※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォーリアオブライトフリオニール


キャラクター間の相性

ウォーリアオブライト側視点

地上戦

  • 相手がガード(バッシュ)主体ならばデイフラ等の近接攻撃とSoLで二択を迫れる。
  • 基本的にWoLの攻撃は横回避に弱い。
  • ウェーブは両者とも回避が間に合い、かつ反撃を受けないので牽制以上の意味はあまりない。
  • ソードスラストは対策があるので過信しないこと。

空中戦

  • 相手の空中戦能力が低いだめガード等で読み負けしない限り有利。
  • フリオの空中技は突進系のものが無くSoLは刺し難い。(相手の魔法と同時に発動したときだけ刺せる)
    フリエアを狩るくらいしか用途が無いので封印しても良いかも知れない。
  • 迎撃は各種ブレイブ攻撃で行うこと。相手の魔法攻撃は硬直が少ないため見てからでは迎撃が追いつかない場合もある。
  • 相手の正面に出るメリットはないので上下からの攻めを徹底すること。

対地

  • 空中に引きずり出したいなら斧とサンダーの射程外からレディアントぶっぱ。
    ただし先出しアローで牽制されたら刺し合いの泥沼になるかも。
  • クロスの当たりを遅らせるテクニックがどの程度有効かは未検証。
  • 基本的に下盾で相手の隙を狩っていくスタイルが安定。

対空

  • ほとんど無い組み合わせ。
    空中まで追いかけたほうが絶対的に有利なので追いかけよう。

全般

  • 回避狩りアローはSoLでスルー。


フリオニール側視点

地上戦

  • ナイフの最適な間合いではSoLの反撃を受けない。
  • バッシュは相手が不用意な攻撃を仕掛けてきた時以外使うこともあまり無い。
    但し相手への牽制として見せておくのは良い。
  • 距離を置いてのアローも牽制として出していける。
    距離が近い場合はNG。
  • ソードスラストはバクステ>バッシュ。密着からでもこれで対処出来る。

空中戦

  • 相手にガード以外で対抗できる技はソードブロウとブロウのガード読みでMoAくらい。
  • バッシュの為のファイアを撒いて相手の動きを観察することも出来る。
  • 相手がEXでなくとも自分から空中に出るメリットは殆ど無い。
    下手に空中に出る必要も無いので距離をおくときに空中に出るだけで良い。

対空

  • 基本的に下盾の硬直は狩れない。ビタでバクステしたら槍が刺さる程度。
  • 近距離ではバクステ推奨。
    密着以外ならSoLも盾も食らわない上に、SoLの硬直にナイフが刺さる。
    • バクステ以外だと硬直の関係でバッシュが機能しないので。
  • 遠距離以外での斧は死に技。
    基本的に張り付かれるので斧は外してもいいかも知れない。
  • 地上ブロウでの牽制は有利。相手が釣られたらバッシュも可能。
  • ナイフを出すと下盾に判定勝ちで美味しい場面も出来たりするがあまり期待は出来ない。

動画




評価投稿用フォーム

  評価方法についてを参照し、それに添って投稿してください。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る