※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラグナロクは細い身体を二つ折りにするようにひと掴みに拘束すると
もう片方の手で器用にクロナの裾をまくり、白い尻を露わにした。
「やっ、やめてよラグナロク苦しいっ」
クロナの悲鳴も構わずラグナロクは太い指でクロナの秘裂を左右に割り開き柔らかい肉ひだをこね回し、押し広げようとする。
「やだっ裂けちゃうよお…」
「裂けやしねー!」
まだ力なくうなだれる子供のような白いペニスを乱暴に擦り上げ
長い舌を蛇のように下半身へ伝わせ焦らすかのごとく内腿を舐った。
「あ・ああ やめて…」
「これはお仕置きなんだからよぉ 喜ぶんじゃねーぞクロナ」
肉厚な舌で赤く裂けたようなスリットと小さな陰茎を一度に舐め上げると
クロナの唇から引きつった声が上がる。
「やめて、やめておかしくなっちゃう」
「いつものことじゃねーか」







著者コメント

ふたなりってこんなでいいの?