141 fykL9ZNF0

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/09/03(日) 21:11:46.19 fykL9ZNF0

俺は今高1だから、そろそろ女体化する時期なのである
だが同時に高1とは、自分の誕生日を忘れてしまう時期でもある

      • ジリリリリリリリリリ
俺「もう起きる時間かよ・・・」
うるさく震える目覚まし時計の頭をガチっと叩き、また布団にもぐる。
一瞬安らいだ。ていうか一秒くらい夢も見た気がする。でも今日は月曜日・・・。
姉「こら!早く起きなさい!」
俺「・・・・(寝たふり)」
姉「寝たふりなんてしてるんじゃないわよ!」

俺「おはよ・・・」
母「おはよ。ご飯食べてさっさと学校いきなさい?」
俺「はぁい」
三日置きくらいに疲れが溜まるのかこういう日がある。
今日は多分そのローテーションの日なんだろう・・・・。
そうして俺は学校へ出発した。


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/09/03(日) 21:17:00.12 fykL9ZNF0

141続き。即興だからぐだぐだだけどごめんね

俺(やっぱ眠い・・・・)
眠気って授業が始まってから襲ってくる。
やっばいまぶたが重い・・・。
俺「ぐー」
女(またあいつ寝てるわ・・・)
女はよく一緒に遊んだ幼馴染だ。
でも同じ高校に来たのは偶然。そういう仲なわけじゃない。
女(せっかくプレゼント持ってきたのに・・・)
今日は俺の誕生日なのだ。本人は忘れてるけど。
女(でも、なんであいつ女の子にならないのかしら?
  勿論なってほしいわけじゃないけど、もしかして別の子と・・・)
俺「!!!!!!!!?????????」
女「うわあ!?」
先生「どうした?」
俺が突然飛び上がったので、みんなびっくりしたようだった。
しかもそのあと俺が教室を飛び出したので、もう何がなんだか分からないという感じだ。


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/09/03(日) 21:24:00.43 fykL9ZNF0

143続き。もう少しで終わらせる。

女(どうしたのかしら・・・?)
女「あの、先生、ちょっと追いかけてみます」
先生「お、おう、よろしくたのむ」
少し冷静になってきている一部の奴は、今度はなんで女が追いかけるんだ?という顔をしていた。
女(変な夢でも見たのかしら?どうせ恥ずかしくて教室に戻れないんだわ・・・)

俺「忘れてた・・・」
俺は今男子便所の中で鏡に向かっている。
俺の声が高い。俺の体が細い。
実を言うとさっきいやらしい夢を見ていた。
だが俺のtnkは反応しない。
俺「そうだ・・・俺昼間に生まれたんだった・・・・」
その時、便所の外で女が呼ぶ声がした。
女「俺ー?なにやってるの早く教室もどんなさーい」
俺「女・・・!」
俺はトイレを飛び出した。腕をつかんで隣にある女子便所へ駆け込んだ。
女「なにしてるのここ女の子のトイレじゃない、早くでなさ・・・!」
俺「・・・・。」
女「あんた・・・・」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/09/03(日) 21:28:35.21 fykL9ZNF0

147続き。空気読めなくてすまん、これ最後だから・・・。

女「・・・まあどうせどうt・・・まだしてないだろうとは思ってたけどね」
俺「・・・っ」
女「早く保健室いきましょ?」
俺「俺・・・今日が誕生日だって忘れてた・・・・」
女「だからそんなにショックなわけ?」
俺「違う!」
女「な、なによ」
俺「俺馬鹿だ・・・今日お前に告白しようと・・・」
女「・・・・。」

ちゅっ

女が俺にキスしてくれた。
俺「なにやってるんだ、俺はもう女なんだぞ!」
女「そうよ。でもまだ途中じゃない。これが最初で最後だからね。忘れちゃだめよ」
俺「・・・ありがとう。俺しばらく風呂入らない」
女「女の子でしょ?ちゃんと入りなさい」

結局それからはほんとに女と何もない。興味もなくなっちまったみたいだ。
                                     END
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|