Kacyou-RECORD


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2009年

2009-11-29
イルズイマ
アカモート
アナンタボカ
オブ
2009-11-22
オブ
ギギルン
アカモート
2009-11-15
ティガー
アナンタボカ
2009-11-08
マジュラエフ
ティガー
2009-11-01
マジュラエフ
オブ
ディー
2009-10-25
ラミアEX
アームドギアズ
ヴェルデレト
2009-10-18
ティンニン
ヌン
ラミアEX
2009-10-11
チガー
ヴェルデレト
ギギルン
2009-10-04
ゴトージャ
チガー
アームドギアズ
ウルガル
2009-09-27
ティンニン
イリズイマ
2009-09-20
アームドギアズ
ウルガル
2009-09-13
ディー
イリズイマ
ギギルン

2009-09-06
ゴトージャ
スタンx4枚でたりそう。
ワームアップ後、ガやグランドバーストが来る可能性が高いのでスタン対応を

ギギルン・・精霊多くないときつかったです。編成をほとんどいじくらないで
いこうと思った考えが甘かったです。(;´ρ`)

イリズイマ

2009-08-30
サーラメーヤx3
→コルセア:青ロールがあるとかなりダメージ軽減できてよさそう
 →イカも・・これで対応したほうがいいのかな・・
ギギルンx4

※徹底してください。PTリーダでりせきをされる方は、リーダを代わってもらって
PTから抜けてください。これをしないとものすごく迷惑がかかります。

2009-08-23
イリズイマx7
アカモートx2
→エリアチェンジする人のためにちゃんと通路の真ん中はあけるように
絡まれ役などが絡まれている時に一瞬リセキなどするようなことが
ある場合でも通路の端によるようにしてください。

ギギルンx7
2009-08-16
ブーボーロx3
obx1
ギギルンx7 (検証結果 報告後ほど記載予定)
0.トリガーをトレードするひとは、ギギルンと斜め前に対峙するような位置取りに
これが向きを調整しやすい位置取り?詳細はまったくわからないが・・w

1.トリガートレード者が沸かせ、トリガートレード者とギギルンが対峙した場合
→トリガートレード者につっこんでいく。

2.トリガートレード者が沸かせ、盾がフラッシュをかける。
→盾の横を素通りしていく または 盾の向いている方向と逆の方向ににげることがある

3.トリガートレード者が沸かせ、盾がフラッシュをかける。そのあと、ギギルンが
逃げるコースをブロックする。(ブロックする人はだれでもいい)
→盾の向いている方向と逆に逃げる。


1.よりヘイトがないと、誘導できない。
2.、3.よりヘイトを稼いだあと、視線判定をしてるいるのかどうかわからないが、
ブロックするとブロックするPCの向いている方向と逆に移動しているようにみえる。
∴3の方法がだいぶ確実なのかなぁ・・・

アナンタボカx2
反省点:
  • コース順序の選定
  • 行先マクロ、誰がみても分かるものを用意する?(あれば、道がわかりません
が減っていくとおもうので・・・(;´ρ`))HPには・ROUTEに・書いてるんだけど・・
みてないかたが・・ほとんどのようです。○| ̄|_

2009-08-09
サーラメーヤx3
ノスフェラトゥx2
2009-08-02
サーラメーヤx4
<ルーチンWS>
戦闘開始から一定時間経過すると、下記のルーチンが約2分半の間隔で開始される。このルーチン中はスタン無効となる模様。「咆哮」はログの表示されない動作のみの技で範囲ヘイトリセットとなる。
HP25%まで:咆哮→ユルレーション→ファイガⅢ→マグマホプロン→咆哮
HP25%以下:咆哮→ユルレーション→ゲーツオブハデス→マグマホプロン→咆哮
☆HP25%以上ならユルレーションがきた後で逃げても問題なさそう
☆HP25%以下の場合、咆哮で逃げないとまずい

<注意するアビリティなど>
連続魔をHP85%、65%、50%、25%、10%時の5回使用される。この連続魔は魔法だけではなくWSも含めた連続攻撃なので注意すること。
ゲーツオブハデスは通常使用が25%以下となっている。このためこれ以降に与TPが多くなると範囲内に大ダメージが連続してくることになるためオススメできない。残り4分の1を切りそうになったら物理はWSのみにとどめた方が良いだろう。ルーチンに入ったら咆哮モーションが見えたら後衛は退避し、盾でハデスを食らうようにしよう。

<弱体関係> 反省点 スリップ魔法の回数がやたら少ない。→継続していれるようにしましょう。
REPからの考察
ポイズンブレスがはいっているため、・・ポイズン2しないのはどうしてだろうか?
ポイズンブレイス 3hp/3sec
ポイズン2 10hp/3sec
→今後ちゃんといれるようにしましょう。

