112 ToC2C2Io0

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

436 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 00:57:11.56 ToC2C2Io0

――ここはどこ?

俺は暗闇の中にいた。
立っているのか、浮いているのか、それすらもわからない。
空も、壁面も、地面も存在しない闇の世界。

――これは夢?

そう、俺は確か自分の部屋のベッドで寝ていたはず。
それにしても、妙な夢だ。
目の前は闇、音は聞こえない、自分の息遣いさえも……
両手を自分の目の前に持ってくる。

――見える。

光が無い筈なのに、自分の両手がハッキリと視認出来た。
次に俺は足を動かしてみる。右足を前に、左足を前に。
ゆっくりと歩いてみるが、進んでいるのかはさっぱりだ。
何せ感覚もないのだから。

――誰?

暗闇の向こうに誰かいる。
俺が一歩進むと、向こうにいる誰かも歩を進めた。
一歩、二歩、三歩……。
少しずつ、"誰か"の姿が大きくなってくる。
四歩、五歩、六歩……


437 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 00:58:12.81 ToC2C2Io0

436
――女の子?

顔の形、身体の形、大きさからして女だという事がわかる。
彼女の身体からは淡い光が発せられているが、周りは暗闇のままだった。
俺が動きを止めると少女も動きを止める。
右手を上げれば、少女も同じように右手を上げた。

――何だってんだ?

舌打ちをしながらも、俺は歩き続ける。
少女はもうすぐそこにいた。

――へぇ。

近づくにつれて顔もはっきり確認できた。
端整な顔立ち、二重の瞼に少し鋭い眼。髪は腰の辺りまであるようだ。
服は……着ていなかった。
無駄な肉はついておらず、しかし胸は大きめで形も良い。
そして腰の括れが何ともいえない。

――可愛いな。

少女はもう目の前にいる。

――可愛いな。

少女はしゃべる。俺の言葉を。


438 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 00:58:56.40 ToC2C2Io0


――真似するなよ。

――真似するなよ。

…妙だ。夢なんてそんなものだろうけど。
いや……夢とも何か違う感じがする。
…俺はあることに気が付いた。
少女の身長が俺とほとんど同じだということに。…俺が縮んだのか?

俺は腕を少女のほうへ伸ばした。
すると、少女も俺のほうへ腕を伸ばしてきた。

――触れない…

あと少し、というところで俺の手がそこで止まる。
触れない。届かない。
いや、この手触りは……まさか……

――鏡?







439 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 00:59:59.94 ToC2C2Io0

438
~ ~ ~ ~ ~ ~

「…っ!!」

見慣れた天井が俺の目の前に広がっていた。
身体は汗でびっしょり、パジャマは張り付き、息は乱れ、髪の毛は汗で顔に張り付いている。
俺はゆっくりと上体を起こし、枕元に置いてある目覚ましにも使っている携帯を手に取った。

――AM 4:32

カーテンの隙間から、白んだ空が見えた。
俺はベッドから降りて、部屋を出る。
家族を起こさないようにそっと廊下を進み、階段を降りて俺はリビングに向かった。

コップを取り出し、冷蔵庫から冷えた麦茶を出してコップに注ぐ。
そして一気に飲み干して、コップをテーブルに置いてそのまま椅子に腰掛ける。

「…」

あの夢はなんだったのだろうか。
まだ完全に覚醒していない意識のなかで、俺はあの夢を思い出していた。
見たことの無い少女。年の頃は、17、8?
いや、下手をすればもっと下なのかもしれない。

(……寝なおそう)


440 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:01:09.75 ToC2C2Io0

立ち上がると、汗で張り付いたパジャマを剥がす。
寝直すといっても、このパジャマのままいるのは気持ち悪い。
とりあえず着替えてから、もう一度寝よう。
俺はパジャマを脱いで、そのまま洗濯機もある洗面所へ向かった。

「っ!」

…息が止まる。
鏡に映っているのは、夢に出てきたあの少女だったからだ。

  ――なんで、お前がここに…?

