ケーンはゴッサムの名士のままで残っている。
      • バットマンがディックに変わった後もそれを知らずに助け続け、ブルース=ウエインの妻が死んだときに初めて彼がオリジナルのバットマンだったことを公にされて知った。
      • アース1のブルースが来たときにアース2のブルースへの気持ちを整理し、一般人の生活へ戻っていった。
      • クライシス・オン・インフィニット・アースズでマルチバースと共に消滅した。
    • Batwoman(Earth-One):女性/人間/アース1出身/ヒーロー/故人
      • 本名はキャシー=ケーン。
      • キャサリン=ケーンと書かれているサイトもあるが、ここでは1985年発行のWho's Whoの表記にならった。
      • サーカスのスタントバイク乗りでブランコ曲芸師のキャシー=ケーンは、バットマンの長年のファンであり、彼女がかなりの遺産を受け取ったとき、彼の姿に基づいて作られたコスチュームを着たクライム・ファイターになると決めた。
      • 彼女は、廃坑トンネルの上に大邸宅を建築させて、最先端の科学捜査研究所で鉱山を満たしてトンネルに彼女のバージョンのバットケイヴを作った。
      • 彼女は、彼女自身のバットサイクルを組み立てて、バットウーマンとして新しいキャリアに乗り出した。
      • 彼女は物理的な戦闘で屈しないことができたが、残念ながらバットマンを世界の最もすばらしい探偵にした捜査能力を欠いていたので、バットマンとロビンと共にしばしば組になって、めったに単独で働かなかった。
      • 一時的に彼女はオリジナルのバットガールとして働いていた彼女の姪のベティと共に組んで仕事した。
      • 自分を専念させておくために小さいサーカスを買ってキャシーは引退を試みたこともあるが、それが退屈であることがわかり、もう一度バットウーマンとして復帰したすぐ後に、彼女はラーズ・アル・グールとリーグ・オブ・アサシンズとの戦いにおいてブロンズ・タイガーによって殺された。
      • バットウーマンの兵器はオフロードの能力があるハイパワーなバットサイクル、およびショルダーバッグ・ユーティリティケースを含んでいた。(それは、くしゃみパウダー・パフ、催涙ガス香水、拡張可能な高い張力のヘア・ネット、煙幕爆弾口紅、および潜望鏡口紅ケースを入れてあった)。ショルダーバッグのひもは実際に取り外し可能なバットボーラで、彼女のブレスレットは偽装した手錠だった。
      • バットウーマンはオリンピックのレベル運動選手で非常に熟練した戦闘員だった。
    • Batwoman(New Earth):女性/人間/ニュー・アース出身/ヒーロー
      • 本名はキャサリン=ケーン。
      • ゴッサムで最も裕福な家族の相続人のひとりでレニー=モントーヤの元恋人だった。
      • レニーがクエスチョンと捜査をしている間、バットウーマンとして彼らを助けた。
      • レニーがブック・オブ・クライム(インターギャングの神聖な書物)に書かれた「カインの二度命名された娘」の残忍な殺人についての予言を知り、クエスチョンとゴッサム・シティーに戻ってバット・シグナルでバットウーマンを呼び出し、3人でインターギャングの計画を挫くために協力した。
      • その事件の間、ゴッサム・シティーに戻ったナイトウイングに言い寄られ、タイプではないと断っている。
      • クリスマスイブにナイトウイングから'公式'のバットランを彼女は貰った。また、彼女はレニーと一緒にハヌカーを祝い、クリスマス前に2人はキスした。
      • インターギャングはバットウーマンのイメージがブック・オブ・クライムに書かれた予言と全く同一であると理解して、ケイトのアパートを略奪して彼女を誘拐した。
      • 2代目クエスチョンとなったレニーの目の前でブルーノ=マンハイムに殺されそうになったが、自分の胸からナイフを抜き、彼に投げつけて彼女を助け、その腕の中に倒れた。
      • レニーが傷を縫ってスードダームでふさいだので彼女は一命をとりとめた。
      • その後もバットウーマンとしての活動を続け、ファイナル・クライシスの時にアンチライフ・イクエージョンの影響を受けてフィメール・フューリーズのメンバーになった。

