※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

経口ステロイド剤(プレドニン、メドロールなど
[大量投与で現われるもの]
  • 感染しやすい(抗炎症・免疫抑制)
  • 糖尿病
  • 精神症状
  • ムーンフェイス・中心性肥満

[長期投与で現われるもの]
  • 副腎機能の低下
  • 骨粗しょう症
  • 胃潰瘍 高脂血症・高血圧
  • 筋力低下・筋肉痛
  • 白内障・緑内障


ボルタレンサポ
  • 腸への負担が大きい為、腸管ベーチェット症状のある人は使用を控える、または注意する必要がある。