鏡の向こうにいる少女を見ていると、俺は吐き気に襲われた。
すぐさま洗面台に顔を近づけ、俺はそのまま吐き出す。

「げほっ、ごほっ……っは、ごほ……」

俺はまた恐る恐る顔を上げる。
そこにいるのはやはり夢に出てきたあの少女。
顔色が悪いようだ。あぁ……これは、俺か…。
夢の"鏡"を思い出しながら、そう口に出して、俺の意識はそこで途絶えた。




………


441 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:02:21.62 ToC2C2Io0

440
~ ~ ~ ~

目を覚ますと、俺は自分の部屋にいた。
ベッドの上で、布団を掛けられている。

「……俺は…」

少女の声。…俺は思わず口を閉ざした。

(…そうだ、俺洗面所で……)

身体は寝かせたまま、俺は右手を伸ばし携帯を掴む。
時間を確認すると、もう10時に差し掛かろうとしている。
学校の授業がとっくに始まっている時間だ。

――コンコン

「空~、起きてる~?」
「姉さん? うん、入ってきていいよ」

――ガチャッ

ドアが開かれると、ちょっと身長高めの女が部屋に入ってきた。俺の姉だ。
彼女はドアを閉めて、ベッドの横まで来るとそのままベッドに腰掛ける。

「気分はどう?」
「うん、まだちょっと気持ち悪い…」


442 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:03:27.73 ToC2C2Io0

441
そういえば、あの少女の顔と姉の顔はなんとなく似ている。
まぁ冷静になって考えてみれば、あれは俺自身だ。
姉弟なのだから、似ていて当然といえば当然か。

などと考えていると、突然姉は俺の額に自分の額を重ね合わせた。

「ちょ、姉さん?」
「何赤くなってんの、熱は……うん、無いみたいね」
「姉さん、俺どうなったんだ?」

姉の話によると、これは女性化症候群という一種の病気らしい。
だがこの病気自体は身体の作りを男から女に変えるだけで、体調面には問題ない……らしい。
唯、突然の変化で精神が不安定になり体調を崩すことはあるようだ。
俺がそれだが、今は何とか落ち着いてこの状況を把握出来た。

「鏡は、見たの?」
「うん。今日変な夢見てさ、それに出てきたのが今の俺の顔。
 鏡見てびっくりしちゃってさ、急に気持ち悪くなって……それで……」
「ふぅ……うん、学校には連絡いれといたから今日はゆっくり休みなさい」
「姉さんは?」
「私は今日はお休み。何かあったら呼んでね、あ…服何とかしないと。それまで、ソレ、貸しとくからね」

言われて俺は初めて姉の服を身に着けているのに気付く。

「あ、女の身体についてレクチャーしてあげよっか」
「い、いいよそんなの(///)」
「ふふ」


443 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:04:45.65 ToC2C2Io0

442
冗談とわかっていても、俺の顔は赤くなってしまう。
けど姉のおかげで少しだけ、気が楽になった。
姉は部屋を出て行く。

身体の変化には多少の苦しみが伴う。
体温が異常に上昇したり、身体を引きちぎられるような痛みがあったり、大量の精子が吐き出されたり。
その時に出る症状は人それぞれだ。
俺は運が良かったのかもしれない。寝ている間に女体化していたのだから。
変わりにあの変な夢を見てしまったけど。

「ふぅ…」

もう少し寝ていよう。
……そう思って目を瞑るが、全然眠れない。

(女の身体についてレクチャーしてあげよっか?)

姉の言葉が脳裏をよぎった。……女の身体か。
俺は布団持ち上げ、身体に視線を向けた。
姉貴が貸してくれた緑のタンクトップとブラウンのスカートが目に映る。
スカートをめくってみると、下着も着けられていた。

「……」

タンクトップを捲ると、やはり同じ色のブラ。
俺はそっと右手を胸に持っていき、ちょっと弱めに揉んでみた。


444 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:06:00.54 ToC2C2Io0

443
「…ん」

…変な感覚が俺を襲う。
暫くそのまま続けてみるが、その後は特になんとも思わない。
そう思って手をずらした瞬間…

「んぁっ!」

俺は慌てて口を押さえた。
……姉には気付かれていない。
しかし、さっきのはなんだったのだろう。
人差し指が乳首に当たった瞬間、雷に打たれたように身体がはねた。
俺は再び、右手を胸に持っていく。

「…ぁ」

今度は乳首も一緒に弄ってみる。

「ん、ん……んん…ぁ…」

男よりも女のほうが気持ち良い、というのは本当なのかもしれない。
感度が全然違う。女は皆こうなのか、それとも俺が変なのか。
……俺はあまった左手を股間に持っていく。

