※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハトとカラス


かなり初期の作品ですが、一番これが好きと言ってくださる方がいてくれまして
うれしい限りです!
?進化してないってことかな?
悪いようには考えないでおこう♪

戦争が終わった町に男が一人

男は何もかも捨てさせられた。
だから何もかも捨てた
そんな男は ある少女と出会う

少女は記憶を持たなかった。それでも名前だけはもっていた
葉っぱの都「ハト」
名前も捨てた男に、彼女は言う
「カラス!あたしがハトで、あなたがカラス!ハトと、カラス、ね!」
真っ白な彼女が笑う
男はカラスも悪くないと思った
ハトと生きようと決めた

けれど戦争終焉後の世界は、悲しい。
相手をおもう気持ちと小さなすれ違いが

ハトをこの世の平和の礎に
カラスを世紀の大怪盗に・・・



全文が気になる方は、お気軽にメールまで!