翔 75 BLxTZFPG0

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/09/03(日) 20:07:53.36 BLxTZFPG0

初めまして。長々とお邪魔します。

俺-翔(つばさ)は明日、16歳になると同時に女になる。

結局童貞を捨てられなかったわけだが、捨てられなくてもいいや、
そういう決断になったからだ。
そして性別が変わった事は、よほどの事が無ければ周囲に打ち明けないつもりだ。

男がこの問題にぶち当たるのは小学5年生からになる。
だって、小学生1・2年の時なんて、男女を区別するイメージはないから。
だから実際「男って、女になっちゃう事あるんだって!」は、
都市伝説のようなジョークにしか聞こえなかった。
だからこそ大人も、男女の区別がはっきり付くような年齢になってから
教える事にしているようだ。

10歳から6年ほどの間で、生涯の決断をつけなければいけない。
小学生の頃はまだまだだと思ってのんきなものだ。
でも中学生になると途端に焦りが生じる。数年しかない事が追い討ちをかける。


79 名前:75 投稿日:2006/09/03(日) 20:10:33.13 BLxTZFPG0

俺には5歳年上の兄貴がいるので、この問題については結構早くから考えるようになっていた。

母さんは、本当は女の子が良かったらしい。そこに兄貴が生まれた。
待望の第2子の俺も男だった。
そこで。女としてでは無いが「ほら翔。綺麗な花だね」とか
「翔、フリフリのお洋服、可愛いわよね」と常に話しかけてくれ、
そう思うように育ててくれたのだ。
ただ、年子の第3子が長女だった。女性的な心の教育対象は妹に移った訳だが、
中途半端に育てられた俺は、どちらかと言うと兄貴より妹や母さんと
仲良くなった。年齢のせいもあると思う。

だがそれが幸いしたのか、学校の女子が次第に、何かと相談に来るようになった。
女心が分かる男となったわけだ。それが決断の理由の一つだ。

父さんや母さんは、女の子と一緒に居るから、もう済ませたものだと
思い込んでるらしい。
下心がない事を知って相談に来るのだから、女子とやる状況はなかった。
もし何かあれば状況に流されるつもりだったが、長年の信頼(?)のおかげか縁が無かった。


87 名前:75 投稿日:2006/09/03(日) 20:13:55.25 BLxTZFPG0

顔の造型は不細工ではなく、男というより女っぽいので、そんなに変化は
ないだろうと思う。声も現在ちょっと高めだ。
先に、デブで不細工だった田中が女になったのだが、美少女になった。
外見に面影は無い。
女に近い造型の俺が、まさか逆転して”アマゾネス”とあだ名が付くようには
ならないと思う。思いたい。
どうでも事いいが、もともと話し相手がいなかった田中は、女になったのを
いい事に、最近話しかけてくるようになった。
中身は変らない様で、今度出るフィギュアはいいだの、あのエロゲは可愛いだの。
とりあえず。俺はそんな趣味は無いから、聞く振りをしてる。

あとは胸のサイズだが、母さんも妹もブラなんていらない量しかない。
そこに詰め物してる。
婆ちゃんも、小さい頃、一緒に風呂に入った時見た記憶では無かった。
なんとかごまかせそうだ。

あと運がいい事に、学校にプールが無いから授業に組み込まれない。問題はなさそう。


89 名前:75 投稿日:2006/09/03(日) 20:15:31.74 BLxTZFPG0

男のままか、女になるか、という話を男友達とした事もある。
女とやる楽しみを味わわないのもな、って意見も出たけど、
噂ではオナニーの方が気持ちいいって言うことだし。
逆に、女の方が感度高いとかいう噂だ。
もしかして人生で両方味わえるかもしれないって事じゃないか。
…そりゃ俺だって男だから、そういう所も抜け目なく考えた。

そういった上で俺は決断したので、誕生日前日もいつも通りの1日を過ごした。
晩飯食って、だらだらテレビ観てて、さて、もう寝ようかなと考えてた時だった。
「翔!春休みだからって、夜更かししないで、早く寝なさい!」
「今寝ようと思ったとこだよ。母さんはいっつも間が悪いよな」
ちょっとムカッときて、おやすみ、とぶっきらぼうに言ってから自分の部屋へ向かった。

いつも通りの毎日だった。部屋の私物も変わる事は無い。
変わるのは自分だ。
不思議な気分がする。どうなるのか不安で、ちょっとワクワクもする。
「とりあえず、今日でこいつともお別れか。じゃ最後にオナっておきますかwww」
何か吹き払いたい気もして、妄想の世界に入る事にした。
そして疲れ、深い眠りに入った。