――濡れてる。

下着越しからでもわかる、確かに濡れていた。
姉になんていえばいいんだろう、そんな考えがふと浮かんだけど…


445 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:07:22.43 ToC2C2Io0

444
「ひぅ…!」

ちょっと擦っただけで声が出てしまう。
初めての刺激に少し戸惑うが、俺はまたそこに手を持っていく。
今度はやさしく擦ってみる

「あぁ…あ、あ、あ……んん、ひぁっ!」

下着越しからワレメを指でなぞっていると、突然の感覚が俺の身体を襲った。
あまりの快感にまた声が出てしまったが、姉に気付かれていないかな?
…完全に濡れてしまった下着を脱ぎ、片足に掛ける。
毛は……手で確認してみると、あまりないようだ。

「……」

性欲…は、もちろんあるが、それよりも好奇心のほうが勝り俺の心を支配している。
ここに指をいれたらどうなるか、さっきの快感はなんだったんだろう?
あれこれ考えながら、三度目…俺はそこに手を持っていく。

「んん……んっ」

まずはさっきのように擦ってみる。
汁でそこはびしょびしょになっていて、布団も汁のせいで濡れていた。
そして指を上へ上へと持っていくと、またさっきの快感が全身を駆け巡る。

「あっ!…はぁ、ん…」


446 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:09:13.65 ToC2C2Io0

445
…何か当たった。豆?クリ??……。
胸を弄っていた右手も股間のほうへ持っていって、両手でそこを弄った。
右手はワレメのほう、左手はクリのほう。
そして俺は布団を口に銜えて、声が外に漏れないようにする。

「んぐ…んんんっ!」

指をゆっくりゆっくり、中へ進入させてみた。
そしてゆっくりゆっくりと引き抜く。

「ん、ん、んぁ…」

……慣れると、俺は二本の指を使って出し入れし始めた。
左手でクリを弄りながら、右手で出し入れを繰り返す。

「んぐ、ん…ぁぁあ、きもひぃよぉ…」

布団を口に入れて、上手く言葉が出ない。
手の動きは段々と早くなり、出し入れじゃなく気付けば中をかき回していた。

「ん、ん、んぐぅ…っ!」

――何か、身体の中から何か来る…!

「ひぐぅっ!!」

ビクン、ビクン…と二度、三度と身体がはねる。
何とか落ち着くと、俺は右手を抜いて…目の前に持っていく。
…べとべとになっていた。


447 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:10:12.16 ToC2C2Io0

446
「んぐ…んふっ…」

二本の指を俺は口に含み、舐めとる。
…よくわからないけど、…甘い??

「…なんだろ、癖になりそう…」

そんなことを呟くと、同時にドアがノックされた。

――コンコン

「っ!!」

やばい、どうしよう。
この状況はまずい。布団は濡れてる下着も濡れてる指も濡れてる。
あそこはぐちょぐちょで……

「そら~? 入って良い?」
「は、はひ!」
「ふふ、な~に声裏返しちゃって…」

くすくすと姉はドアの向こうで笑っている。
俺は掛け布団を整え、すっぽりと身体を隠し顔だけ出てる状態になった。
お願いだから気付かないでくれ…

――ガチャッ


448 名前:>>112 本日のレス 投稿日:2006/09/27(水) 01:11:10.33 ToC2C2Io0

447
「ちょっといいかな?」
「な、なに?」
「体調はどう?」
「え?」

そういえば、もうなんともない。
吐き気もなくなっている。

「大丈夫」
「そう、なら今からあなたの服とか下着買いに行こうと思うんだけど、いける?」
「うん、いけるよ」
「じゃあ、着替えなきゃね。まずは今着てる服と下着、返してくれる?」
「え?……あ、あの」
「外出るんだからちゃんとしたもの着なきゃ、また私の貸してあげるから。だからまずそれを返して?」
「え…えっと、あの…」
「ん?」

にっこりした表情のまま、姉は首をかしげる。

「ふふ、ど~したの? 返せない理由でもあるのかなぁ?」
「あ、あの……あの……」

言葉に詰まっていると、姉は耳元まで顔を近づけてきた次の瞬間、俺の身体が固まった。

「気持ちよかった?」
「――っ!」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|