第四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

?:・・・ふっ、ついに奴らが動き出しやがったか。

一同:!?

魔里人:だが心配いらねぇぜ。
俺が坊主だ。獣ども、覚悟しやがれ!

  • 坊主:一日一回、特定の人が人間か獣かを判別できる程度の能力

文太:ふふふ、やってくれましたね。

魔里人:何だよ新聞屋、気持ち悪いな。

文太:事件発覚直後のカミングアウトですか。
確かに貴方が獣役なら、他の獣と事前打ち合わせしてる時間はない。
そんなリスクを起こしてまで、坊主を騙る理由がない。

魔里人:だろ?
だから俺が坊主確定ってことで・・・

文太:でも、自分の立場をアピールしたい裏切り者の亡者って可能性はある。

  • 亡者:獣の生き残りが勝利条件のため、場をかき回す程度の能力

魔里人:ほぉ、その証拠は?

文太:私が本物の坊主だからですよ、偽坊主さん!

一同:な、なんだってー!!

魔里人:・・・あはは、そりゃ面白い。
どっちが本物の坊主か、白黒はっきりつけようじゃないか。

文太:望むところです。

散乃:あのー

魔里人:なんだよチビ、俺たちゃ忙しいんだ。

文太:どうしました、チルノくん。

散乃:二人には悪いけど、どっちも偽者だよ。

魔里人:はぁ?

文太:チルノくん、まさかそれって・・・

散乃:うん、ボクが本当の坊主なの。
だから二人は獣か亡者のどっちか。

魔里人:おいおいおいおい・・・マジかよ。

文太:チルノくん、怒らないから正直に告白しなさい。
今なら、ただの悪ふざけで許してあげますから。

散乃:ちがうもん!本当にボクが本当の坊主だもん!!
ねえ、にーちゃんは信じてくれるよね?

霊司:え、その・・・

魔里人:もちろん霊夢・・・じゃなかった、霊司は俺の味方だよな?

文太:レイジくん、こんな不良の言うことを信じるんですか?

魔里人:へん、ガセネタを連発してる新聞屋なんか信用できるかっての。

文太:だ、だれがガセネタですか!
い、今の言葉は心外です!撤回しなさい!!

魔里人:お、やるってのか?
殴り合いならいつでも相手になるぞ。ほれほれ!

校長:ええい、だまらんかバカども!!


一同:・・・はい。


校長:まったく、今は喧嘩してる場合じゃないだろう。
ええと、坊主が三人カミングアウトしたわけだが
他の役職はどうだ?巫女はこの中にいるか?

  • 巫女:一日一回、亡くなった人が獣か人間かを判別できる程度の能力
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。