文字列操作


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

String型をint型に変換

int num = Integer.parseInt(str);
try catch(NumberFormatException)で囲むとStringの中身が数値以外の時はじく

文字列の長さを返す関数 length();

int len = str.length();

文字列を比較する関数 equals();

boolean torf = A1.equals(A2);

文字列を追加する関数 append();

StringBuffer sb = new StringBuffer(str1); //str1は追加される方
sb.append(str2);			  //str2は追加する方

文字列を挿入する関数 insert();

StringBuffer sb = new StringBuffer(str1);
sb.insert(5,str2); //追加したい場所までの文字数
英語も日本語も1文字と数える

StringBufferをStringに変換する関数 toString();

String str = sb.toString();

文字列の指定された位置の文字を入手

String str = "abcd";
char c = str.charAt(0);
c = 'a'となる

文字列の指定した位置からのコピーを入手

String str = "abcd";
String str2 = str.substring(1); //substringのsは小文字!!
str2 = "bcd"となる

数値を文字列に変換

String str = Integer.toString(3);
または
String str = String.valueOf(3);

"abcdef"のうち"abc"までをコピーしたい場合

String str = str.substring(0,3);

String型はnullで初期化する

String str = null;

switchの条件文にString型は使えない


int型をString型に変換

String str = String.valueof.(num);

文字列の生成について

文字列をループの中でString str = str + " ";をするとstrというオブジェクトとstr + ""というオブジェクトができる
だからメモリが足りなくなる!!→StringBufferで付け足す。
Stringは不変オブジェクト

特殊な文字列について

"\\"は1文字とカウントされる
"\\"だとStringのsplit()が使えない
  →"\\u005c"にすると使える

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。