James in JBoss


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

導入の流れ


「すべてのバージョンに共通」

  • $JBOSS_HOMEにJamesを配置
  • $JAMES_HOME/bin/libにJMXLauncher.jarを配置
  • $JBOSS_HOME/server/defalut/deployに以下の3点を配置
  ①$JAMES_HOME/bin/phoenix-loader.jar
  ②phoenix-service.xml(バージョンの記述を変更)/下記のサイトからダウンロード
  ③JMXLauncher.jar/下記のサイトからダウンロード

  • $JAMES_HOME/conf/kernel.xmlを編集
<component role="org.apache.avalon.phoenix.interfaces.SystemManager">タグの
class属性の"Noop"を"Hosted"に変更 

「James2.1.3 JBoss3.2.3」

  このまま起動してOK

「James2.1.3 JBoss4.0.5」

  • $JBOSS_HOME/server/defalut/libに以下の2点を配置
  ①$JAMES_HOME/libの全ファイル
  ②$JAMES_HOME/bin/lib/phoenix-engine.jar

「James2.3.1 JBoss4.0.5」(使用不可?)

  • $JBOSS_HOME/server/defalut/libに以下の3点を配置
  ①$JAMES_HOME/libの全ファイル
  ②$JAMES_HOME/bin/libの全ファイル(いらんかも)
  ③$JAMES_HOME/tools/libの全ファイル
   *ただし、大量のエラーが発生
    また、Eclipseのプラグイン上でJBossを起動しないと×
    ↑Eclipse上で起動してもダメだった。WEBアプリをデプロイできなくなる。

[ダウンロードサイト]



[備考]

  • Jamesのconfig.xmlでポート番号を変えるとエラー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。