よしも 104 hBlEYeJO0

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/10/02(月) 03:48:50.81 hBlEYeJO0

一昨日、女になった。
父は少しばかしの悲しみを抑えた含み笑いをしていたが、母や姉は大喜びだった。
その日の夜、12時に壊死したチンチンがポロリと落っこちた。
チンチンは、へその緒を処理するように乾燥させているが、まだ湿っている。

当の本人には、まだ実感がない。いや実感はある。
ここ数ヶ月で筋力は落ちに落ちたし、体は柔らかくなるし、腰がずんぐりしてくるしで、とにかく動きづらくなってきていた。
しかし、気持ちのほうは何の変化もなく、そのギャップ、違和感に戸惑っていた。
普通の女体化は、ホルモンの関係で、女になる前の月くらいから男の子に興味が出はじめるんだが、
俺はそんな気配は一切なかった。

好きな人がいる。今でも好きな女の子がいる。


昨日は学校を休んで、今日からいつもどおりに学校に行く。以前どおりの男子制服で教室に入った。
「おはよっす。」
と隣の席の友達に挨拶して、他愛のない話をしだした。少し話をしてると後ろから、
「ぉ!新生よしもっ」
と、張り切った声が聞こえた。小学校から一緒の女子。名前は西川。「よしも」は俺のあだ名で、
「新生って言うなよ。」
気のない返事を返すと、それを無視して、
「女子らしくなってきたねぇ。制服、新しいのを買ったほうが良いよ?」
と、また張り切った声で押し切ってきた。
「新しいのぉ~・・・。来期・・つーか、来年からでいいんじゃない?冬服もったいないしさー。」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/10/02(月) 03:50:19.54 hBlEYeJO0

西川の疑問文に一応返答すると、それを無視して、
「中学までさー、ほら、何の気なしに話せてたけど、高校になるとちょっと喋りづらかったじゃん?
 晴れてよしもが女になったし、遊び放題だね。」
と、また張り切った声で押し切ってきた。
「だねぇー。服とか買いに行きたいし、暇が合えばつk・・」
言っている途中で始業のチャイムが鳴った。
「ぁぁ、うん!いいよ。暇になったらメールするw ういじゃ!」
張り切った声で快諾してくれた。
「ありがとー。ういじゃ。」
先生が入ってきて、授業が始まった。



女にならなくたって、中学校の頃のように一緒に遊びたかった。
まだ、西川のことを好きでいる。



授業を受けながら、自分で言ったことなのに、さっきの誘いはデートだったんじゃなかろうかとどぎまぎした。
どぎまぎしている間に、メールがきた。西川からだった。授業中だけど、そういうことに頓着のあるやつじゃない。

『いつでも良いなら、今日の放課後にでもデートしようぜ。カワイイ店を紹介するよ♪』
で、ででで、デートちゃうわ!
動揺したが、こちとら願ってもいなかった。
『ぅ・・うん。デートって言うな!』
短く返信すると
『^^』
さらに短く返ってきた。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/10/02(月) 04:45:30.81 hBlEYeJO0

放課後に俺から西川に話しかけた。
「デートしようぜ!」
少し張った声を出すと、自分でも驚くような可愛らしい声になってしまう。
彼女はすこしビクっとして、
「わっ。よしもか。誰かと思ったよう。」
「そいで、どこ行くんだ?」
「隣町。」
「へぇー。この辺じゃないんだ。知ってるねぇw」
「舐めるな。」
二人で、へへへ。と笑いあった。


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/10/02(月) 04:46:59.16 hBlEYeJO0

駅を降りて、お勧めのお店に行くまで、ちょっと歩いた。
歩く間、何人かの人の視線が気になった。
やっぱり俺みたいな人は珍しいんだろうな。と思ったし、それを言った。

「そりゃあ、よしもが男子制服着てるのもあるんだろうけどさ、よしもが可愛いからだよっ」
実際、この症状を発症した男子は以前の容姿に関わらず、絶品に美しくなるケースが多い。

