シンクロ召喚


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遊戯王OCGにて、第6期から登場した新たなモンスター、「シンクロモンスター」を召喚すること。
チューナーモンスターとそれ以外のモンスターを墓地に送り、墓地に送ったモンスターのレベルの合計と同じレベルのモンスターを召喚する。
アニメ「遊戯王ファイブディーズ」ではこのシンクロ召喚をメインテーマとしており、主人公の不動遊星を初めとする多くのデュエリストがシンクロ召喚を使用する。
OCGでも、チューナーさえ用意すれば簡単に強力なモンスターが呼べる汎用性から大会でも頻繁に利用されている。
カードのインフレが進む中で登場したカテゴリゆえか、全体的に強力な効果を持ったカードが多く、
ガチデッキにも投入されるカードも多い。
最近ではシンクロ召喚を主軸にした「アンデシンクロ」というガチデッキが登場。
その暴れっぷりから、シンクロ召喚自体がガチという風潮さえもある。
本家内でもそのことは言及されており、魔轟神ヴァルキュルスさんも「最近マジシンクロモンスター強いよなー」とため息(彼もシンクロモンスターだが)。
その一方で、アニメ内での遊星やジャックのカッコいいシンクロ召喚に魅せられ、シンクロ召喚をこよなく愛する闇のデュエリストも多い。
アニメではシンクロ召喚の際、RPGの呪文のような台詞を言う場面があることから、
シンクロ召喚のときにオリジナルのシンクロ台詞を叫ぶ者もいる。
また、シンクロモンスターの中にも効果を持たない「大地の騎士ガイアナイト」や「ナチュル・ガオドレイク」といったモンスターもおり、
これらがネタにされることもある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。