黒精霊弱体で、フロスト、ドラウンがはいっているため 継続してスリップを持続させましょう。

アナンタボカx2

2009-07-26
Nosferatu(ノスフェラトゥ)
  • トリガートレード場所近くには、モルボル、チゴーがいるため、チゴーだけ
掃除。モルボルは普通に回避できるため放置
  • 強化吸収があるので強化魔法はできるだけ少なくしておき、もし吸収されたらフィナーレを打つことが重要。同様にドレッドスパイク時も速やかにフィナーレが必要。

  • 視線判定で死の宣告となる「断罪の瞳」は残り3割から来るため、少なくとも後衛は常時後ろ向きで戦うこと。もし宣告状態になったら聖水やカーズナを連打しよう(ミスすることもあり)。

  • 与TP・・・・与えすぎ・・・・控えめになってないけど・・(;´ρ`)

<雑魚の呼び出しについて>
本体はある程度の時間ごとに以下の3種の雑魚のうち1種類を3体呼び出す。この雑魚は決まったWSを同時に使用してすぐに消滅するが、それに呼応して本体が特殊技を繰り出す仕組みとなっている。但し本体の召喚動作中にスタンさせることで召喚→雑魚WS→本体WSを封殺することができる。スタンは累積耐性がつくため、このときのみに使うのがセオリーとなる。但しレジ率が高いため雷杖程度は装備しておくことが望ましい。
Nosferatu Wolf:ダーティークロー(単体ダメージ)>ブラッドレイク
Nosferatu Bats:ジェットストリーム(単体3連撃)>ノスフェラトゥキス
Nosferatu Murk:偃月刃(単体ダメージ、命中率ダウン付加)>デコレーション
→だれも・・スタンで止めてなかった気がします。今後は止めるような対処で行ってみましょう。3体だけ出てくる場合、通常時雑魚呼び出し、6体呼び出し時アストラルフロウと覚えておきましょう。

<アストラルフロウについて>
本体は[SP]アストラルフロウを1度だけ行うが、その時は通常の召喚時に呼ぶ雑魚を3種×2体呼び出し、かつ通常時とは異なるWSを使用させる。また、本体が呼応して行う特殊技は必ず「ウイング・オブ・ゲヘナ」となる。一連の流れは相当のダメージ量となるため、雑魚WS時・本体WS時とも回復は充分かつ迅速に行い、盾役はHPブースト、後衛は近寄らない、ストンスキンを張っておくなど対策をしておくことが重要。
Nosferatu Wolf:メタンブレス(火属性ブレスダメージ、病気付加)
Nosferatu Bats:タービュランス(風属性魔法ダメージ、空蝉消滅)
Nosferatu Murk:跳狐斬(空蝉消費型前方範囲ダメージ、スタン付加)
→これで・・よくちんでたので、注意して敵の雑魚数で判断しましょう。
このときだけ6でます。

ノクトサービチュード(前方範囲魅了、コウモリ化。HP30%以下で使用。使用前に引き寄せを行うことあり。)
→大量に魅了されたことがありましたが、視線判定など関係ないですね
注意しましょう。盾は、NMを壁に向けさせるようにすること

次回からは死人がすくなくていけますように・・(;´ρ`)
2009-07-19
◆サーラメーヤルート
3step
金敷のブーボーロー 残り
2ステ アナンダホガ

2009-07-12
  • 金敷のブーボーロー(初なのでまとめてみました)
エリア付近まで引っ張って行う方法を採用。
シはパウダーブーツを使ってからまれる。洞窟前あたりで、パウダーブーツの
効果がきれるので、再度アビティのとんずらを使って、G-6,7のエリアチャンジ
をおこなう。シが絡まれている間、トリガーでNMを沸かし、ナイト、赤、詩人
などでG6,7のエリア付近まで引っ張る。
引っ張り終わったら戦闘開始
NMは、エモ―ション:勝ちどきを上げたエモを実施したのち、2-3秒後で雑魚を召喚します。
雑魚は後衛ジョブがディアガ、スリプガなどで、タゲをとってエリアチェンジを行います。
盾は、吶喊(範囲防御・魔法防御ダウン)をもらったあとに、オーバースローをもらってしまうと
即死なので、すぐに@@などで防御ダウンを治すようにしましょう。
ただし・・オーバースロー(HP10%以下の時通常攻撃の代わりに使用)になるため、この状態のときは
ゴリ押しするかしなさそうです。

  • アカモート

2009-07-05
アカモート(初なので、まとめてみました)
  • エリア付近まで引っ張ってきてやる方法を選択

  • からまれ囮をするため、待機しているひとは、道をあける
また、すこしりせきをしているひとはからまれて走ってくるのを予想して
予め道をあけるようにしてください。ぼーと真ん中にたったままのひとがいるので注意を

  • 雑魚POP 幼虫のときは寝かせ対処 → 成虫 エリアチェンジ

  • わざわざ狭いスペースで盾がキープする必要があるのか?
(いっかい広いスペースでやりましょうといったが・・・効果なし・・話きいてるの?)
→回復やりにくいきがするけど・・・・もっというと・・・だまし、不意打ちやりにくいいんですけど・・・・

