女体むかしばなし~桃子~ 安価命名 ◆bXy6n9iBgQ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

688 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 14:56:58.92 czX5Qv6i0

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが、駆け落ちや浮気や不倫の末に落ち着いておりました。
ほったて小屋で愛をはぐくんだ二人ですが、子供にも恵まれず、倦怠期を迎えていました。
今日も今日とて、会話も少なくじいさんは山へ芝刈りに、ばあさんは川へ洗濯に行きます。
ばあさんが、
「どうしてあんな人と一緒になっちまったのかねぇ」
と独り言をもらしていると、川上からどんぶらこ、どんぶらこ、とそれはそれは大きな桃が流れてきました。
「おんやまぁ!こんなド田舎にも面白い事はあるもんだねぇ」

おばあさんは洗濯中に大きな桃を持ち帰る、という人生で大きな選択をしました。
洗濯だけに選択です。今世紀最大のギャグです。


692 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:06:41.30 czX5Qv6i0

おばあさんは大きな桃を、ぎっくり腰にさいなまれながらも小屋に運びました。
小屋では戸口とは反対側を向いて寝転がるおじいさんが、
「遅かったな。それで?晩飯はなんだ?」とぶっきらぼうに訊いて来ます。
よっぽど殺してやろうか、とも思うおばあさんでしたが、桃を運んできたので息が切れ切れです。
殺すのは保険金をたんまりかけてからと思い直して、おばあさんは桃を見せました。
「なんてこった!こんなド田舎にも面白い事はあるもんだなぁ」
おばあさんと同じ事を言うおじいさんは、さっそく桃に鈍く光るナタを振り下ろしました。

するとどうでしょう、桃の中から男の子が出てきたではありませんか!
ナタに一刀両断されるところを、薄皮一枚、必死にかわして生き延びていました。
恐怖のあまり泣き声すら上げられない赤ん坊を、二人はやっと子供を授かったと養子に迎えました。
二人は、桃から生まれたこの男の子を『桃太郎』と名付けました。


696 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:17:00.09 czX5Qv6i0

桃太郎を育てる内に、おじいさんもおばあさんも寿命を忘れてすっかり仲良くなりました。
桃太郎が十五歳になって初めての雪が降った日、桃太郎は女体化しました。
もともとベビーフェイスだっただけに、おじいさんもおばあさんも気付くのに一週間かかりました。
二人がもうろくし始めたという説もありましたが、それはまた別のお話。
「おじいさん、ボクはどうなっちゃうの?」
「お前はどうなったってウチの子じゃよ・・・・ハァハァ・・・・」
黒い欲望をおじいさんから感じましたが、桃太郎はそれがどんなモノかもわかりませんでした。
それにおじいさんのしなびたキノコじゃどうかしようってのが無理です。不可能です。不能ですから。

桃太郎が桃子と呼ばれるようになってからさらに一年が経った頃、都で女子達が鬼にさらわれるという事件が多発していました。
相変わらず仕事の手伝いで力の衰えない桃子は、
「ボクに何かできる事はないかなぁ」とぼんやり考えていました。


697 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:25:22.54 czX5Qv6i0

そんなときです、おばあさんが都からの伝達を受けたのは。
「あらまぁ、じいさん。コレ見てくださいよ」
「なになに、鬼を退治した者には褒美を?」
「おじいさーん、おばあさーん、お風呂沸きましたよー」
ぽてぽてと桃子が外から戻ってきました。
二人はにやりとして桃子にある指令を出しました。
そう、鬼退治して来いと言ったのです。
「力自慢のお前なら鬼くらい屁でもないじゃろう」
「これをもっておいき、役に立つわ」
と刀ときび団子、中途半端な鎧をもらいました。
兜は大きすぎて前が見えなかったので、置いていきました。

「それでは行って来ます」
意気揚々と出発した桃子は、おじいさんからの黒いオーラから逃れられて正直ほっとしていました。
これから大変なことになるとはつゆ知らず・・・


698 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:32:53.72 czX5Qv6i0

桃子は旅の途中でサルに会いました。
「やぁ、サルさん。こんにちは」
「その腰の・・・」
「腰の?」
「それ使わせてもらえないか?」
わけの分からないことを言うサルに、桃子は困惑しましたが、それならこっちは、と条件を出しました。
「使わせてあげたら、鬼退治に付き合ってもらいたいです」
「おや、そちらも付き合う気まんまんだったんだな?」