92 名前:75 投稿日:2006/09/03(日) 20:17:11.36 BLxTZFPG0

目覚ましがなった。
仰向けになりながら、いつも通り右上にある目覚まし時計を止める。
…なんだか、身体が重い。
そういや田中もだるいとか言ってた。女に代わったその日だけだとも。
こんなに身体が自分の物じゃないような感覚するなら、春休みで良かったかも、
誕生日。

ぼーっと考え、そういや顔はどうなったのかと、一番気になる部分を確かめたくなった。
ちょっとだけなら何とかなるだろうけど。髪は、長くなってたら切ればいいだけだ。
よっこいしょと上体を起こす。
とたんに、ぐらっと前のめりになる感覚があった。
『な、なんだこれ!?』
一瞬、何が起きたのか分からなかったが、引っ張られる反動で、原因を直視する事になった。
「あーーーーーっ!!!!!」
信じられなかった。もうダメだ。俺の計画は丸つぶれだ。

視線の先には、だぼだぼだったはずのトレーナーを圧迫するほどの巨乳があった。

俺は、ばけものになったのか!?そんな事考えてしまうほどだった。
なんとなく手に乗せてみたけど、なんだこれ?なんだこの脂肪の塊!!


96 名前:75 投稿日:2006/09/03(日) 20:18:55.20 BLxTZFPG0

しばらく頭の中は、出口の見えない迷路を巡っていたが、ようやく、
これは前向きに考えるしかない。という出口を見つけた。
もうこうなったら女になったと家族に言おう、それしか道は無い。
女として生きることになったら、それに従おうとも考えてたはずだ。諦めよう。
もしかしたら、母さんに相談したらいい方法があるかもしれない。
そうだよ、女としての歴史が長い母さんに聞いてみよう。

とりあえず顔は昨日とあまり変わらない感じがする。
目がちょっとおおきくなったかもしれない。
手鏡を机の上に置く。問題は胸だけのようだ。
気付くと、脈が速かった。決断したはずなのに、動揺は抑えられないらしい。
『妹が見たら、欲しがるかもしれないな』…とか、ちょっと馬鹿な事を考えて、
落ち着こうと試みる。ダメだ。部屋を出る勇気が足りない。
古典的だが、大きく深呼吸して、そうしたらその勢いで部屋を出よう。

大きくゆっくり息を吸う…ゆっくり息を吐く…

吐いた時、視線は自然と床を映していた。
その視線の端に、昨晩処理した時のゴミが映った。


100 名前:75 投稿日:2006/09/03(日) 20:19:51.06 BLxTZFPG0

「…!あーーーっ!!!ちくしょう!!!」

思わず叫んでいた。なんだか腹が立ってきた。
ちくしょう、誰のせいでこんな目にあわなきゃいけないんだ!
その怒りの勢いのまま、俺は部屋のドアを開け、廊下に踏み出た。

「…さっきからうるさいんだけど。徹夜明けの身にもなれよ」

左の部屋から、思いがけない声がした。兄貴、なんで今家にいるんだよ!?
今日は平日だろ!?いつもは仕事中だろ!?
頭の中でぐるぐる考えが廻る。
母さんに会う前に、兄貴には元同性として会いたくなかったのに。

「…。お、お前…その姿!?」

兄貴のぼーっとした表情が豹変する。
とっさ的に胸を両手で隠したけど、これは隠しきれるものじゃない。

「…お前、女になったのか…」

こくこく、思わず何回も頷いた。

550 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 14:24:08.66 TMoee9+C0

100の続き失礼します。長くなりそうです。まだ終わりません(汗
もういらないと思った人は、そうレス下さい。あとまだ日中なので(ry

「とりあえず話しきこうか?」
「は、話す事なんて無いよ!」
頭を掻きながら、兄貴は俺に近づいてきた。思わず後ずさるが、すぐドアにぶつかる。
「家族の1人に問題が発生したのに、話しは無い、は無いだろ?」
「か、母さんに!まず母さんに相談するんだよ!兄貴寝てろよ」
「残念ながら、今俺とお前2人しかいないんだ。で、お前の部屋入っていい?」
妹と一緒に出掛けた…2人しかいない、が頭に引っかかった。
逃げられない、そんな想いが。
「ちょっと待てよ。お前、何逃げてんの?俺が襲うとか思ってる?もしかして」
確かに、兄貴の視線が怖かったもある。なんか身の危険感じて…。
「バカ。エロマンガとかの読みすぎ。
 胸がでかいだけで、顔はほとんど変わらない弟に欲情するかよ」
その言葉を聞いて、なんだか顔が熱くなった気がした。
結局、兄貴は俺を部屋に戻し、俺の部屋に入り込んできた。ドアは開けっ放しだった。


