男の中の女(7) ◆Zsc8I5zA3U

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

157 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 19:36:57.37 PJgYIV/g0

そういえば、この場所はあいつと行ったとっておきの場所に近かったな。
そこに行くか・・ここからだとものの数分ってとこか。

俺は歩きながらあのとっておきの場所へと行くことにした。

「お前・・重いな。女の俺に抱えさせるなんて・・男として恥だぞ。」

寝息を立てながら寝ているあいつを抱えながら俺はあのとっておきの場所に行くことにした。
確か、あそこは結構ものがあったな。・・ベッドぐらいあるだろう。


    • それに俺も疲れた。でも、うれしかった。俺を頼ってくれたことが



    • そして何よりも





俺を好きになってくれたことが・・・


413 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 17:49:46.82 41FqFJrE0


「ここ・・だな。ヘッ、いっちょまえにベッドやら何やらあるぜ。」

俺はあいつを抱えながらあの廃ビルに着くと、あいつの名前が書いてあった個室があったので
重たい体を引きずりながら、中へ入っていた。すると中にはベッドやら食料があったので十分に夜を
乗り越えることが可能であった。俺はあいつをベッドに置くと、怪我をしている左腕をそこらへんにあった痛み止めを使って腕を
塗りつけた後、再び左腕を包帯で巻いた。・・俺は応急処置を終えた後、あいつが眠っているベッドの横へと座った。

「なぁ・・お前、本当に俺のことが好きなのか?俺・・どう言っていいのかわかんねぇよ・・
お前にあんなことを言われて・・俺・・なんて言えばいいんだ?」

俺は眠っているあいつに向かって言葉を吐いたが、無常にも寝息だけしか反応がなかったが、俺はそれでも
構わず座りながら独白を続けた。

「実はな・・俺、お前に“好き”って・・俺なんだか無上にうれしかったんだ。なんでだろうな?
今でも胸がこうやって高まってきやがる。・・それも緊張じゃない暖かい気持ちだ」


俺は自分の感情に任せたまま独白を続けた・・



415 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 17:58:57.04 41FqFJrE0


「お前・・覚えているか?初めてお前とやりあったときのこと・・あのときの俺は絶対負ける気がしなかった。たった1人で
お前の集団に向かっていって、お前を殴ったな。お前はすぐに俺を殴り返したけど・・

    • 女になってお前と出会ったとき、俺なんだか胸が熱くってな。お前が家庭教師をしてくれたときも胸がドキドキして勉強どころじゃ
なかったんだぜ。それにお前に急に抱きつかれたとき・・俺、急なことでドキッとしたけど、すぐにホッとしてたんだよ。・・なんでだろうな?

ハハハ・・何言ってるんだろ俺・・」

俺は目を閉じて・・今までのことを思い出していた。

勉強を教えてくれたあいつ・・
               遊園地に行ったときに熱くなってたあいつ・・

俺がピンチのときに助けてくれたあの表情・・


    • そして、今俺の中で高まる感情、男の頃には絶対感じなかったこの熱い感情・・今それは俺の中で爆発寸前に高まっていた。
今のあいつは俺が決着をつけようとしていたあいつではない。中学の頃、死ぬほど殴りあったあいつでもない。俺がタイマンをつけようとしていたあいつでもない。


そう・・今のあいつは俺の・・・ 


416 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 18:10:01.46 41FqFJrE0


「俺・・お前が好きだ。昔のことも差っぴいて・・お前が好きだ。異性として・・


             そして・・お前のすべてが好きだ


                                       」




「本当か・・それ?」

「え?」

俺は目を見張った。俺の独白に・・あいつが本来寝ているはずの反応した。俺は・・自然とあいつに感じていた
モヤモヤ感が綺麗さっぱりなかった。俺は立ち上がりあいつのほうへと向かうと急に腰のほうをつかまれてベッドのほうへと押し倒された。
俺の真上にはあいつがいる・・

