出社が楽しい経済学 > 第2回 「機会費用」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



キーワードは「機会費用」。ある選択をすることで失われる、ほかのメリットを、経済学では「機会費用」と考える。例えば出張先で1時間もバスが来ない時、タクシーに乗るか、そのままバスを待つか迷うことがある。そうした場合、経済学では、優秀な人間なら時間を節約するのは妥当だが、無能な人間は、おとなしくバスを待つべきと判断する。「機会費用」の考え方は人の行動だけでなく、施設や備品など、あらゆるものに応用できる。解説は経済学者・吉本佳生さん。



関連書籍




申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。
申し訳ありませんが、recent_page_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。
閲覧数
合計: -
今日: -
昨日: -
行動経済学@wiki トップページ -


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。