※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

録音環境?

声を録音する環境によって音質に大きく差が出ます。
低音質での募集はなかなか応募もかからないと思われますので、
最低限の知識を身につけ、設備を揃えましょう。

パソコン

録音以外にも、編集、コラボ相手との連絡手段にも必要です。

オーディオインターフェイス

簡単に言うと(パソコンが)音を入出力するためのものです。
元々パソコンに申し訳程度のものは内蔵されていますが、
パフォーマンスが低く雑音が入ったり音が小さかったりします。
これがいわゆるマイク直刺しという状態です。
拡張で内蔵型のものもありますが、よく分からない人は
USBの外付けタイプをオススメします。
ノイズ減、アンプ機能や、ものによってはエフェクトをかけられます。
購入時に編集ツールが付いてくるものもあります。
価格帯は10000円~と少し高いですが、
普段パソコンで音楽を聞く分にも音質が向上するため、
買って損はないと思います。

マイク

音を拾うためのもの。ダイナミックタイプとコンデンサタイプがあります。
どちらでも構いませんが、コンデンサタイプは衝撃に弱く壊れやすいので買うときには注意が必要です。
基本的には「ボーカルマイク」という表記のものを選べば良いと思います。
amazon.co.jpでaudio-technicaのAT-X11というダイナミックマイクが
定価の割に比較的安価で手にはいるため、使っている人は多いそうです。
雑音を軽減するために「ポップガード」を合わせて利用しましょう。

編集ツール

音を録音して、加工するためのものです。
音圧を上げたり、リバーブをかけて聴き映えを良くしたりします。
無料のものと有料のものがあります。
フリーで有名なあたりがSoundEngine Free 、Audacity等。
編集なんてできないよ! という人はMix職人を捜して頼みましょう。


その他

PCを介さずとも、ICレコーダーやMP3プレーヤーで録音はできます。
その辺の話は2chの
「もっと丁寧に録音、うpの仕方おしえれ!」スレでも参考にしてください。