「さっきの話・・本当か・・?」

「・・ああ、本当ダ。・・もう、このまま好きにしていいよ」

あの時・・急に抱きつかれた時に感じた恥ずかしさや胸の熱さなどなく、俺はすんなりとそのまま目を閉じた。
今の俺は・・あいつをすんなりと受け入れられるようになった。すると俺の唇に若干の体温が感じられた。


俺はそのまま目を瞑りキスをしたままあいつを抱きしめた。


423 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 18:30:10.99 41FqFJrE0

軽いキスが終わり、あいつは俺を見つめながら・・

「本当に・・俺でいいのか?」

「・・何度も言わすな。・・お前でいい」

俺は・・もう、あの狂犬の相良 聖ではない・・こいつの恋人の相良 聖だ。
俺たちは再び互いの唇を求め合った。


キスが下の絡めあいになってきた頃、あいつは慣れた手つきで俺の躰にやさしく丁寧に触ると俺の胸を揉み始めた。俺はなんとも言えないぐらいの感覚が
電波のように体中の隅々に走った。だけどその感覚は嫌なものではなかった・・
そしてあいつは上半身裸のまま、俺の服を丁寧に脱がし下着を取ると、露になった俺の乳房を手に取ると
俺の左右の乳房をリズムよく交互を揉みはじめた・・

「・・んッ・・あ・・・」

「ほぅ・・お前感じているのか?」

「・・そ、んなわけ・・ないッ!」

俺は相変わらずあいつの言葉に反論するが・・あいつは俺の表情を見ると、今度は乳房を吸い付けながら右手でもみ始め・・もう片方の手は俺の
下腹部へと向かっていった。胸を攻められた後、胸からツーッと指を滑らせながら俺のあそこへと到達した。
あそこを触られた俺は先ほどの乳首のときとは比べ物にならないなんとも言えないような快楽が体に回ってきた。




424 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 18:42:36.70 41FqFJrE0


「ひっ・・あっああ・・・そ、そこは・・・や、やめ・・・あん・・」

「フッ・・お前その表情かわいいもんだぜ」

俺は必死に快楽に耐えていたが、あいつは意地悪そうな表情をしながら俺のあそこをなでてきた。あそこをなでられたとき、俺はなんとも言えないような感覚に
陥った。そしてあいつは体制を変えると俺のあそこをなめ始めた。・・あいつの舌に刺激された俺のあそこは音を立てながらあいつに反応していた。
俺の中は・・だんだんと快楽という感覚に支配されてきた。その証拠に俺の乳首はピンッと角が立ったようにたち始めた。あいつはそこも攻めてきた。

俺は体中に今まで感じたことのない絶頂を感じていた。

「あっ・・あん・・あくっ・・ああん」

「お前・・感じやすい体なんだな」

「だ・・だっ、だって・・お、俺はじめ・・あぁぁぁ・・」


俺は応えられぬまま快楽という海にどっぷりと浸かろうとしていた・・



427 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 18:53:28.48 41FqFJrE0


「・・もう、イっちゃったのか?」

激しい絶頂の中、俺は自分の感覚をなくしかけていた。・・そしてあいつの攻めが終わると、俺は・・あそこから
俗にいう愛液を浸っていた。俺は・・イってしまったのか?するとあいつはビチャビチャと愛液でたまっている俺のあそこを
指でさすりながら準備OKといわんばかりに俺が過去に持っていた・・でっかく成長していた下半身のナニを取り出した。
俺は思わずあいつのナニに見とれてしまった・・

