※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Official - E-Metallum

Remnants of a Tormenting Black Shadow

メタル世界征服計画とか言っている本人が 全然未征服の国に手を出さないのもなんなので買ってみた、アフガニスタンのブラックメタルバンド。

アフガニスタンですよ、アフガニスタン。イスラム原理主義者の大勢いるアフガニスタン。もう北欧ブラックも裸足で逃げ出す反キリストです。…と言いつつまだ歌詞をちゃんと読んでいませんが、神がどうたらいう記述がある事はなんとなく解ったので、きっと凄い反キリストな歌詞なのだと思います、多分。

曲的には、とにかく遅い。ブラックメタルといえば ブラストビートなどを用いた速い曲が多いですが、このバンドはとにかく遅い。系統的には BURZUM に代表されるような陰鬱ブラックというヤツでしょうか。

そしてその「遅さ」が作り出す寒気は、アフガニスタン産だというのに 並の北欧ブラックでは太刀打ちできないレベルです。エコーがかった音がとことん寒気を感じさせます。この手のブラックメタルが好きならば、かなりオススメできる一枚です。

ところでこの手のバンド( BURZUM とか Xasthur とか Nortt とか)に独りバンドが多いのは何故ですか。一緒にバンドやってくれる友達がいないからこんな音楽になっちゃったんですか。

レビュー:猫と重金属

回答

th559lt/ (2008-02-13 (水) 12:11:27)

そんな人もいるかも知れませんが、要するに好きなように、出来るからだと思います。自分もバンドやっていたけど、凍りました。ギターで曲るんですが、弦一本、適当にはじき、その音聞いた瞬間聞こえた次の音を組み合したりして曲になってゆきます。少なくとも自分の場合はそんな作り方が多いいです。コードなんて二の次です。研ぎ澄まして集中したり、遊んだりして、いい曲に仕上げます。いい曲だからこそバンドに出します。しかし、それを他のメンバーがここはスラッシュッぽくとか、doomっぽくなんて言っていじくり回します。そして出来上がったのは、もう別の曲です。いい曲が出来上がるなんて事は、ほとんどありません。よくあるような曲、どっかのバンドの亜流のような曲ばかりです。black metalばかりでなく凄いオリジナリティーの出てるバンドは、ほとんど1人の人間が曲を作り、それがそのままバンドの音になっている事が多いいと思います。だから下手にメンバーともめながら、やりたい事もやりずらいなら、1人でやった方がマシです。それが分かっているから1人でやってるんじゃないでしょうか。今は機材有りますからね。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
添付ファイル

最近の更新

取得中です。

メニュー


本家


リンク