※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 屈辱的だ。実に腹立たしい。ろうそくの明かりは暗くて、ようやく輪郭が判る程度。
 「あは、死神くん、なんか、足がぬるぬるしてきたよ?」
 短い髪がゆらゆら揺れて、重たくて野暮ったい修道服のスカートから伸びる素足がおれを蹂躙している。
 「こんなことされて、なんだい。浅ましい」
 吐き捨てるときに使うようなセリフは、みっともなく浮かれて弾んでいた。
 かかとを薄く浮かせて何度か踏みにじるようにされ、腹に性器が埋まる。柔らかく小さな足だ。
 きっと明るい場所で見たらさぞ傷だらけなのだろうな。
 ぎちぎちに張り詰めた性器の裏側に押し付けられた足の裏はざらざらとしていたから。
 「恥ずかしくないの? 死神のくせに」
 低く震えるような笑い声を聞く。
 おれはこの暗い部屋をありがたく思った。
 こいつの表情をもし見ていたなら、きっと、どうにかなってしまっただろうから。
 ぽたぽたと温かい水が振る。
 頬に降って来たそいつを一掬いして口に含んでみた。
 実に、腹立たしい。
 己の無力が。


 「ねえ、何で逃げないの? 死神だったら空とか飛べるんでしょ」
 まだ温い雨は降っている。
 「僕のこと蹴り飛ばして逃げればいいじゃないか」
 それともラグナロクが怖いの? とそいつが聞いた。
 ああ、確かに脅威だな。お前の背中から這い出す大男のパワーは侮れん。
 おれは特に何も返事をせずに荒い息を吐いては吸い込む。腹に食い込む己の肉にいらつく。
 喉がいがらっぽい。口の中がすっかりカラカラになっていた。
 さっきまで、あまりの苦痛にとめどなく唾液が出ていたというのに。
 「それともこうされるの好きなの」
 声も出ない。ぐっと腹に力を入れて耐えた。意識が薄れそうになる。痛い、痛い、痛い。
 「足がべチョべチョになっちゃった」
 つまらなさそうな声が聞こえて、少しの沈黙、少しの容赦。
 「舐めて」
 鼻先に暖かな温度が生まれて、それから臭気。思わずうっと声が出た。
 「はは、なんだよ。自分が汚したくせに」
 ため息とも吐息ともつかない震えた声が聞こえて、ふっと鼻先で空気が動いた。おれは思わず、その暖かい物を両手で掴んで舌を這わせた。
 「なっ!」
 苦い。渇いた喉に最悪の感触。だが吐き気は意地で飲み下した。
 指に。爪に。踝に。短い指を開いてその間も舐める。もっとよだれが出ればいいのだが。掠れて引きつる舌が面倒くさくなって、唇を擦りつけた。思ったとおり、傷だらけだ。
 「ちょ、ちょっと!なにやってんだよ!それ、自分のあそこ踏んでた足だぞ!」
 ガガガ!と椅子が床を引きずる音が聞こえた。犬のように丹念な舌運びで舐める足の先の闇が何故か少し怖いと思う。
 「や、やめろよ!気色悪い!」
 身を捩っているのだろう。ばたんばたんと音がしている。あああ、と艶っぽい声。
 おれはただ足を舐める。
 だんだん仰け反っていくのが面白かったから。






著者コメント

 みたいなのもいいと思ったけど変態呼ばわりされるから黙っとく。