ダライアス外伝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダライアス外伝



 TAiTOの代表作、ダライアスの3作目。1994年アーケード発。3画面2画面がウリだった前2作と違い、本作は1画面構成で通常筐体で稼働。そのため、ストーリー的には2の続編だが外伝を冠している。完成度は非常に高く、タイトーお得意の擬似3Dや幻想的なBGMから非常に人気は高く、特に後半のとあるボスはSTG史に名を残す存在である。
 前作及び、タイトー性STGの定番として、ステージ分岐によって大変ボリュームのあるつくりになっている。ステージによってボスや面構成が違い、同じ見た目でも思考パターンが違うために全く違う攻略方法を必要とするボスも存在する。そのため、ルート次第で難易度は急変すると言う特徴を持っている。
 時機は前作同様シルバーホーク(別機体)。攻撃方法はショットとミサイル、ブラックホールボンバー。アイテム習得によってショットとミサイルは強化され、ショットは白弾→レーザー(貫通)→ウェーブ(地形貫通)→多重ウェーブへ。ミサイルは小型落下ミサイル→大型落下ミサイル→上下ミサイル→上下後方ミサイル→後方ミサイル前方上下誘導ミサイルへと強化されていく。最大まで強化された自機は全STGにおいてもかなりの攻撃性能を誇る機体へと成長する。ブラックホールボンバーの威力も高く、使用時は自機が無敵になる事も相まって、ボム発動中の0距離射撃は敵の大型戦艦を一瞬で破壊する事ができるほど強力である。


攻略

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。