みずき ◆oCJZGVXoGI 避難所

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16 名前: 名無しさん 投稿日: 2006/10/20(金) 23:57:45 [ k/bt0dCc ]

朝起きたら女になっていた。
僕にとってそれは不幸の元凶でしかなかったと思う。

毎日、僕には必要のない勉強が付きまとう。
朝は朝食前に1時間勉強し、それから朝食をとり学校へ行く。
学校は勉強をいくらしても追い付けない速さで進み、誰もが喋ることすらない。
閉鎖的な空間で、僕らはずっと学び続けなければならない。
それはこんな親の元に産まれてきた罰なんだ。だから勉強させられる。
次は違う人の元に産まれろと。

「いつまで寝てるの!」
部屋を開けた母親の姿を見ながら僕はどうしていいのかわからなかった。
僕はどうしたのかも考えられなかった。
鏡の前にいるのは誰なんだ?
「そんな…こんな早くなるわけない!!」
母親は僕の肩を掴むと鬼のような顔で睨み付け、その顔色が緑色に見えた。
コワい。怖い。恐い。こわい。コワイ。コワイ。
目を合わせたくない。なのに…。
「あなたはこの家を継ぐの!!女になるなんて許さない!」
顔を殴られて頭が理解出来ないまま腹を蹴られた。
僕の産まれた意味はなかった…こいつらを怒らせるなんて我ながら良くやった…。
「止めろ!止めるんだ!!」
父親が母親を止め、父親も僕をゴミでも見るかのように見下ろした。
「まだ時間はあるんだから…な?次の子を産めばいいさ」
「あなた…」
このパターンは最近多いらしく、僕はこの家から追い出された。


17 名前: ◆oCJZGVXoGI 本日のレス 投稿日: 2006/10/21(土) 00:44:06 [ hjIgxsLY ]

16の続き

養子として受け入れてくれたのはまだ売れていない小説家の夫妻だった。
のんびりとした性格らしい妻と、優しい雰囲気を持つ夫らしい。
夫妻には子供が出来ず、子供が好きなので是非養子に貰いたいということだったらしい。
「私達の家はここより田舎だけど、きっと気に入ると思うからね」
「自然は多いし、空気も美味しいし、散歩するにはぴったりだよ」
二人は口々にそう言いながら僕の手を優しく握って微笑んでくれた。
初めて親という人物からこんな風にされたことをされた僕は戸惑っていた。
そして僕の名前は変わった。
「石田 みずき どうかな・・・?」
「えっと・・・ありがとう・・・ございます・・・」
「よかった」
頭をくしゃくしゃと撫でられて僕は気持ちがよかった。

僕は・・・私は産まれてきてよかったと今なら思える。それに・・・
「おーい!!みずきー!」
「みずきさん、早くしてくださいますか?」
「わかってますって」
可愛い妹と、喧嘩友達も出来たから・・・今は幸せです。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|