アリアンロッド・サガ ベルクリフ戦記 粗筋 > 第2話
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2話『黄金のゴーレム』


王女を追ってきた軍を秘密裏に排除したホワイトシルエット。
その結果、国賊として国に追われることとなった。
イリアに対しても更なる追手がかかる。

ロバートが国外への亡命を提案するも、
王女は首を縦に振らない。
彼女にはこの国で成し遂げねばならない責務があった。
一人だけ国を逃げ出すわけにはいかなかったのだ。
とはいえ、打てる手もない。
何とか打開策はないか、模索しながらも時は無常に過ぎていった。

そうして手をこまねいているうちに悲劇が起こる。
軍による民間人の殺傷事件が起きたのだ。
民は軍をよしとせず、既にイリアのために戦っていたのであった。

それを聞いて戦う決意をするイリア。
ついに決戦の準備を始める。

まず、足止めのために国宝であり国防の要と言えるオリハルコンゴーレムを起動することと決めた一行。
エリクシールが盗んだ後、別ルートで捌いた天使の像が実はそのゴーレムの起動キーだと知った一行は
レッドクリフの闘技場の景品となっていた天使の像を勝ち取り、ゴーレムの起動へ向かう。

だが、すんなりと話は終わらなかった。
道中で王の手の忍者に襲われ、あわや全滅かと思われたが、
カイラの機転により難を逃れ、転送石にて一路ゴーレムの元へと向かったのだった。