Bizarro/ビザロ

  • スーパーマンの不完全なコピーとして作られた。
  • 能力はスーパーマンに同じぐらいの力と耐久力、飛行、スピード、スタミナを持つ。
  • 普通のクリプトナイトは効果が無く、複製されたビザロ・クリプトナイト(色が青なのでブルー・クリプトナイトとも言われる)に影響を受ける。
  • ビザロは以下の3人が該当する。
    • Bizarro(Earth-One):男性/ドッペルゲンガー/アース1出身/ヴィラン?/故人
      • 本名はビザロ・ナンバーワン。
      • シルバー・エイジとブロンズ・エイジのビザロ。
      • スーパーマンとは反対に目から氷のようなビームを発射し、炎の息を吐く能力を持つ。
      • レックス=ルーサーが複製光線によって自分に忠実なスーパーマンのコピーとして作ったが不完全なものだった。
      • 複製光線によって自分とロイス=レーンの複製を作り、同様に複製した地球(ヒトラエ)に移り住んだ。
      • ビザロ・ロイスとの間に息子を授かるが、地球人そっくりだったために他のビザロに化け物扱いされ、地球の人工衛星に隠して誤って地球に送ってしまった。時間がたって成長して顔がビザロのように戻ったので、また家族で暮らせるようになった。
      • Mr.ミックスイェスピットリックによって操られた後に、彼はスーパーマンの「完全な不完全なクローン」であるように努力して、スーパーマンがクリプトンの生存者であるので、彼は自殺した。(ただしこれは正規のコンティニュイティでは無いとされているので本当の最後は明らかになっていない)
      • クライシス・オン・インフィニット・アースズで彼を含むビザロ関係のものは全て一度消滅した。
    • "Bizarre-Oh!"(New Earth):男性/アンドロイド/ニュー・アース出身/ヒーロー
      • 本名はビザロ。
      • ヒートビジョン、X線視力、拡大/望遠視力を持つ。
      • スーパーマンと異なり、太陽光線によるエネルギーの補充ができない。
      • レックス=ルーサーが部下の科学者に命じて作らせたが、クリプトン人ではなく変異した人間として計算していたため、複製に失敗した。
      • レックスのところを逃げ出してからはスーパーマンのように活動し、自殺しようとしていたロイスの妹、ルーシー=レーンを救った。彼女は目が見えなかったので彼がスーパーマンだと信じ込んだ。
      • 断片的にオリジナルの記憶を持っていたために、本物に会うまでクラーク=ケントとして暮らそうとしてデイリー・プラネットに「出社」したときに本物と出会って戦闘となり、ロイスを連れて妹のルーシーの所へ連れて行った。
      • 追ってきたスーパーマンと再び戦いになり激突したときの爆発で体から出た白いほこりの霧がルーシーの視力を回復した。スーパーマンはビザロがそのためにわざと討たれたのかもしれないと思った。(このエピソードはオマージュとしてアース1の初代ビザロ・スーパーボーイの話を翻案して使用した)
    • Bizarro III(New Earth):男性/ドッペルゲンガー/ニュー・アース出身/ヴィラン
      • 本名はビザロ。
      • スーパーマンとは反対にクリプトナイトでパワーアップする。
      • スーパーマンとは反対に目から氷のようなビームを発射し、炎の息を吐く能力を持つ。青い太陽の元で「ビザロ・ヴィジョン」という新しい能力を得た。
      • Mr.ミックスイェスピットリックのパワーを99%奪ったジョーカーによって作られた世界から出てきた。
      • 他のビザロと異なり、スーツの赤いはずの部分の色が紫色になっている。
      • 善悪を逆に見て嘘や不正、アメリカ的でないことを守るために戦う。彼の言葉は考えの反対であり、人に挨拶をするときには「さようなら」、賞賛するときには悪口を言う。
      • 小さなビザロ・クリプトナイト塊を含む指輪をしていたときは正気で超知的になった。
      • 「孤独の墓地」に司令部を構えた。
      • シークレット・ソサエティ・オブ・スーパー・ヴィランズに参加したときに、ヒューマン・ボムを殺した。
      • ビザロ・ロイスと結婚し、新たな立方体型の惑星を作り出して住んだ。
      • キャンダーのメンバーによってファントム・ゾーンに入れられたがどうにかして脱出した。

Bizarro Junior/ビザロJr.

  • 男性/ビザロ/アース1出身/故人
    • 本名はビザロJr.・ナンバーワン。
    • ビザロ・ナンバーワンとビザロ・ロイスの息子。
    • 地球人そっくりだったために他のビザロに化け物扱いされ、地球の人工衛星に隠されて誤って地球に送られてしまうが時間がたって成長して顔がビザロのように戻ったので、また家族で暮らせるようになった。
    • クライシス・オン・インフィニット・アースズでマルチバースと共に消滅した。

Bizarro Superboy/ビザロ・スーパーボーイ

  • スーパーボーイの不完全なコピーとして作られた。
  • 能力はスーパーボーイに同じぐらいの力と耐久力、飛行、スピード、スタミナを持つ。
  • ビザロ・スーパーボーイは以下の3人が該当する。
    • Bizarro Superboy(Earth-One):男性/コピー/アース1出身/ヒーロー/故人
      • 本名は明らかになってない。
      • 最初に作成されたビザロ。
      • 偶然作成され、基本的に親切だったがパワーを制御できなかったため、スモールヴィルでスーパーボーイを含むほとんどの住民に脅威としてみなされた。
      • スーパーボーイの持つ壊れた複製光線の機械の金属に自ら突っ込み自滅したが、そのときの振動で彼の唯一の友人だった盲目の少女メリッサの視力を回復した。彼女はビザロ・スーパーボーイの顔を一度も見ることは無かったが、その優しい声から優しい顔があったに違いないと知っていると飛び去るスーパーボーイに語った。(このエピソードは後に翻案されてニュー・アースの初代ビザロにオマージュとして使用された)
    • Bizarro Superboy(Legion):男性/コピー/アース1出身/ヴィラン?/故人
      • 本名は明らかになってない。
      • 30世紀でビザロを作ったのとほとんど同じ複製光線によって作られたスーパーボーイのコピーの出来損ない。
      • リージョン・オブ・スーパーヒーローズのメンバーになろうとして断られたため、複製光線を使ってリージョンのコピーであるリージョン・オブ・ストゥパービザロズを作り、リーダーとなった。
      • 物事を逆に考えるビザロの論理で「正しい」ミッションを宇宙で行ったために混沌を巻き起こし、本当のリージョンから解散を求められ、スーパーボーイがビザロ文化にとってまったく価値の無い大きいダイヤモンドを貴重な石炭にできたら解散すると条件を突きつけ、エレメント・ラドがこっそり手助けして成功したため、「金持ち」になった彼らは満足してヒトラエ(ビザロの地球)へ帰った。
      • クライシス・オン・インフィニット・アースズでマルチバースと共に消滅した。
    • Bizarro Superboy(New Earth):男性/ニュー・アース出身
      • 詳細不明。



