※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Official - MySpace - E-Metallum

THE SILVER IMAGE


アメリカのプログレッシヴ・メロディックメタルバンド、Suspyre の 1st。何度か私は「アメリカには良いメロディックメタルバンドが少ない」と書いてきましたが、Symphony X、Kamelot、そしてこの Suspyre …そろそろこの意見は撤廃しなければならないかもしれません。

ところどころ、あー Symphony X っぽいなぁとか、Dream Theater っぽいなぁとか思う部分も無くはないですが、「Symphony X そのもの」という感じではなく(悪例:Time Requiem…いやアレはアレで素敵ですが。)、ちゃんと「Suspyre らしさ」へと昇華している感じがします。

曲の話をしますと、まず Symphony X「Paradise Lost」を思わせる(こっちの方が先に出てますけど)シンフォニックなインスト曲から始まり、プログレとメロディックメタルの絶妙なバランスを見せる曲だけでなく、プログレ側に寄って怪しげなメロディを聴かせてくれる曲、逆に思いっきりクサいメロディを聴かせてくれる曲、バラード曲など、なかなか隙の無い構成になっています。敢えてこのアルバムに文句をつける所があるとすれば、#12「Seguirai」を何度見ても「シグルイ」に見えてしまうことと、#5「The Breath Of Gloria」の「Gloria, Oh Gloria」という一節が「ゴーリラ、Oh ゴーリラ~」と聴こえてしまい、クロ高みたいな光景を思い浮かべてしまったことくらいです。要するに曲にはなんら文句がありません。

なお、こんなにカッコいい曲を作れる人たちの ↓ PV が 超絶にカッコ悪い のは、メタル七不思議の一つです。

レビュー:猫と重金属


a great DRIVEN


そんな Suspyre の 2nd。前作と比べ全体の完成度とプログレ度が上がっています。

特にプログレ度はかなりのものです。ただでさえ「コンセプトアルバム化」という それだけでプログレ度が50%増になる秘技を使っているというのに、それだけでは済まないプログレっぷりです。

プログレというと全体的に長曲志向で、例えば同国の Symphony X「The Divine Wings Of Tragedy」のタイトル曲は20分越えの大曲ですが、このアルバム最長曲は#4「Galactic Backward Movements」(ちなみに曲名も一番長い)の9:50と、世間一般的に見れば長曲ではあるものの、The Divine Wings Of Tragedy には見劣りします。…が、それは単に長さだけで比較した話。この「Galactic Backward Movements」が凄いのは、インストであるという事。10分近いアルバム最長曲がインスト!実に凄いプログレぶりです。(「プログレ」という言葉を何か間違った使い方をしている気がしますが、それはきっと気のせいです。)

ともかくそんなわけで、Symphony X や Dream Theater あたりが好きな方にはなかなかオススメできる一枚です。

レビュー:猫と重金属


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

最近の更新

取得中です。

メニュー


本家


リンク