が、やはりまだ実感がない。
「俺、可愛いのかよ。よぉ分からん。」
「分からないかなぁー。私、うらやましいくらいだよ?」

「女に可愛らしさを羨ましがられてもなぁ~。逆に辛いっての。」
自分の正直な心境を言ったつもりだった。するとふいに、
「え?そうなの?可愛いことがよくないの?女の子なのに?」

西川は、女体化した“女子”はみんな女の気持ちになるものだと思っていたようだった。
「俺はまだそんな気持ちになんないんだ。カッコイイ方が良い。前とおんなじ気持ちっすよ。」
と言うと、

「ふぅ・・・ん・・・。」
少しうつむいてから、ぐいっ!と顔を俺に向けて
「じゃあ、今日は私が身も心も可愛くしてあげるよ!」
と、張り切った声だった。それに対して、

「心もかよっ!」
突っ込みを入れて、そうすると、お決まりのように、
「「あははははは!」」
二人で笑った。

楽しかった。


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/10/02(月) 05:16:52.82 hBlEYeJO0

これはデートだ。これはデートなんだぁー!
お店の中で西川は俺に似合いそうな服を考えてくれている。
服の種類がどうであっても、これはデートだぁ!有頂天になってニヤニヤしていた。
「ひらひらとかどーなのぉ?」
西川が手招きをしながら聞いてきた。
「いやだ。いらない。絶対に着ない。」
手でさえぎって応答すると
「やはは。まだ早いか。」
「まだって・・・。着たくないだろぉ・・・。」
それでも、彼女の選ぶ服はセンスがよかった。ありがたいです。


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/10/02(月) 05:18:21.88 hBlEYeJO0

買い物を終えて、駅まで歩く。その頃にはもう日が落ちかけていた。綺麗な夕日だった。
坂を下る途中に公園があったので、すこし休憩しようか。と言うと
「うん!私も思ってた!」
と張り切った声で返ってきた。ベンチに二人で腰掛けて夕日を眼前に見据えて、一息ついた。

「だな。」
と俺が言うと、
「だね。」
とまるで『君の言いたい事は分かってるよ。』と言わんばかり。それでも一応、言葉にした。
「綺麗だなぁ。紫の雲・・・。」
「本当。紫ぃのもだし・・・ほら!!あの辺りのピンク色とか・・・」
指を差して雲の方向を見て目を大きく開かせている西川は、夕日に照らされてとても綺麗だった。
「すごぃ・・・。」
西川の声が小さくなった。

そこで会話がなくなった。俺はどう会話すれば良いか分からなくて、なんとなしに口を開いた。
「西川。」
「うん・・?」
俺の方を向いてニコっとした。その笑顔を見て、告白しようと思った。
夕日、公園、二人きり。こんなロケーションはもう二度とないと思った。今しかないと思った。


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2006/10/02(月) 05:19:05.43 hBlEYeJO0

「西川・・・俺、西川が好きだったんだ・・・
 今でも好きだ!」
言ってしまった。でも、女になったから、と言う保険のようなものが心の中にあった。実際は逆だった。
瞬間、西川の顔から笑顔が消えて、うつむいた。沈黙が続いた。
その沈黙に耐えられずに、だけど、何を言って良いのか分からないから、また彼女の名前を言おうと
口を開くが、声が出づらい。
「にし・・・・かゎ・・・・」
なんとか言い切ってから、また少し時間を置いて、今度は彼女の口が開いた。

「どうして・・・・」
消え入りそうな小さな声。
「え・・・?」

「どうして今になって言うのよ!
 どうして友達になってから言っちゃうのよ!そんな可愛くなっちゃってから!」

一生懸命に大声を出していた。うつむいた顔はまだこっちを見てくれない。
なんといえば良いか分からない。
「ごめ・・・ん。」
これ以外いえなかった。

「・・・・なんで私が頑張って頑張って諦めてから・・・」
その一言で気づいた。そして、お互いに救われないことにも気づいた。

「でも俺!!気持ちだけでも伝えたかっ・・」

「そんなこと言うのよ!!」
震えた声で押し切られた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|