Ventrilo


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ventriloの導入について


Ventrilo概要

Ventriloとは、高音質でラグの少ない音声会話ソフト(VC)です。
特徴として高音質、ラグが少ない、メモリを占領しない、CPUを使わない、夢のようなソフトです。
上記の理由で、様々なFPSでのコミュニケーション使用されます。特にクラン戦等では重宝されます。
また、Ventriloは簡単、手軽にサーバーを立てることができ、ポート開放さえできれば特別な知識も要りません。



Ventriloの用意


まずVentriloのバージョンですが、必ずVentrilo2.1.4を用意してください。
なぜ2.1.4かと言うと、最新版では色々と制限があるからです。

また、バージョン2.1.4は、 下で配布しています。
ダウンロード
※Windows標準のZIPアーカイバーソフトでの不具合報告あり。Lhaplusでの動作確認済み


インストール


ダウンロードしたファイルをアーカイブし、Ventrilo-2.1.4-Windows-i386.exeを実行してください

適当に はい なり 次へ なり押して進めてください

とりあえず 完了 にたどり着けばインストール完了です。

ちなみに日本語パッチ入れるならディレクトリくらい覚えておいたほうが得です


日本語化(英語がわからない人、慣れてない人向け)


インストールしたVentriloのディレクトリを開き
デフォルト(C:\Program Files\Ventrilo)

適当に日本語化パッチを落としてください

ventrilo214_japanese2.zip
↑ダウンロード

落とした日本語化パッチをアーカイブし、Ventriloのディレクトリに入れてください。

後にディレクトリ内でventrilo214_japanese2.exeを実行してください。

成功すれば日本語化は完了です。失敗してもがんばって理解すれば使えます。


初期設定

とりあえずサーバーの選択なのですが、サーバーはメンバーがインしている時に聞いてください

図1
インストールが完了し起動すると上記の図のような画面が表示されます。
(日本語化パッチ導入済み)
上から一番目の -> をクリックすると ユーザー名 を作成することができます。


図2
図1設定(Option) をクリックし 左半分 は上記と同じような設定にしてください。
右半分 に関しては、環境によって異なるので、多少画像とは違いが出るかも知れません。
又、音量に関しては他人と打ち合わせながら、調節をしておいて下さい
最後に グローバル のタブを開き、 新しいバージョンが見つかったら知らせるオフ にしておいて下さい
以上で設定は終了です。質問はコメント欄にて・・・
※プッシュトークを使うは オン に、効果音を再生するは必ずチェックを オフ にしてください。



図3
サーバーの設定です。
上から二番目の -> をクリックし、サーバーの設定ダイアログを開いてください
上記にもある様にサーバーはメンバーに聞いてください。

新規 をクリックすると作成することができます。

Mohimeのサーバー (ポート番号に注意!!)
ホスト: mofile.myftp.org
ポート: 63482
パスワード: なし
★ドメイン変更!!★
ドメインが変更になりましたとさ。


いずみのサーバー
ホスト: izumi.no-ip.org
ポート: 3784
パスワード: 管理者の希望で伏せてあります。
「パスワードはテルヨフ又はIzumiを名乗る方に聞いてください」

何れもクランメンバー運営のサーバーですが、他クランや他ゲームの人がいる場合があるので
クランメンバー以外との者との不用意な交流や、迷惑行為はやめましょう


準備完了


ここまで異常がないことを確認したのちに接続(Connect)をクリックし、接続できれば成功です。
ダイアログが表示されれば失敗です。
だめなら他の人に聞くなり下で質問するなりしてください。

以上です。

誤字、脱字は下のコメント欄にて


コメント、質問

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。