551 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 14:25:47.66 TMoee9+C0

なんで童貞を捨てなかったのか。俺は兄貴に、失敗したこの計画を伝えた。
「とっくの昔にやっちゃってると思ってたよ。女といつも一緒だったし」
「女の子とは、相談に乗ってただけだよ」
「いや。相談乗ったついでに、雰囲気に流されたりとか。無かったのか?」
「無かった…でも、相談をしにきてるんだから。
 そんな風にこっちが思うのは悪いし…」
「まったく。経験少ないからそうなるんだよ」
経験少ないと、現在”男”な兄貴に言われて、俺はムカッときた。
「経験無くて悪かったね!いつも違った女の子連れてる兄貴とは違うんだよ!!」
「バカ。その経験じゃねぇよ。人生経験のこと。女とのやり取りとかの事だよ」
時々あくびをしながら、そう返してきた。

「人生経験?」
「そ。でも、まだお前ぐらいの年齢じゃ無理かもな。駆け引きとか分かんねぇだろ」
なんのことか、ぴんとこなかった。
「女とやることだけが恋愛とかじゃないから」


552 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 14:27:51.25 TMoee9+C0

なんだかさっきから、あちこち視線を移しながら話している兄貴。
久しぶりに入った弟の部屋を見てるのかと思ったら、どうもタバコが吸いたいらしい。
もちろん俺は吸わない。吸いたいんだったら、早く帰れよ、と思う。

さっきから、兄貴は俺の結果についてしか意見してこない。
そして人生経験とか、分かったような口ぶりで話してくる。
たかが5歳年上じゃないか。
「そういや、お前。女の子を好きになった事はあったの?」
「あるよ…」
俺は言いながら、下を向いた。なんだか身体がだるい。
「好きって、ままごとの事じゃなくて、こいつを守ってあげたいとか、
 そういう好きだけど?分かる?」
「もうどうでも、いいじゃんか。
 俺のこれからには、女の子と、付き合うと…か…」
「おい、大丈夫か!?悪い。無理させてたよな。…寝てろ」
眩暈のような感覚も出てきて、もう我慢できなかった。
兄貴の言葉に誘われるまま、俺はベットに潜り込む。


553 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 14:30:10.85 TMoee9+C0

近くから人の気配が消えた気がする。兄貴は部屋を出て行ったのか…。
目を閉じ、朦朧とした意識の中で、そう思っていたが、
「おい」
兄貴の声がした。俺はうっすらと目を開く。
「ほら。一応、水分取っておけ」
ストローを刺したコップが視線に入った。口にストローをあてがわれると、
俺はなんとなくストローを吸った。
冷たい水が身体に染み渡る。ちょっとだけ気分が楽になった気がした。
「…どうも」
視線をストローから兄貴に移す。なんだかにやけてる兄貴がいた。
「?」
「可愛いよな」
「!」
な、何を言い出すんだ?兄貴!?
しかし突然の言葉に、なんて言っていいのか。言いたい言葉が思いつかない。
そんな俺の考えに気づいているのか、いないのか、兄貴は言葉を続けた。


556 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 14:31:35.44 TMoee9+C0 
「昔を思い出したよ。お前が風邪引いたりした時、看病したよな。
 俺にも、弟がいたんだよな…」
言い終わった兄貴は、ちょっと寂しそうな表情になった。
「…とにかく寝てろ。お休み」
俺の口からストローを外すと、兄貴はあくびしながら、部屋を出て行った。
ドアの閉まる音がした。

兄貴の気持ちがよく分からないまま。
俺の意識は再び朦朧としてきて、気が付いけば、深い眠りに付いていた。

838 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 23:32:49.09 TMoee9+C0

(*´・ω・`)ノ >>556の続きです。

次に意識が戻った時には、部屋の色はオレンジ色を帯びていた。
かなり長い時間寝ていたおかげで、気分はすっかり良くなっていた。
俺は上体を起こした。
巨乳は相変わらず、俺の胸にくっ付いていた。
「…」
思わず、ため息のような物が口からこぼれる。

