「encounter(H)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

encounter(H)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 |GENRE|TITLE|ARTIST|bpm|notes|CLEAR RATE|
 |DRUM'N'BASS|encounter|猫叉Master+|190||n%(yyyy/mm/dd)|
 **攻略・コメント
 
+- 序盤の連続皿同時と、後半からの同色階段ラッシュが難所。千年の理(H)終盤のようなハマりやすいタイプではなく、純粋に密度に耐えられるかどうかになる  -- 名無しさん  (2018-03-14 20:52:24)
 #comment()
 
 // クリアレート遷移(分析用。上のレート更新時に古い方をこっちにコメントアウトで)
 // m%(yyyy/mm/dd)