超魔界村


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超魔界村


 カプコンが何を狂ったのか作り出した超難易度アクションゲーム、魔界村の3作目。
 従来の魔界村シリーズはアーケードからの移植が基本であったが、今回は据え置き機であるSFCが元となっており、アーケード版は存在しない。
 そのためコンテニューシステムは『ある一定以上ドル袋を集めると増える』と言う方式である。効率良くドル袋を集める場所でコンテニューし続ければゲームオーバーになる事は無いが、そうでない場所では物凄い速度で削られていく。
 魔界村伝統の「最終ステージに到達したらもう一周を強要される」は継承済み。しかも武器縛りをしてくる為、二週目の強制送還ステージの難易度は尋常ではない。
 このゲームを高難易度にしている理由はアーサー(主人公)の操作性の悪さにある。彼は上方向に攻撃できず、空中での操作が効かず、足を踏み外すとそのまま真下に落下して行く。移動していない状態から横方向にジャンプするのも難しく、横ジャンプ中に後方を向いて攻撃するのも一筋縄では行かない。おそらくステージ構成事態は他のアクションゲームに比べると劣るものの、彼が挑戦するからこそ高い難易度に仕上がっているのであろう。アクションゲームにあるまじき「真っ直ぐ飛ぶ武器が少ない」という部分も難易度上昇に貢献している。

 徹ゲー第一回のメインとして登場したが、「これなら夜前にクリアできるだろう」と言う考えがおごり高ぶりであったかのごとく立ちふさがる。ボウガンの力で行進するも、2週目7ステージボスの腕輪縛りの前に屈服し、酒に逃げて一人ダウン。
 第二回は予定外の挑戦となったが、これも前回同様2週目7ステージ腕輪縛りで屈服。今回は酒に逃げなかったが、「これはムリだ。今の俺達ではムリだ」と結論付ける。

戦歴

 ・第一回  : 敗北
 ・第二回  : 敗北(二週目7ステージボス)

攻略

 魔界村シリーズ武器一覧
 超魔界村を攻略するに置いて欠かせない鍵、それはやはり宝箱だろう。状況に応じて必要な武器を入手したり、失った鎧を補充したり。果てはクリアに必要な腕輪を手に入れるためにも必要である。
 超魔界村では宝箱は基本的に隠されている。出現方法はシンプルで「アーサーがとあるポイントに移動する事」である。今更ではあるが、問題はそのポイントの場所である。ただ普通に歩いているだけで出る場合もあれば、敵と交戦中に偶発的に出てくる事もある。だが、それならまだ良い方で、中には自ら溶岩にダイブしなければ出て来ないと言う、死に直結しかねない出現方法まで存在する。
 自ら死ぬ危険性へ飛び込む。これがこのゲームを攻略する鍵となっている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。