俺は、見ていた夢を思い起こしていた。
小さかった頃の思い出が出てきた。寝る前に、兄貴があんな事を言うからだ。
風邪を引いて寝ていた時に、兄貴が看病してくれた、その時の一幕だった。
あの時も同じように、ストローで水、くれたんだよな。
ものすごい高熱が出た時だった。弱々しい意識の中でうっすらと、
兄貴に風邪がうつったらやだなと思ったっけ。

…そういえば、兄貴とちゃんと話したのって何年ぶり、だったのかな…。

気づけば、テレビの音がかすかに聞こえる。
母さんと妹、帰ってきたのか。
俺の部屋はすっかり青みを帯びた色に変わっていた。


840 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 23:33:39.73 TMoee9+C0

部屋のドアを開ける。俺の好きなハンバーグの匂いがした。
誘われるように1階へ降りる。
降りて右に曲がった時、手をかけた振動で棚に飾ってあった写真立てが倒れた。
「…あれ?翔ちゃん、起きたんじゃない?」
リビングから妹の声がして、俺ははっと立ち止まった。
俺、今妹に会って、この姿見られたら…どうしよう!?
そんな俺の考えに答えを出す間もなく、リビングのドアが勢い良く開いた。
「…。ママー!翔ちゃん起きたけど、やっぱり凄いよー!」
ドアと同じぐらいの勢いでリビングから出てきた妹と目が合った。
と思った次の瞬間、同じぐらいの勢いで戻り、リビング奥のキッチンに
向かって大声をあげていた。

俺は、写真立てを直す事も忘れる程、その場面の理由を探し、立ち尽くしていた。
「翔ちゃん?」
気づけば、母さんと妹が、リビングのドアから俺を見つめていた。
「…うん」
母さんの声にそう答えると、なんとなくばつが悪くなり、俺は下を向いた。


841 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 23:35:14.02 TMoee9+C0

「翔ちゃん、まだだったんだー」
妹は、俺に冷えたお茶を注ぎながら言った。
「…ありがと」
俺はリビングにある3人がけのソファに座っているにもかかわらず、
友達の家に行ったみたいに、小さくなっていた。
「翔ちゃんって、女の子になりたかったの?」
隣に座りながら、妹が聞いてきた。
ちょっとぐらい聞き方ってものがあるだろう、そう考えながら、
受け入れられてる状況に戸惑いつつ、
「違うよ」
とだけ答えた。
「ふぅーん」
良く分かんないや。そんな色を持たせた言葉をはくと、妹は自分に
注いだお茶を一口飲んだ。
俺も流されるようにお茶を飲んだ。
さっきからの緊張を流すかのように、冷たいお茶は胃に入っていった。
そういえば、お腹空いたな。
一食も食べてない事を思い出し、更にハンバーグを思い出すと、
急に食欲が沸いてきた。


843 名前:75 投稿日:2006/09/04(月) 23:37:37.75 TMoee9+C0

「それにしてもさぁ、ママと映画見終わったら、私の携帯に駆兄ちゃんから
 メール着ててさぁ。翔ちゃん女になったーって。びっくりしたよ、ほんと」
俺の気を気遣ってるつもりなのか、ちょっと声のトーンを上げながら、
早口で”こっちの状況”を話してきた。
おかげで受け入れられてる状況は分かったけど、でもそれを聞いたら、
また緊張が蘇ってきてしまった。
「慌てて電話したら、髪伸びてるとか、胸でかいとかなんとか言ってて…」
「ふ、風呂入ってくる!」
俺は居たたまれなくなって、立ち上がる。
「翔ちゃん…」
そこに母さんの声がして、思わず振り向く。
「もうすぐご飯だから。今日は好きなハンバーグよ」
その声はちょっとうわずってて。
俺はそれを聞くと頷くしか出来ず、そしてリビングを後にした。


15 名前:前スレ75 投稿日:2006/09/05(火) 09:22:54.38 L/JOIE3P0

前スレ>>843の続きです。お風呂編。

逃げるように入った風呂だが、ちょっと後悔した。
いつものように替えの服を持って、いつものように脱衣所で脱ごうとしたが、
そこにある鏡により、ほぼ全身を見る事になってしまったからだ。
髪の毛は耳よりちょっと長い位まで伸びていた。顔は手鏡で見たのと同じで
変わりは無いが、胸が…。

