例外


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ArrayStoreException:不正な型のオブジェクトをオブジェクトの配列に格納しようとしたときはじく

  • IllegalArgumentException:不正な引数、または不適切な引数をメソッドに渡したときにはじく

  • try{}の中に例外の発生しそうなソースを書き、catch{}の中に例外処理を書く

  • try catchの後にfinally{}を作ると、例外の有無にかかわらず、最後に処理されるソースを書くことができる

  • throwは独自の例外を作りたいときに使う

  • Exceptionに投げたときにエラーメッセージを持たせたい
  throw new Exception("エラーメッセージ");

  catch(Exception e){
    System.out.println(e.getMessage());
  }

  • 独自のエラーを作る
  メッセージを持たせるのと持たせないのを作りたい
  public class NantokaException extends Exception{
    public NantokaException(){
      super();
    }
    public NantokaException(String message){
      super(message);
    }
  }
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。