青い肌(4) 無才C判定 ◆8JqZBHfJBk

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

209 名前:無才C判定 ◆QghIFBhj6Y 投稿日:2006/10/16(月) 23:10:34.02 gBJsN4JNO

じわじわと痛みが浸食していく。
ぶすぶすと焦げる匂いと炎をくすぶらせながら、傷が灼け広がっていく。

なんでもそうだ。
知らないから美化することができる。

決まりきった結末に目を背けてそれさえ手には入れば自分は救われるのだと、
きらきらと瞳を輝かせながら、来るはずのない救いを強請って周りを蹂躙して、僕は夢ばかり見ている。

「傷」を求めるのは闇を抱えることに陶酔を求めるから。
それを免罪符にしたいからだ。

噴き出してくる痛みを持て余したとき、逃げ込める安全な場所を持っているくせに、「不幸」で自分を飾り立て同情に価値を見出す。


210 名前:無才C判定 ◆8JqZBHfJBk 投稿日:2006/10/16(月) 23:14:25.05 gBJsN4JNO

愚かで哀れな考え。いつまでも学べずおなじことの繰り返し。


死んでしまえ
死んでしまえ
死んでしまえ
死んでしまえ。

死ねよ。

他人を指差して笑う指で誰かを抱き締めている。

他人のことを罵倒するその口と舌で誰かの体を舐め回して愛撫している。

汚らしい偽善。

死んでしまえ。
引き裂かれて撒き散らす血さえ残さず消え去ればいい。

消え去れ。消え去ればいい。


こんなことばかり考え続けている自分など。





青い肌 第4話
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|