思い切って上を脱ぐ。引っかかる感じがめんどくさい。
生々しい物が現れて、俺はちょっとドキドキした。女性の胸なんて、
エロ画像とか本などでしか見た事がないし。
胸を見ないようにしながら、トレーナーとお揃いの下を脱ごうと思ったが、
どうしても視線に入ってしまう。
だんだん苦戦してるのがバカらしくなってきて、半ばやけになって下を
脱いだが、見慣れたはずのトランクス姿は、明らかにこれまであった物が
無いのを見て取れて、今度は急に気分が萎えてきた。
のろのろトランクスを脱ぐと、やっぱり無い。
なんだか自分の身体を呪いそうになった瞬間、くしゃみをして、
慌てて風呂場に入った。


16 名前:前スレ75 投稿日:2006/09/05(火) 09:24:57.52 L/JOIE3P0

いつものように洗い始めたが、自分を洗ってるはずだけど、
やっぱり違和感がある。
髪の毛をここまで伸ばした事が無かったので、指に絡みつく感じが気になる。
過去に、女の子と話しをしていた時に髪の毛を触らせてくれた事があった、
その感触に似てる事を思い出した。
次に身体を洗い始めたが、どうしても前側を洗うのに抵抗があり、
まず腕や足からにした。
どことなく、言うならば”ぷにぷに”した感じがする。太ったわけではなく、
筋肉が柔らかくなった感じ。
それでいて前より細くなった、気もしなくない。
女の子はか弱い、そういった想いがあったから、身体に影響を与えたのかな。
ふとそう思ったけれど、ここまでの巨乳好きではない…思わず頭を横に
数回振っていた。


17 名前:前スレ75 投稿日:2006/09/05(火) 09:26:20.24 L/JOIE3P0

しょうがないから胸も洗う。
ちょっと揉んで見る。柔らかいし弾力もある。
ぷにぷにして気持ちいいけど、いやらしい気分になるとかはない。
思えば、女の胸揉むなんてこれまであったっけ?
ましてや女性との経験無いんだし。気持ちいい箇所なんて分からないじゃないか。
今更になって、エロビデオの演技は、嘘が多かったのか、それとも気持ちいい
ツボを抑えてたのか、見分ける事が出来ないまま欲情してた事が分かった。

股も洗わなきゃ…と思って、思い切って触ってみたけど。
なんか入り組んでて良く分からない。
画像で見た時は興奮したのに。見る方向が違うからなのか…?
不意に、今朝兄貴が言ってた「経験少ない」って言葉が浮かんできた。
無性に腹が立ってきて、あとは適当に身体を流し、湯船に飛び込んだ。


18 名前:前スレ75 投稿日:2006/09/05(火) 09:28:47.90 L/JOIE3P0

湯船につかうと、ちょっとは気持ちが和んできた。
お湯による軽い浮遊感が、変化した身体の事を忘れさせてくれている。
ふーっと深く息を吐く。そして、ちょっと目を瞑る…。

「つーばーさーちゃーん。ちょっといーいー?」
意識に妹が乱入してきた。ドアの外から声を掛けてきたのだ。
「…。何だよ」
折角の気持ちが壊されて。俺はふてくされながら返事する。
と、同時に湯の中で身体をひねったせいで、水圧に胸が押されて、
存在感を思い出させてくれた。
また、身体に押されて、お湯が湯船から音を立ててこぼれた。
なんだか胸でこぼれた気がした。なんともいえない、忌々しい気分になった。

「あのさー。下着なんだけど、今までの穿くのー?」
「…。それしかないじゃん」
「私のさー。まだ使って無いのあるけど、それ穿くー?」
簡単にそんなこと言うなよ。
「まだそんな気分じゃないから、いらない!」
わかったー。そういうと、妹は脱衣所から出て行ったようだ。


19 名前:前スレ75 投稿日:2006/09/05(火) 09:29:57.15 L/JOIE3P0

女は、洋服や下着の値段は高いのに、思わず何着も買っちゃうんだよね、
そういう話は聞いていたが、実は気持ちがよく分からなかった。
話してくる子も雑談程度に話してきてたので、特に返信は求めてなかったし。

そうだよな。私物は変わらないと思っていたけど、変わるものもあるんだ。
考えつかなかった事態が色々出てきて、まだまだ甘かったと痛感した。

危うく、のぼせる所だった。
気分は落ち着かないまま、湯から出る。
身体を支えてくれていたお湯の中には、気持ちまで残す事は出来なかった。
反対に、重力が身体を襲い、改めて胸の重さを感じるはめとなった
気が滅入りながら脱衣所に出たのだが、新しいトランクスを穿いてみたものの、
その機能性はまったく無意味になった事が、さらに追い討ちをかけてくれた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|