Uplink


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Uplinkを日本語化する時にヒントになりそうな情報を置いておきます。

基本

  • 拡張子が.datのファイルは、data.datを除き、全てrar形式の圧縮ファイルです。拡張子を.rarに変えて解凍することで中を見ることができます。

メッセージ

  • UplinkのメッセージはUplink.exeの中にバイナリとして埋め込まれています。
  • 編集するときはバイナリエディタを使う必要があります。大変危険な行為です。
  • バイナリ直接編集による日本語化の場合、原文の長さより日本語を長くすることはできません。

フォント

  • デモ版でも製品版でも、メッセージを日本語化(全角・半角カタカナ)しても文字化けします。
  • 半角カタカナが化けるのはUplink.exeが文字列をUnicodeで扱っているのが原因だと思われます。ただし、マルチバイト文字には対応していません。
  • フォントのUnicodeアドレス0xA1~0xDFに半角カタカナがマップされているTTFフォントを作成すれば、Darwiniaのような半角カタカナ化は可能です。
  • 下のスクリーンショットはUplink.exeの0x135700~0x13570Fを書き換えた例です。
hankana2.jpg