「・・これが入るのか?」

「何言ってるんだ、お前も過去に持ってただろ・・」

「う、うるさい!!・・そ、そんなお前にはこうしてくれる!!」

「うッ・・お、お前・・」

ムカついた俺はそのままあいつの巨根を徐々に触るとそのまま口に咥えてジュプッ、ジュプッと音を立てながら
嘗め回した。・・俗にいうフェラオチオだ。


散々攻められた俺は今度はあいつを攻め返すことにした。



428 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 19:05:36.94 41FqFJrE0


「うおッ・・うううっ・・」

よし感じてきたぞ・・俺はさらに唾を使いながら根から睾丸までの隅々を音を立てながら嘗め回した。
しかし相手もかなりしぶとく、なかなかイこうとしない。この俺が意図も簡単にイかされてこちらがイかないなんて
なかなか不公平だ。しゃぶりつく様にあいつのペニスを舐めている俺はあの時攻められた胸を使うことにした。

「ヘッ・・なかなかだな。だが・・今度はどうかな?」

俺は一度ペニスを舐め終えると、今度は胸であいつのペニスを挟みながら胸を動かしていた。すると流石のあいつも徐々に
声を荒めてきた。

「うおおおっ・・い、いいぜ。うぉ!!―――――うぉぉぉくぉあああああッ!!!」

するとあいつのペニスから俺に向けて勢いよく俺の顔めがけて向かってきた。俺は顔に受けるとそのまま顔についてある白い奴を指に
すくってニンマリとしながらペロリと舐めた。

「・・これで五分と五分だな。」

「ハァハァ・・ヘヘヘ、まだまだ・・」


    • 俺たちの夜もクライマックスに差し掛かってきた。



433 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 19:22:31.50 41FqFJrE0


互いの攻め合いが終わった・・そして俺たちは互いに見つめあったまま・・

「いいか・・」

「ッたりめぇだ。・・こいよ」

そういってあいつのペニスは音を立てながら俺のあそこへとゆっくりと挿入っていった。
しかし、俺には快楽と激痛が襲ってきた。

「―――ッ!!」

「お前・・そういや初めてだったな。」

そういうとあいつはゆっくりと出たり入ったりを繰り返した。かなりの激痛だったが
俺のあそこはあいつのに馴染んできたらしくそれを感じるとあいつは一気に奥まで入れてきた。
完全にあいつのが入り俺のあそこが破られた後、激痛に耐えながら俺は思った。

あの快楽はもしかしてこれの前兆だったのだろうか・・

(クッ、しかし・・女って辛いなぁ・・)


完全に入った後、俺はあいつを見つめながらそっと目を閉じて舌を絡ませた。
そしてあいつがゆっくりと動くと、痛みとともに・・快楽が俺の中を回っていた。


437 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 19:37:51.98 41FqFJrE0


「ひっ・・あん・あああん・・・」

俺は先ほどとは違う声を発しながら自然と腰を回していた。そのうちに入れたときの痛みはなくなり、快楽という名の
気持ちよさが俺の体隅々までに回っていた。あいつのが俺のあそこを突きながら俺はますます快楽の虜となった。
はじめは痛みで腰が余り動かせなかったが、時間がたつに伴い痛みが消え快楽を求めるようになった俺は
さまざまな体制であいつと体を貪りあった。