Bizarro Supergirl/ビザロ・スーパーガール

  • 女性/異星人/クリプトン人/コピー/アース1出身/ヒーロー/故人
    • 本名は明らかになってない。
    • 能力はスーパーガールに同じぐらいの力と耐久力、飛行、スピード、スタミナを持つ。
    • ビザロJr.が地球に送られ、スーパーマンが孤独の要塞で預かっているときに彼がいたずらした複製光線によってスーパーガールの不完全なコピーとして作られた。
    • ビザロに息子を返そうとするスーパーマンに反対して自分で育てようとしたが、ビザロ・クリプトナイトによって手放し、取り返そうとクリプトナイトの小惑星にいたところ、スーパーマンがビザロ軍団を追い返すために作っておいたビザロ・クリプトナイトで死亡した。

Black Manta/ブラック・マンタ

  • 男性/人間/アース1&ニュー・アース出身/ヴィラン
    • 本名は明らかになってない。
    • アフリカ系アメリカ人。
    • ゴッサムのアーカム・アサイラムの自閉症の孤児だった。アーカムの付添人が自閉症に対処する方法を知らなかったので、彼はベッドに拘束されていた。また、テレビでアクアマンを見たとき、少年は心を奪われた。
    • 少年によって実験的治療にかけら、その処理が少年の頭をきれいにするように思われたが、その結果彼を乱暴な状態にした。彼は科学者を殺して、アーカムから逃げ出した。
    • 大人になってスーツとハイテク潜水艦を設計した彼はブラック・マンタと名乗り、インジャスティス・リーグのメンバーとなった。
    • 彼の第一の目的はアクアマンを破って、自分のためにパワーを獲得することだった。
    • アクアマンの幼い息子を殺した。
    • ブラック・マンタは、後でより多くの力と引きかえに悪魔ネロンに彼の魂を売って、マンタと人間のハイブリッドに変わった。
    • 彼は新しいコスチュームを着るようになってからアクアマンを苦しめるのを止めて、その代わりにスター・シティーの彼の新しい基地から麻薬の密輸をした。ここでは、彼はグリーンアローとアクアマンによって反対された。
    • 後にレディ・オブ・ザ・レイクのヒール・ハンドでアクアマンを悪魔ネロンに変えられたマンタの姿を戻して苦しめられていた脳を生まれて初めて正常にした。残念ながら、マンタは粗暴な犯罪者のままで残っていて、パートナーシップの錯覚にアクアマンを和らげて、過程でシー・キングをほとんど殺した。
    • 以後の出来事ではブラック・マンタは、遺伝子の操作を使用して、水中呼吸者を作るのに被験者として使用された。これは成功しまして、それ以来、ブラック・マンタは海に戻って、もう一度アクアマンに面した。
    • 彼は、キャプテン・マーレイが重傷を負ったサブディエゴの騒動を引き起こした後に、怒ったアクアマンに殺されたようにみえた。アクアマンは様々な捕食性の海洋生物を召集して、ブラック・マンタを死者とみなして彼を攻撃させた。しかしながら、彼は彼のスーツで電荷を発生させることによって生き残ることができてインフィニット・クライシスの間に再び現れた。
    • 彼は、サブディエゴを占領したが、キング・シャークが1年後に彼の顔を食いちぎったとき、やむを得ず逃れた。
    • 彼はライブラのシークレット・ソサエティ・オブ・スーパー・ヴィランのメンバーである。

Bruno Mannheim/ブルーノ=マンハイム

  • 男性/人間/ニュー・アース出身/ヴィラン/故人(?)
    • 本名は同じ。
    • インターギャングのリーダーの1人。
    • 彼は、チャン=ツーがカーンダックに対して使用する兵器を組立てるのにオオロング島で科学者を使用するように任命した。
    • ブック・オブ・クライム(インターギャングの神聖な書物)に書かれた「カインの二度命名された娘」の残忍な殺人についての予言を実現するため、バットウーマン(キャサリン=ケーン)を誘拐して殺そうとして逆にナイフで刺された。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。