早速サルは桃子の鎧を剥ぎ、草むらで固くなったソレを桃子のアソコに突き立てました。
「いっ!痛いよぅっ」
涙が滲む桃子の目には、野生のサルが必死に腰を振る姿が映っていました。
しかしじじいばばあの元で性教育など受けていない桃子は、サルがなんでこんな事を喜んでするのか分かりません。
「いたっ・・・ううっ・・・」
「それがたまんねぇんだよなぁ!人間のメス最高だぜ!」


699 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:39:29.66 czX5Qv6i0

サルにさんざんやられた後、桃子は涙と血と白い粘液を拭いて、気丈にも旅を続けました。
その後、今度は犬に会いました。
「こんにちは犬さん」
「その腰の・・・」


かれこれサル、犬、豚、牛、ウマに同じことを要求され、それに応えて桃子は体をさしだしました。
犬の時に随分と良くなったらしく、だんだんと大きくなっていくサイズに対応していきました。
そして彼らとそんなどろどろの旅を続けて、ついに一向は鬼が島に到着しました。
「もぉ~遠かったなここまで」
「わんだふるな同行人がいたから楽しかったな」
「ブーブー言ってるやつがいてうるさかったけどな。ひひんっ」
「てめー俺の事がブヒー!」
「もうっ、みなさん喧嘩はめっです!」


700 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:46:17.18 czX5Qv6i0

むさっくるしい土地を想像していた桃子は、上陸するなり面くらいました。
鬼が島の人口のほとんどが女性の鬼だったのです。
驚いて見回っていると、島の奥から悲鳴が聞こえてきました。
「行きますよ皆さん!」

そこでは鬼の大将が人間の女性に自分のモノを入れようと悪戦苦闘しているところでした。
大将のモノは大きいなんてもんじゃありません!人間の体の三倍はあろうかという巨体に、巨根。
ついに女性は耐え切れなくなり発狂して死んでしまいました。
桃子はなんてひどい事を!といきり立って躍り出ました。
「やいやい!何やってるんですか!」
鬼の大将は桃子の登場に驚きましたが、すぐにため息をついて目を伏せました。


701 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:54:50.87 czX5Qv6i0

思ったよりげんなりした大将に桃子は、今度は下手に出て質問します。
「どうなされたんですか?ボクでよければ話を聞かせてください」
「ふぅ、ワシ達はなぁ・・・」
鬼達は、五年前人間の娘からうつされ、自分達も女体化するようになってしまい
それを回避するには人間の女と交わるしかない。
しかし鬼は人間に嫌われているから女はさらうしかない。しかも鬼のサイズに見合う女はそういない。
だからどんどん鬼達は女体化していき、いまでは大将と他数名しか男が残っていない。
「そうそうにワシが女にならなかったのは良かったが、いまでは時間の問題じゃ」

意外と柔らかい話し方に桃子は可哀想になり、ついいつもの癖で言ってしまいました。
「ボクにできる事はありませんか?」


702 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 16:02:39.73 czX5Qv6i0

「おお!なんとやさしい女子じゃ!それでは・・・」
「・・・えぇっ!?・・・わわ、わかりました・・・」

それから三日三晩鬼が島には最後の男の鬼達が大将の間に集まりました。
もちろん目的は桃子の体です。
ウマたちに拡張されたそれは、体の大きさに比べてかなり大きいので、鬼達にはジャストサイズです。
大将や幹部は、さらに拡張しなければなりませんでしたが、上手くイキました。
「あぁんっ!! お、おっきぃよぅ! 駄目っ!そこはっ・・・そこはらめぇえぇ!」
「おおし、景気づけにも一発頼むよ桃子ちゃん!」
「うんっ!いいですっ!も、もいっかいしましょほっ!」

結局そのあと一ヶ月間鬼達は桃子たちを客としてもてなし、一族を助けてもらったお礼として金銀財宝を渡しました。
「いやぁワシらのために悪かったねぇ」
「いっいえっ!ボクも・・その・・・良かったし」


703 名前:安価命名 ◆bXy6n9iBgQ 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 16:07:22.91 czX5Qv6i0

財宝を持ち帰った桃子は、おじいさんおばあさんにしこたまほめられました。
桃子はしりませんでしたが、鬼達の襲撃が収まってから、都から褒美をもらっていたのです。
桃子が帰ってこなかったらとんずらをこくつもりだったに違いありません。
「おお、桃子や、こんなにイカ臭くなって。海の旅は大変だったんだね?」
「いいえ?鬼さんたちも優しい人たちでした」
「「??」」
二人は知りませんでした。桃子がビッチに成り代わっていたことに。

数年後、『鬼が島』という風俗店が流行るのですが、これはまた別の機会に・・・

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|