「あん・・あああっ・・き、気持ちいい・・」

「ハァハァ・・お、俺もだぜ・・」

「お、お前と・・やった女は・・さぞ幸せだっただろうな・・・ああっ!!」

快楽の海にどっぷりと溺れる中、体と心を快楽に支配つつ・・こいつに女性経験が合ったことに
嫉妬していた。

「お、俺以外の・・・あんっ・・女を・・・あんっ・・だ、抱いたら殺すぞ・・ううっ!!」

すると俺の声に反応するようにあいつは俺の唇を無理やり奪うと、一呼吸置いてこう言った。

「ハァ・・ば、バカヤロ!!・・お前は俺だけのもの・・俺は・・お前のものだぁぁ!!」


そういうと俺たちは快楽の絶頂へとたどり着きつつあった。



439 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 19:44:46.79 41FqFJrE0

ベッドのスプリングがギシギシと響く中、俺たちもそろそろ限界が近づいていった。
俺は・・こいつに抱かれてほんとによかったぜ・・

薄れいく意識の中で俺はふとそう思った・・


「ハァハァ・・そろそろイクぜ・・お、俺限界だ・・」

「あ、ああ・・お、俺も・・だ・・ああああああっ!!!!」


俺たちは快楽の絶頂へとだどり着き、俺にあいつのすべてがぶちまけられた。




「・・こうなったからには一生責任取れよ・・な?じゃないとブッ殺すかんな・・」

「フン、当たり前だ。俺はもう、お前を離さねぇよ・・」

行為が終わり、ベッドで全裸のまま一息ついた俺たちは快楽の海から引き上げられた。
まだ、俺の中にはあいつの温かみが残っている。俺は隣にいるあいつを抱きしめて・・離さなかった。

そういえばこいつ、こんなに体が大きかったかなぁ・・・


快楽の後の睡魔に襲われて俺はあいつと一緒に眠ってしまった。あいつは俺を包み込むようにしてくれたので
とても暖かかった。・・これが、人肌の力・・か。




445 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 20:08:22.49 41FqFJrE0


「・・行って来るぜ。ハニー・・」

「てめぇ、そんな言い方すんな!!!ブッ殺すぞ!!!・・お前は一家の大黒柱なんだから
そう簡単にくたばんなよ。」

「アーホ、そう簡単にくたばってたまるるか!!」

      • あれから、月日経った。初めて俺が女となった日からあいつと俺は付き合いだし、そして俺は
進路がうやむやのまま、怒涛の3学期を過ごした・・のではなくツンとあいつの指導のおかげで何とか大学に受かった。
まぁ、俺の実力があってからこそここまで(ry

それから4年後、例のとっておきのところで同棲をしながらキャンバスライフをすごした。どうもあの場所はあいつの
別荘みたいな間隔らしい。
高校卒業後、俺たちはそこで一緒に住みながらあいつのバイトで食ってきた。
え、俺は働かんのかって?バカいうな!!男は1人の女を養えなければいかんのだ!!


それが男の中の男というものである!!



446 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 20:11:42.06 41FqFJrE0

そんで大学を卒業後、あいつの就職も決まり、俺たちは晴れて結婚した。・・だと聞こえがいいのだが、卒業間近で俺の妊娠が発覚してしまって
そのままできちゃった結婚へと運んでしまった。肝心の親同士の挨拶には双方の親が反対しまくっていたが、双方の親がいる中、あいつが覚悟を見せた。

「俺がこいつと俺の子供を幸せにできなければ・・腹を切る次第です。」

カァーッ、肝心なところはバカな男だな・・でも、そんな奴に惚れた俺は大バカ者だ。

そんで結婚式には相変わらずの内藤と少々呆れ顔のツンたちが駆けつけてくれた。
しかもなんとあの100%オタクのドクオは彼女をゲットしたのだ!!・・まぁ、これは別の機会に語ろうと思う。
そんな結婚式が終わり、俺は順調に過ごしながら元気な女の子を出産した。出産のとき、あいつ・・仕事を放っておいて
ずっと俺に着きっきりだったな・・

名前は聖と翔だから希(のぞみ)にした。外見の遺伝子上は俺がベースだった。・・俺が小さいころ女だったらこうだったのかな?


そんで仕事が軌道に乗り始めた内藤も俺が子供を産んだ後、しばらくしてツンと結婚した。まぁ、こいつらは相性がよかったからな。
披露宴ではぽっこりおなかを膨らませたツンと幸せそうなノーテンキの内藤がいた。




449 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 20:24:48.59 41FqFJrE0


そして俺が希を出産して4ヶ月・・とあるニュースが飛び込んだ。何と、全国の童貞君たちを悩ませていた
女体化シンドノームが治せるというものであった。どうも、女体化シンドノームは童貞君たちにある、とあるウイスルによって
発生するらしい。でも、このウイルスが難敵で壊滅にはかなりの苦労が予想されたのだが、とある女性化学者の手によって特効薬が開発され、
それをベースにワクチンが開発された。これにより、全国の童貞君どもは女体化に悩むことなく特効薬のおかげで安堵の表情を得た・・っと思う。

