|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2008年09月09日/TDSだけじゃない、もうひとつの浦安の魅力

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
元町には、かつて山本周五郎によって日本のベニス?と
謳われたディープで魅力的な風情が今も残っています。


埋め立てられる前は、
この辺りが浦安のウォータフロントで 潮が引けば、
4K先まで歩いていけるほどの
広大で豊かな干潟が出現したそうです。
(ほぼ現在の新町の先までってことですね)
これは、9/7に行われた境川を昔のきれいな川に戻そう!
というイベント(うらやす河童村)で実演された投網。
(細川流投網保存会の皆さん)


昔はこの川で子供たちが泳ぎ、
お母さんたちは米を研いだそうです。

そんなきれいな川に戻したいですね。


ちなみに、境川の水をきれいにするためには、
締め切っている2つの水門を開ける必要があると言われています。
防災と自然、昔から人間に与えられた大きな課題でありジレンマですね。


カテゴリ: [境川] - &trackback- 2008年09月09日 12:59:17

#blognavi