アリアンロッド・サガ ベルクリフ戦記 粗筋 > 第1話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1話『白い闇狩人たち』


シャハール王国。
ベルリール王国の崩壊と共に出来た国である。
物語はこの国の王都で始まる。

この国には、一人の聡明な王女がいた。
名をイリア。若干12歳ながら、国政を動かすほどの発言力を持つ少女である。
その冷静な目線は、戦乱覆うこの大陸を見据え、国を継いだばかりの兄の力となっていた。

だが、そんな兄の様子がおかしい。
父の時代から尽くしてくれていた側近を入れ替え、
軍事力の強化に力を入れ始めた。

不審に思い、警戒する王女。
その王女が命を狙われた。
王女の寝室に現れた刺客から何とか王女を助けた従者カイラは、
王女を連れて国境近くの砦、ベルクリフ砦へと逃げることとなった。

ベルクリフ砦。
この砦は、国境沿いに建てられているにも関わらず、人を相手にすることを目的としていない。
20年前、そして10年前に起きた魔界へのゲート開放事件から
この地に現れるようになった魔族・妖魔を退治することを目的とする砦である。
10年前の事件、通称セカンドを生き延びたジャスパーを団長とするベルクリフ傭兵団がこの地で警護に当たっていた。

王女が王都を逃げ出した頃、ベルクリフ砦では幹部会が開かれていた。
王女がこちらに向かっていることを知り、砦としての対応を協議していたのである。
激しい議論の結果、王女を迎えいれることが決まる。
幹部であるロバート、シルバー、そしてリカルの懐刀、イーガルが王女を迎えに行くこととなった。

時を同じくして、シャハール王国を賑わす怪盗軍師、エリクシールが動き始める。
想いを寄せる王女イリアの窮地を知ったエリクシールは、白い装束を身にまとい夜の街を舞った。



裏街道を抜け、一路ベルクリフ砦を目指すイリア王女一行。
そこを何者かが襲い掛かる。
間一髪間に合ったエリクシールとロバート一行は、
イリア王女を連れてベルクリフ砦へ向かった。

ベルクリフ砦で彼らを待ち受けていたのは、
イリア王女を連れ戻すためにシャハール王国が軍を派遣したという情報だった。

イリア王女が戻ればこの国に未来はない。
ベルクリフ砦はイリア王女に味方することとなった。

そして、秘密裏に軍を撃退し、イリア王女を護衛することを目的とし、
イリア王女の私設部隊、『ホワイトシルエット』が出来上がった。

白い装束を手に、軍の撃退方法を考える一行。
進軍している敵将の裏手に出る道があるという情報を手に、街へ情報収集に向かう。

街で資金と情報と地図を手に入れて、f.o.eの待つ遺跡へ向かう。

f.o.eと追いかけっこしながら進む一行。

イガールの弓とカイラの魔法が敵を一網打尽にする。
エリクシールの指揮で敵の先手をとって移動する。
シルバーとロバートが皆を守る。

初めて組んだとは思えない抜群のコンビネーションで遺跡を突破し、遺跡を抜けた先にはシャハール王国に仕える軍師の姿。

白いタキシードとシルクハットに身を包み、奇襲をかける一行。
瞬く間に敵将を討ち取ると、すぐにテレポートにて姿を消した。
これによってシャハール王国軍は瓦解し、王都へ戻っていった。

後の世に『白い闇狩人』事件と呼ばれるこの事件こそ、
『ホワイトシルエット』の名が歴史に刻まれることになった最初の事件である。