2009-06-28
レーヴァテイン完成おめでとう
アナンタボガ
オブ
ギギルン

2か所同時にしないと時間がきつくなる部分がでるため今後どうするか検討が必要
同じエリアならロット関係は問題ないが、違うエリアだと管理する人が
さらに一人必要になります。そのため、現状・・さぼりだけだと・・・無理になります。
※ステップ1,2 限定になりそうです。3以降はさすがに時間が・・かかりすぎるので却下。

2009-06-21
ティガー4連戦
盾位置が重要これだけは徹底するように
トリガー・・・まったく出ません・・○| ̄|_
2009-06-14
オブ
ヌン
ラミアーEX

2009-06-07
ウルガル・・・・次回から違うとこいったほうがいいかも・・・インプとか
アナンタボガ・・・・敵のWSを止めるほうを最優先

2009-05-31
ラミアEX
チガー

2009-05-24
ティガー4連戦
前回からの変更点
HPが半分になるまで、アタッカー(前衛による攻撃)
半分以下アタッカーと赤、詩人、コ 入れ替わり
盾ナイトも殴り禁止、召喚削り、主体・・・シはこっそりだまし作業
気になった点:詩人がナイトに対して歌をかけるのはいいが、敵のWSが
実行されている最中に歌をかけるのはやめてください。
またWSとWSのタイミングと射程範囲を感覚で覚えてください。
そうしないと無駄にダメージをもらってしまいます。

戦闘時間 1戦あたり 15分程度
八竜篭手が連続で出るが、トリガーのほうは・・でない・・orz

2009-05-17
現地までの移動:勝手に先に進むのはやめてください。
指示された場所で待機するように・・・

ティガー
課題:与TP、配置、PT編成、スリップなど

○与TP:HPが50%以下になったら、アタッカーは下がるとの指示があるにもかかわらず
まったく下がらない人がいます。ちゃんと指示を聞くように、
今後同じようなことをするのであれば、Kickすることもありますのでご了承願いします。

テネブラスミスト(敵中心範囲TPリセット)が多いため、通常削りの弱いアタッカーは、
一旦離れてTPをためることを考えて動いてください。このWSのおかげで、あまりTPがためれて
いません。


○配置:ナイト3で殴る意味がわからない。そうするのであれば、
ナ1の代わりにアタッカーをいれるほうがまし。
またターゲット占有率も,Cナイト> A+H ナイト
なのでA+Hナイトで殴るほうが効果的に思われます。


次に配置ですが、段差を利用してノックバック対策をしているのにも関わらず、
段差と違う方向にノックバックされているひとがいますので配置に注意を

ト:トリガートレード場所 ボ:ボス ナ:ナイト ア:アタッカー
後1:後衛1
後2:後衛2(フルミネーション対策パラナ要員 フルミネーションが届かないところに配置)

配置
ーーーーーーー段差
ーーーーーーー|ーー後1ーーー後2
ーーーーーナア|ーー後1ーーー後2
トーーーボーー|ーー後1ーーーー
ーーーーーナア|ーー後1ーーーー
ーーーーーーー|ーーーーーーー
PT編成
フルミネ対応のスタン要員を4名以上?
召要員

○スリップ弱体など
パライズ、ラスプが入るところまで確認済み
召喚の履行は、天候変化に合わせるほうがいい?
水の天候マーク時、いいダメージがでてました。


2009-05-10
ヌン:ごりおし
スリップをかけると以下のWSを発動するため スリップ禁止
おくび(前方範囲静寂+悪疫、3回セットで使用)
セイズミックテール(範囲特大ダメージ、蝉複数消費型)
ヒプニックランプ(視線範囲睡眠、ダメージでは起きない。)

ラミアEX:ボスキープと側近処理ができ、ベリーダンス対策ができれば○だが
視線判定で魅了されるひとがいるため、ボスの位置と側近の位置注意
ベリーダンス(視線判定範囲魅了。雑魚が倒された時に使用。)
こんな感じで配置すればいいのかな・・・(;´ρ`)
後:後衛、側:側近、ボ:ボス、盾:ナイト盾、ア:アタッカー
ー後後後後後
側アーーーー
側アーーーー
側アボーー盾
ーーーーーー

上記の図より向きだけ追加すると
ー↑↑↑↑↑
→←ーーーー
→←ーーーー
→←→ーー→
ーーーーーー
これだと・・ベリーダンスがきても・・特に問題なさそうですね・・

その他:
同じLSの人同士でポイント譲渡はできるのか?
+ 2009-04
+ 2009-03
+ 2009-02-22
+ 2009-02-15
+ 2009-02-08
+ 2009-02-01
+ 2009-01


2008年

+ 2008-12
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。