凱旋 MARCH

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Official - MySpace - E-Metallum

闘魂行進曲

日本が誇る漢メタルバンド、凱旋 MARCH の 1st ミニアルバム。ソロプロジェクトのアルバム発売に合わせて再生産されたようで。

結論から言うと素晴らしい。いや、素晴らしすぎる。

#1「闘魂行進曲」は 1st フルにも収録されているので置いておくとして。#2「鷲羽ばたく太陽のもと」に早くもノックアウトです。Aメロのバックコーラス「Eagles flying under the rising sun」でまずダウン。そして続くBメロ「生き抜く為に 戦場へ挑む 我の力を信じて…」で歌詞とメロディのコンボにまたもダウン。そしてサビで当然のごとくダウン。3rd ダウンで完全KO勝ちです。しかし間奏がまた素晴らしくてダウン。 #3「炎を上げて」も良いです。曲だけだと #2 の方が好みですが、歌詞と合わせた時の破壊力はこちらが上かもしれません。日本語詞というものをナメてはいけません。「男なら炎を上げて生き様を貫いてみろ!」 #2 #3 は疾走曲でしたが、#4「突進、一撃」はミドルテンポ。しかし熱さは決して消えていません。そして #5「ブルースカイ青雲」は一転爽やかな曲に。ああ、素晴らしすぎる。

そしてこの素晴らしい 1st ミニを聴いた事で、逆に 1st フル「大行進」が今まで以上に好きになりました。だって、#2 とか #3 とか #4 とか #5 とか(あ、全部だ。)がこんなにも素晴らしいというのに、それを(恐らく「アルバムの統一感を高める」という理由で)バッサリ切り捨ててしまったなんて!なんという勇断!

1st フルは1曲1曲を見ると「ミニの方が良かったなぁ」と思ってしまうかもしれませんが、全体の完成度は素晴らしい事になっています。持っていない人はこれを機にミニ&フルの購入を!ミニorフルではなくミニ&フルで!

カラオケに凱旋 MARCH 入らないものか。「鷲羽ばたく太陽のもと」歌いたい。

レビュー:猫と重金属

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
添付ファイル

最近の更新

取得中です。

メニュー


本家


リンク