それにすでに女体化していた男にも効くようなのだが・・もう俺は母親にいるし、それにこいつとも家庭を築く予定なので特効薬はやめた。
っといっても処女ではない人には効かないらしい・・
    • まぁ、その特効薬のおかげで3年も経てば男の数は徐々に取り戻していったそうだ。
しかし、病気がなくなった今、女体化の法律を巡っては議論が未だに続いている・・まぁ、俺にはこれっぽっちも関係ないがなwwww



横ですやすやと俺のひざで眠っている希だが、そのうち俺が女じゃないことを知ったら・・どうなんだろうな?
希が成長したら既に女体化シンドノームはこの世から無くなっており、ショックを受けるだろうな。


希が産まれた時あいつと話し合った結果、希の心の整理ができるようになる時まで黙っておこうと決めた。
    • これから俺たち夫婦に圧し掛かる大きな課題だ。


452 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 20:45:58.33 41FqFJrE0


「マンマァ・・おやじぃ行った?」

「ああ、出かけたよ。」

横からひょっこり顔を出した娘・・これが俺たちの愛の結晶である希だ。俺の場合は普通にママと呼んでくれるがあいつだと
親父らしいwwwwこれ初めて希が喋ったときは・・ショックだったなあいつwww

あ、言い忘れていたが合気道は未だに続けている。運動にもなるし、人妻になった今でも寄ってくる野朗どもを蹴飛ばすにはいいものだ。
相変わらず護身術程度にしか使ってはいないが毎日練習はしている。道場のほうも内藤とドクオが師範代を勤めている。内藤は男の子が産まれてからは
かなり仕事をして多忙で余りこれないが、ドクオのほうは暇そうでさほどは道場にいる。そういえば最近、希が俺の影響か、合気道をしたいと迫ってくる。
どうしようか現在検討中だ。

そうそうwwwあいつなんでも完璧にできても料理だけはこなせないんだよな!!フッハハハハハ!!!家事に関しては
あいつよりも俺がすげぇんだよ!!!・・・嘘です。料理のほうはツンに教えてもらいました。でも、この俺にかかれば料理なんてちょちょいのちょいだぜ!!俺様に不可能はないのだ!!!
    • まぁ、主婦だから家事はこなさんとな。

俺は皿洗いをしていると希が俺の後ろにしがみついた。・・まだまだ、甘えん坊だな。


453 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 20:49:34.94 41FqFJrE0


「ねぇねぇ、マンマァ・・どうしてマンマァは男の子みたいな喋り方するの?」

「えっ!!・・そ、それは、その・・」

こいつの勘の鋭さはあいつ譲りだ・・つうかほぼ正確はあいつ譲りだ。


「ねぇねぇ・・教えて~」

「お、お前が大きくなったら話してやるよ。」


俺はポンッと希の頭に手を置くとそのまま皿洗いを続けた。



454 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 20:52:25.94 41FqFJrE0

    • 俺はふと思う、もし俺がこのまま男のままでいたらどうなっていたんだろう?
あいつとの決着は・・どうついていたんだろう?


まぁだけど、女になってからはショックだけど家族に囲まれている幸せな生活は早々ないだろう。もう、後悔だってしていない。



だから・・


           だから・・・





456 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/13(金) 20:53:23.66 41FqFJrE0


や~めた・・考えたって仕方ないか。
俺は晴れやかな晴天を見ながら考えるのをやめた。そうだ、今日は希を連れて散歩に出かけよう・・
子供の笑顔を見るとちまちました考えなんて全部吹き飛ぶぜ。


    • そして希との散歩道、青空一点の晴天に向かい俺は限りなく全力で叫んだ。



「俺は・・俺は!!女になってとっても幸せですッ!!!!!!!!!!」


そして俺は希の手を引きながら希の好きなひまわり畑へとダッシュで走った・・




fin
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|