用語:DB


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • MVS:汎用大型コンピュータ用OS
→IMS:階層型データベースシステム
→DB2:関係型データベース・システム
  • オンラインシステムを実現するソフトウェア
→CICS
→IMS/DC
  • DBMS:データベース管理システム
  • 適用業務:業務用と言い換えることができる
  • 視点:必要な情報だけを集めて作った仮想の表

  • 静的SQL:プログラムの中にあらかじめSQL文を組み込む
  • 動的SQL:プログラム実行時に端末から入力するSQL文

  • HSAM:階層順次アクセス方式
  • HISAM:階層索引順次アクセス方式
  • HDAM:階層直接アクセス方式
  • HIDAM:階層索引順次アクセス方式

  • 基本索引:物理データベースを作成するときに指定されたキーに基づいて作られた索引
  • 副次索引:基本索引とは違った順序で作る索引。従属セグメントを入り口とすることができる

  • センシティブデータ:DL/Iがデータベースを取り扱うとき、使用しても良いデータ

・関係型データベース

・対話式
→試行錯誤ができる
→思考の連続性が保たれる
→エンドユーザーが使用できる
・対話式操作環境
→DB2I
→QMF
・報告書やグラフも簡単に
・非定型業務、分析、予測などに有効
・変更が多い業務

・階層型データベース

・データの従属関係がわかる(ex:家計図)
・重複するデータを持つ必要がない
・膨大なデータの中から必要なデータだけを選択して処理する
・情報システム部門が管理(コンピュータの専門化向き)
・定型業務向き
・データ構造が安定
・パフォーマンス要求が高い適用業務

セグメント

・セグメント:階層型データベースの単位→さまざまなフィールドから構成
・根セグメント(ルートセグメント):一番上に位置する
・従属セグメント:あるセグメントに従属するセグメント
・親セグメント:あるセグメントから見てすぐ上のセグメント
・子セグメント:あるセグメントから見てすぐ下のセグメント
・セグメントレベル:上から順にセグメントにレベルをつけて呼ぶ。根セグメントはレベル1
・データベースレコード:1つの根セグメントとその従属セグメントの集まり

  • DL/I:IMSのデータベース機能を持つプログラムモジュール群
  • DBD:データベース記述(データベース名、セグメント名などが入ってる)
  • PSB:プログラム仕様ブロック(データベース名、データベースの処理方法、センシティビティーの指定など)
  • PCB:プログラム連絡ブロック(PSBの中にある。適用業務プログラムが処理する論理データ構造の使用可能なデータの範囲が示されています)
  • 処理機能
→取り出し
→挿入
→置換(更新)
→削除
  • CALLステートメント
	  機能コード
・GETNEXT   GN	次のセグメントの取り出し
・GETUNIQUE  GU	特定のセグメントの取り出し
・INSERT   ISRT      データベースを作成または追加
・DELETE      DELT      データの削除
・REPLACE     REPL      置換(更新)
  • 順次処理によるセグメントの取り出し
上から下、左から右へ
  • 特定セグメントの取り出し
セグメント名 (フィールド名 比較演算子 比較値)
ex)SKILL (GINO = A)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。