プランプポップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プランプポップ



 1988年にTAiTOがアーケードで出したブロック崩し。最早クソゲーと言う事すら憚られる搾取ゲームである。
 自分の子供をトランポリンで弾ませ、上空に浮ぶ風船やボスを倒すのだが、このゲームの味噌は子供の上昇・落下スピードにある。これが尋常ならざるほど早い。単品ゲームの速度を説明するのは大変難しいのだが、最速時でロックマンのロックバスター(通常時の弾)と同等と言えば解るだろうか。じゃあ自分はでかいのかと言うとそれも違う。例えて言うならば、画面と自機の比率はドラゴンクエストのスライムと言ったところか。
 とにかくアホがつくほど子供を落とす。3機失うとゲームオーバ。無限コンテニューその場復活なのでゾンビクリアはできない事は無いが、これが元々アーケードで出ていたのだから恐ろしい。脱衣麻雀最初の相手が天和(てんほう。配られた時点で役が出来上がっており、即勝ちとなる事)するのに匹敵する搾取具合である。
 こんな物が1988年アーケードではまかり通っていたのかと思うと、今現在のアーケード激戦時代は訪れて当然、自分達でばら撒いた種と言える。

 所有者の「搾取ゲームがある」の一言からプレイ開始。ああ、これはなんと素晴らしい搾取だ。ゲーセンが潰れて当然だなと納得しつつ電源を切る。

戦果

 第二回 :  敗北(匙投げ)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。